4310 Movies

愛情は深い海の如く The Deep Blue Sea (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1952年に上演されたテレンス・ラティガンの戯曲”The Deep Blue Sea”を基に1955年に製作された、監督アナトール・リトヴァク、主演ヴィヴィアン・リーケネス・モアによる「愛情は深い海の如く」の再映画化。
愛を求めて苦悩する女性の心理を描く、監督、脚本テレンス・デイヴィス、主演レイチェル・ワイズトム・ヒドルストンサイモン・ラッセル・ビール他共演の袁愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:テレンス・デイヴィス
製作
ショーン・オコナー
ケイト・オグボーン
製作総指揮
キャサリン・バトラー
リサ・マリー・ルッソ
ピーター・ハンプデン
ノーマン・メリー
原作:テレンス・ラティガンThe Deep Blue Sea”(戯曲)
脚色:テレンス・デイヴィス
撮影:フロリアン・ホーフマイスター
編集:デヴィッド・チャラップ
音楽:サミュエル・バーバー

出演
ヘスター・コリヤー:レイチェル・ワイズ
フレディー・ペイジ:トム・ヒドルストン
ウィリアム・コリヤー卿:サイモン・ラッセル・ビール
エルトン夫人:アン・ミッチェル
ミラー:カール・ジョンソン
コリヤー夫人:バーバラ・ジェフォード
へスターの父親:オリヴァー・フォード・デイヴィース
フィリップ・ウェルチ:ジョリオン・コイ
ジャッキー・ジャクソン:ハリー・ハデン=ペイトン

イギリス 映画
配給 Music Box Films
2011年製作 98分
公開
イギリス:2011年11月25日
北米:2012年3月23日
日本:未公開
北米興行収入 $1,124,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1950年頃、ロンドン
死を決意したヘスター・コリヤー(レイチェル・ワイズ)は、睡眠薬を飲み遺書を残し、ガス栓を開けて眠る。
__________

穏やかで優しい、判事である年の離れた夫ウィリアム・コリヤー卿(サイモン・ラッセル・ビール)と何不自由なく暮らすヘスターだったが、満ち足りた日々を送っているとは言えなかった。

そんなヘスターは、イギリス空軍パイロットのフレディー・ペイジ(トム・ヒドルストン)と出会い、たちまち恋に落ちる。
__________

大家のエルトン夫人(アン・ミッチェル)が異変に気づき、同じアパートに住む医学の心得があるラー(カール・ジョンソン)を呼び、ヘスターは一命を取り留める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1950年頃、ロンドン
判事である年の離れた夫ウィリアムと何不自由なく暮らすヘスター・コリヤーだったが、満ち足りた日々を送っているとは言えなかった。
そんなヘスターは、イギリス空軍パイロットのフレディーと出会い、たちまち恋に落ちる。
ウィリアムの母親との不仲もあり、ウィリアムとの結婚生活に限界を感じたヘスターは、フレディーの元に向かう。
しかし、戦争の恐怖と興奮を体験したフレディーは戦後の社会に馴染めず、幸せを夢見たヘスターは絶望して命を絶つ決心をする・・・。
__________

第二次大戦後間もないロンドンを舞台に、何不自由なく暮らす判事の妻と、厳しい状況下での戦争経験から、社会に順応できない空軍パイロットの愛を描くドラマ。

ロマンスが成立する物語ではなく、全てが壊れゆく姿を描いた作品で、ラストで登場する、空襲で破壊された瓦礫を映し出す映像がそれを象徴しているとも言える。

激しく揺れ動く女心を、主に表情や仕草で繊細に演ずるレイチェル・ワイズの演技は高い評価を受け、ゴールデングローブ賞のドラマ部門で主演賞にノミネートされた。

厳しい状況下の戦争を戦い抜いたものの、それにより社会に順応できないイギリス空軍パイロットを演ずるトム・ヒドルストン、主人公の夫である判事のサイモン・ラッセル・ビール、アパートの大家である夫人アン・ミッチェル、主人公と同じアパートに住む医学の心得がある老人カール・ジョンソン、主人公とは犬猿の仲の義母バーバラ・ジェフォード、牧師である主人公の父親オリヴァー・フォード・デイヴィース、主人公の知人ジョリオン・コイ、フレディー(トム・ヒドルストン)の親友ハリー・ハデン=ペイトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020