4239 Movies

いつか晴れた日に Sense and Sensibility (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1811年に発表された、ジェーン・オースティンの「分別と多感」の映画化。
資産家の後妻の子で、全く性格の違う姉妹が、遺産や愛のトラブルを乗り越えて幸せを掴むまでをユーモアも交えて描く、製作シドニー・ポラック、監督アン・リー、脚色(オスカー受賞)、主演エマ・トンプソンケイト・ウィンスレットヒュー・グラントアラン・リックマントム・ウィルキンソン他共演による文芸恋愛ドラマの秀作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:アン・リー
製作総指揮:シドニー・ポラック
製作:リンゼイ・ドーラン
原作:ジェーン・オースティン
脚本:エマ・トンプソン
撮影:マイケル・コールター
編集:ティム・スクワイアー
衣装デザイン
ジェニー・ビーヴァン

ジョン・M・ブライト
音楽:パトリック・ドイル

出演
エリノア・ダッシュウッド:エマ・トンプソン

マリアンヌ・ダッシュウッド:ケイト・ウィンスレット
エドワード・フェラース:ヒュー・グラント
クリストファー・ブランドン大佐:アラン・リックマン
ジョン・ウィロビー:グレッグ・ワイズ
ダッシュウッド夫人:ジェマ・ジョーンズ
ダッシュウッド:トム・ウィルキンソン
ジョン・ミドルトン卿:ロバート・ハーディー
ルーシー・スティール:イモジェン・スタッブス
シャーロット・ジェニングス・パーマー:イメルダ・スタウントン
パーマー:ヒュー・ローリー
ジョン・ダッシュウッド:ジェームズ・フリート
ファニー・フェラース・ダッシュウッド:ハリエット・ウォルター
マーガレット・ダッシュウッド:エミリー・フランソワ

イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1995年製作 136分
公開
イギリス:1996年2月23日
北米:1995年12月13日
日本:1996年6月1日
製作費 $16,500,000
北米興行収入 $42,993,770
世界 $135,000,000


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・受賞
脚色賞
・ノミネート
作品
主演女優(エマ・トンプソン)
助演女優(ケイト・ウィンスレット)
撮影・衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
19世紀初頭。
イングランドサセックス、ノーランド・パーク。
財産を持つダッシュウッド(トム・ウィルキンソン)は、息子ジョン(ジェームズ・フリート)に屋敷等を遺し、後妻(ジェマ・ジョーンズ)とその娘エリノア(エマ・トンプソン)、マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)、マーガレット(エミリー・フランソワ)には年500ポンドを渡すことを告げこの世を去る。

しかし、ジョンの妻ファニー(ハリエット・ウォルター)は夫を言いくるめ、エリノア達に最小限の財産しか与えないように画策する。

自分の住んでいた屋敷を、突然、間借りすることになってしまったエリノアらは、屋敷を仕切るようになったファニーの弟エドワード・フェラース(ヒュー・グラント)を迎える。

エリノアらは、ファニーの弟ということで、それなりの気構えでいたのだが、意外にもエドワードは思慮深い好青年だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
財産を持つダッシュウッド家の家長が亡くなるが、後妻とその三人の姉妹には、わずかな財産しか遺されなかった。
強欲な長男の妻ファニーは、同情も見せずに屋敷を仕切り、彼女らを追い出そうとする。
思慮深い長女のエリノアは、ファニーの弟で誠実な青年エドワードと惹かれ合うようになり、快活な次女マリアンヌは、転居先で資産家のブランドン大佐や、青年ウィロビーと運命の出会いを果たすのだが・・・。
__________

アン・リーが、本格的にハリウッド進出を果たした注目作品で、その後、様々なジャンルの作品で才能を発揮する、国際感覚溢れた彼の演出力の高さが評価された。

第68回アカデミー賞では、「ハワーズ・エンド」(1993)で、既に主演賞を受賞していたエマ・トンプソンが、初めて脚本を担当し、そして見事に脚色賞を受賞した。
(女優としては初受賞)
・ノミネート
作品
主演女優(エマ・トンプソン)
助演女優(ケイト・ウィンスレット)
撮影・衣装デザイン・作曲賞

北米興行収入は約4300万ドル弱に留まるものの、全世界では、約1億3500万ドルのヒットとなった。

ジェーン・オースティンの伝記映画「ジェイン・オースティン」(2007)を観ると、原作者自身や生活が投影されていいることが理解できるために一層興味深い。

多くの登場人物が微妙に絡み合う、コメディの要素も含んだ展開、そしてクライマックスは、ヒューマンドラマとして見事な盛り上がりを見せ感動を誘う。

誠意を持って人に接していれば、必ず幸福が訪れる・・・。
という単純なテーマが、実にメルヘンチックでいい。

この種の作品でよく見られる、イングランドの美しくのどかな田舎の風景、”俗っぽい”都会人の生活の描写、当時の街並みのセットや衣装なども素晴らしい。

思慮深く落ち着いた雰囲気から、1歳年下のヒュー・グラントよりかなり年上に見えるエマ・トンプソンだが、クライマックスまで淡々と演じていた彼女が、突然訪れた”奇跡”に取り乱すシーンは、見ている者にショックを与えるほど衝撃的でもある。

撮影当時19歳、透き通るような白い肌が印象的な、まだあどけないケイト・ウィンスレットが、実力派スターとして認められるきっかけになった作品でもある。

若気の至りも全て許したくなる、資産家の好青年を演ずるヒュー・グラント、50歳目前だっただけあり、落ち着きと渋さ、抑えた演技で存在感を示すアラン・リックマン、王子様のように登場し、結局は不幸を背負った人生を送るであろうというラストの表情が印象的なグレッグ・ワイズ、姉妹の母親ジェマ・ジョーンズ、亡くなる夫トム・ウィルキンソン、末娘のエミリー・フランソワ、長男ジェームズ・フリートと強欲な妻ハリエット・ウォルター、一家にコテージを提供するロバート・ハーディー、その義母でなかなかの怪演を見せる世話焼き夫人イメルダ・スタウントン、娘婿ヒュー・ローリー、夫人の従妹イモジェン・スタッブス等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020