4239 Movies

ジェイン・オースティン Becoming Jane (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

評伝作家ジョン・スペンスが、様々な資料を基に執筆した”Becoming Jane Austen”をヒントに製作された作品。
エマ」、「高慢と偏見」などで知られるジェイン・オースティンの若き日を描く、主演アン・ハサウェイジェームズ・マカヴォイジェームズ・クロムウェルジュリー・ウォルターズマギー・スミス他共演、監督ジュリアン・ジャロルドによる恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ジュリアン・ジャロルド
製作総指揮
ニコル・フィナン

ジェフ・アベリー
ジュリア・ブラックマン
ティム・ハスラム
製作
グラハム・ブロードベント

ロバート・バーンスタイン
ダグラス・レイ
脚本
ケヴィン・フッド

サラ・ウィリアムズ
撮影:アイジル・ブリルド
編集:エマ・E・ヒコックス
音楽:エイドリアン・ジョンストン

出演
ジェイン・オースティンアン・ハサウェイ

トーマス・ルフロイジェームズ・マカヴォイ
オースティン:ジェームズ・クロムウェル
オースティン夫人:ジュリー・ウォルターズ
グリシャム夫人:マギー・スミス
ウィスリー:ローレンス・フォックス
ヘンリー・オースティン:ジョー・アンダーソン
カサンドラ・オースティンアンナ・マックスウェル・マーティン

イギリス 映画
配給 ミラマックス

2007年製作 120分
公開
イギリス:2007年3月9日
北米:2007年8月10日
日本:2009年10月31日
製作費 $16,500,000
北米興行収入 $18,663,910
世界 $37,311,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1795年、イングランドハンプシャー
オースティン夫妻 (ジェームズ・クロムウェルジュリー・ウォルターズ)は、長女カサンドラ(アンナ・マックスウェル・マーティン)、次女のジェイン(アン・ハサウェイ)と共に、地元の有力者であるグリシャム夫人(マギー・スミス)の屋敷に出向く。

ジェインを、グリシャム夫人の甥ウィスリー(ローレンス・フォックス)に嫁がせることを考える母だったが、ジェインは地位や財産目当ての結婚などには興味がなかった。

法律学生トーマス・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)は、おじのラングロイス判事(イアン・リチャードソン)から、ふしだらな生活を戒められ、ハンプシャーの親戚の家に向かわされる。

兄ヘンリー(ジョー・アンダーソン)の学友でもあるトーマスはオースティン家に招かれ、ジェインの朗読を皮肉ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
血気盛んな女性ジェイン・オースティンは年頃を迎え、両親は、地元の有力者グリシャム夫人の甥である青年ウィスリーとの結婚を望む。
貧しい牧師一家であるオースティン家にとってはまたとない話だったのだが、地位や財産のための結婚に、ジェインは興味を示さない。
そんな時、自堕落な生活を続ける傲慢な法律学生のトーマス・ルフロイが、ジェインの前に現れる。
田舎やそこに住む人々を軽蔑し、自分を皮肉るトーマスに、ジェインは反感を抱くのだが、二人は次第に惹かれ合うようになる。
しかし、神の恵みとも言える縁談が持ち上がっているジェインと、生活をおじに頼りきっているトーマスの心は揺れ動き・・・。
__________

主人公ジェイン・オースティンが、果たせない恋で苦悩しながら、実体験を基にした小説「高慢と偏見」を執筆していく様子が、実に興味深く描かれている。

当時の、地位や財産が最優先された結婚が引き裂く若いカップルの悲恋と、結局は地位や名声を手にし、ジェインは独身も通したという二人の結末で、その時代の風潮を皮肉として描いている。

アメリカ人ながら、イングランド女性に成り切ったアン・ハサウェイは、独身を通したジェイン・オースティンの隠された恋愛秘話、またその揺れ動く心を見事に演じている。

奔放な性格である放蕩息子を演じながら、実はアイルランドへの仕送りで大家族を養っていたというところが、結局はアイルランド高等法院主席判事になる、トーマス・ルフロイの人格者としての人柄を垣間見せる、ジェームズ・マカヴォイの、若さに似合わぬ重厚な演技も見ものだ。

主人公の父親ジェームズ・クロムウェル、母親ジュリー・ウォルターズ、地元の名士のマギー・スミス、その甥でジェームズ・フォックスの息子ローレンス・フォックス、主人公の兄ジョー・アンダーソン、姉カサンドラを演ずるアンナ・マックスウェル・マーティンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020