That's Movie Talk!     4099 Movies

痴人の愛 Of Human Bondage (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1915年に発表された、サマセット・モームの小説”人間の絆”を基に製作された作品。
ふしだらな女性に惹かれた足が不自由な医学生の揺れ動く心を描く、監督ジョン・クロムウェル、主演レスリー・ハワードベティ・デイヴィスフランシス・ディー他共演のドラマ。


ドラマ

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・クロムウェル
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:サマセット・モーム人間の絆
脚本:レスター・コーエン
撮影:ヘンリー・W・ジェラード
編集:ウィリアム・モーガン
音楽:マックス・スタイナー

出演
フィリップ・ケリー:レスリー・ハワード
ミルドレッド・ロジャース:ベティ・デイヴィス
マリア・デル・ソル”サリー”アセルニー:フランシス・ディー
ノラ:ケイ・ジョンソン
ハリー・グリフィス:レジナルド・デニー
エミール・ミラー:アラン・ヘイル
シリル・ダンスフォード:レジナルド・シェフィールド
ソープ・アセルニー:レジナルド・オーウェン
アグネス・ホレット:テンピ・ピゴット

アメリカ 映画
配給 RKO
1934年製作 83分
公開
北米:1934年6月28日
日本:1935年2月日
製作費 $403,000


アカデミー賞
第7回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優賞(ベティ・デイヴィス
*公式ノミネートではなく書き込みによる投票


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
パリ
先天性内反足”で右足が不自由な青年フィリップ・ケリー(レスリー・ハワード)は、画家になる夢を諦めてイングランドに帰国する。

ロンドン
足が悪いために医学に興味を持っていたフィリップは、その道を目指す学生となる。

プレイボーイの友人ハリー・グリフィス(レジナルド・デニー)はデートに向かい、シリル・ダンスフォード(レジナルド・シェフィールド)から、ある気になる女性と付き合うきっかけを作るのに協力してほしいと言われたフィリップは、彼と共にカフェに向かう。

客のエミール・ミラー(アラン・ヘイル)と親しげに話していたウエイトレスのミルドレッド・ロジャース(ベティ・デイヴィス)は、彼が帰ったためにフィリップとシリルのテーブルに向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
画家になる夢を諦めてパリから戻った青年フィリップ・ケリーは、”先天性内反足”で右足が不自由なため、医学に興味を持ちその道を目指すことにする。
カフェのウエイトレスであるミルドレッドに惹かれたフィリップは、傲慢で礼儀知らずではあるが彼女に魅力を感じて付き合い始める。
ミルドレッドに結婚を申し込んだフィリップは、彼女が裕福な男性エミールと結婚することを知りショックを受ける。
その後フィリップは、妊娠したことでエミールに捨てられたミルドレッドから相談を受けるのだが・・・。
__________

ブロードウェイで活躍し、トーキー映画初期から映画界入りしてキャリアを摘むジョン・クロムウェルの監督作品。
彼の息子は、名バイプレイヤーとして知られるジェームズ・クロムウェル

ふしだらな女性に惹かれた足が不自由な医学生の揺れ動く心を描くドラマ。

何と言っても、その後、大女優となるベティ・デイヴィスの出世作として知られる作品。
周囲を気にせず本能のままに生きるヒロインを見事に演じたベティ・デイヴィスの演技は評判となり、それをよしとしないジャック・ワーナーらの妨害に遭い、彼女はアカデミー主演賞ノミネートを阻止されてしまう。
しかし、その件に関しての抗議が殺到し、会員による書き込み投票が許可されたという問題が大いに話題になった。

主演のレスリー・ハワードは、足が不自由なことで常に引け目を感じながら人生を送る中で、自堕落なヒロインに恋する悩める医学生を好演している。

主人公と結ばれることになる女性フランシス・ディージョエル・マクリー夫人)、主人公と恋に落ちる作家のケイ・ジョンソン、主人公の友人である医学生でヒロインとも付き合うプレイボーイのレジナルド・デニー、同じく友人のレジナルド・シェフィールド、ヒロインと付き合う裕福な男性アラン・ヘイル、主人公の患者であるレジナルド・オーウェン、主人公のアパートの大屋テンピ・ピゴットなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up