4213 Movies

17歳のエンディングノート Now Is Good (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

白血病で余命短い少女の隣人の青年との出会いと恋や家族との関係を描く、監督、脚本オル・パーカー、主演ダコタ・ファニングジェレミー・アーヴァインオリヴィア・ウィリアムズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:オル・パーカー
製作
ピーター・チャーニン

グレアム・ブロードベント
原作:ジェニー・ダウンハムBefore I Die
脚本:オル・パーカー

撮影:エリック・ウィルソン
編集:ピーター・ランバート
音楽:ダスティン・オハローラン

出演
テッサ・スコット:ダコタ・ファニング

アダム:ジェレミー・アーヴァイン
スコット:パディ・コンシダイン
スコット夫人:オリヴィア・ウィリアムズ
ゾーイ:カヤ・スコデラリオ
医師:ケイト・ディッキー

イギリス 映画
配給
BBCフィルムズ

ワーナー・ブラザーズ
2012年製作 103分
公開
イギリス:2012年9月19日
北米:2013年1月8日(DVDプレミア)
日本:2013年4月27日
製作費 $500,000
世界 $2,699,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
急性リンパ性白血病のため余命が短い少女テッサ・スコット(ダコタ・ファニング)は、4年前に発病し、学校にも通わずに自宅療養をしていた。

テッサは、親友ゾーイ(カヤ・スコデラリオ)と共に、残された人生であらゆることを経験しようとする。

父親スコット(パディ・コンシダイン)と共にラジオ出演したテッサは、セックスやドラッグなど、やりたいことのリストを語り、焦るキャスターは話を打ち切る。

呆れたスコットは、別れた妻(オリヴィア・ウィリアムズ)の家にテッサと息子キャルを預ける。

ラジオをの話を聴いていた母は、テッサに避妊についてなどを話す。

ゾーイに会ったテッサは、彼女が男友達に自分の病気のことを話したことを知り、気分を害して帰宅する。

テッサは部屋の写真を外して、隣人の庭の焚火で燃やす。

越してきた青年アダム(ジェレミー・アーヴァイン)に声をかけられたテッサは、その場で気を失ってしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

2007年に発表された、ジェニー・ダウンハムの小説”Before I Die”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
急性リンパ性白血病のため余命が短い少女テッサ・スコットは、親友ゾーイと共に、死ぬまでにしたいことをリストにする。
セックスやドラッグ、法律を破ること・・・それを実行しようとするテッサはトラブルを起こすものの、死を待つしかない娘を、父親スコットは叱る気になれない。
そんな時テッサは、隣に越してきた青年アダムと知り合い親交を深める。
やがて恋に落ちた二人だったが、病気が進行するテッサの愛を受け入れられるかで、アダムは苦悩する。
テッサもアダムとの付き合いで、死を待つ身の生活から、生きることの意味を考える日々へと変化するのだが・・・。
__________

純粋なメロドラマ・タッチの物語を抑えつつ描かれている内容は、少女と家族の別れだけでなく、青年のロマンスが絡むだけに実に切ない。

子役スターとして人気のあるダコタ・ファニングが、10代後半にしてその実力を見せつける演技は涙を誘う。

戦火の馬」(2011)で主人公を演じたジェレミー・アーヴァインも、難しい立場の隣人青年を好演している。

難病の娘が起こす問題に対処しながら、それを叱ることができない、辛い父親の思いを見事に表現するパディ・コンシダイン、母親オリヴィア・ウィリアムズ、主人公の親友カヤ・スコデラリオ、医師役でケイト・ディッキーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020