4236 Movies

NY検事局 Night Falls on Manhattan (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

元警官の検事が、警察内部の汚職事件で苦悩しつつも正義を貫く姿を描く、監督シドニー・ルメット、主演アンディ・ガルシアイアン・ホルムレナ・オリンリチャード・ドレイファスロン・リーブマンジェームズ・ガンドルフィーニ他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ルメット
製作
トム・マウント

ジョシュ・クレイマー
ジョン・H・スターク
原作:ロバート・デイリー”Tainted Evidence”
脚本:シドニー・ルメット

撮影:デヴィッド・ワトキン
編集:サム・オスティーン
音楽:マーク・アイシャム

出演
ショーン・ケイシー:アンディ・ガルシア

リアム・ケイシー:イアン・ホルム
ペギー・リンドストロム:レナ・オリン
サム・ヴィゴダ:リチャード・ドレイファス
ジョーイ・アレグレット:ジェームズ・ガンドルフィーニ
モーガンスターン:ロン・リーブマン
エリヒュー・ハリソン:コルム・フィオール
ジョーダン・ワシントン:シーク・マハムード=ベイ
ドミニク・インペリテリ判事:ドミニク・チアニーズ
マクガヴァーン:ポール・ギルフォイル

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1997年製作 113分
公開
北米:1997年5月16日
日本:1997年11月29日
北米興行収入 $9,889,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
元警察官のショーン・ケイシー(アンディ・ガルシア)は、33歳で地方検事補をめざしていた。

ケイシーの父親で、警察官のリアム(イアン・ホルム)は、相棒ジョーイ・アレグレット(ジェームズ・ガンドルフィーニ)と共に、麻薬ディーラーのジョーダン・ワシントン(シーク・マハムード=ベイ)を捕える準備をしていた。

応援を呼ばずにワシントンのいる部屋に踏み込もうとした二人だったが、リアムは銃撃されて重傷を負う。

ジョーイは救援を要請し、64、65、74各分署の警官が駆けつけて、リアムは救急車で搬送される。

ワシントンは、その場を脱出して警官を二人殺し、犯人と間違えられた警官も犠牲になる。

パトカーを奪ったワシントンは、現場から逃走して行方をくらます。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ロバート・デイリーの小説”Tainted Evidence”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

元警官の検事補ショーン・ケイシーは、刑事の父親リアムが重傷を負った麻薬ディーラー、ワシントンの公判で担当検事に指名される。
3人の警官が死亡し、リアムが負傷した事件は、ワシントンが敏腕弁護士ヴィゴダと出頭したため急展開となる。
公判は始まるが、ワシントンが、賄賂を渡していた警官に、命を狙われたという証言をしたことから、事件は警察内部の汚職事件捜査に発展する。
ワシントンの有罪は確定し、その功績から、検事候補、そして選挙で当選したケイシー検事となり、汚職事件の徹底捜査を始める。
ところが、事件の当事者リアムの相棒であるアレグレットの汚職の疑いが発覚する。
そして、父親リアムもそれに関わっている可能性もあり、ケイシーの苦悩しながらの調査は続くのだが・・・。
__________

衰えを知らない70歳を過ぎたシドニー・ルメットが脚本も担当した意欲作。

アメリカの大きな社会問題である、警察内部の汚職、麻薬問題をテーマに、シドニー・ルメットの、リアリズムを追求した鋭い演出は説得力がある。

やや使い古されたテーマではあるが、中堅やベテランを含めた、演技力のある実力派出演陣の、確かな演技を堪能できる作品でもある。

”正直でありたい・・・”という基本信念を揺るがす終盤の展開は注目で、対抗する弁護士からアドバイザー的な存在になっていくリチャード・ドレイファスが、思うようにならない現実を淡々と語るシーンなども印象的だ。

伊達男風イメージを抑え気味に、正義の追及と肉親、友人への疑念の狭間で苦悩する検事を好演するアンディ・ガルシア、その父親を重厚に演ずるイアン・ホルム、謎めいた雰囲気から、主人公を裏切るのかと思いきや、愛を貫くレナ・オリン、敏腕弁護士から人間味も感じさせる人物を熱演するリチャード・ドレイファス、主人公の父親の相棒で自殺するジェームズ・ガンドルフィーニ、演技派らしく、前半、存在感を発揮する地方検事ロン・リーブマン、出世を狙うエリート、主席検事補コルム・フィオール、麻薬ディーラーのシーク・マハムード=ベイ、判事ドミニク・チアニーズ、冒頭とラストで登場する検事局行政次官ポール・ギルフォイルなどが共演する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020