4236 Movies

シャドー・チェイサー The Cold Light of Day (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バカンスの地で国際的陰謀に巻き込まれた青年の、愛する家族を救うための戦いを描く、主演ヘンリー・カヴィルシガニー・ウィーバーブルース・ウィリス他共演、監督マブルク・エル・メシュリによるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マブルク・エル・メシュリ
製作総指揮:ケヴィン・マン
製作
トレバー・マーシー

マーク・D・エヴァンス
脚本
スコット・ワイパー

ジョン・ペトロ
撮影:レミ・アデファラシン
編集:ヴァレリオ・ボネリ
音楽:ルーカス・ヴィダル

出演
ウィル・ショー:ヘンリー・カヴィル

ジーン・キャラック:シガニー・ウィーバー
マーティン・ショー:ブルース・ウィリス
ルシア・カルデラ:ベロニカ・エチェーギ
ローリー・ショー:キャロライン・グッドール
ジョシュ・ショー:ラフィ・ガヴロン
マキシモ:オスカル・ハエナダ
ダラ・コリンズ:エマ・ハミルトン
ゴーマン:ジョゼフ・マウル
ザヒール:ロシュディ・ゼム
CIAエージェント:コルム・ミーニイ

アメリカ 映画
配給
サミット・エンターテインメント

ライオンズゲート
2012年製作 93分
公開
北米:2012年9月7日
日本:2012年10月27日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $3,763,580
世界 $16,863,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スペイン
家族と休暇を過ごすために、サンフランシスコからこの地を訪れたウィル・ショー(ヘンリー・カヴィル)は、大使館の仕事をする父マーティン(ブルース・ウィリス)に迎えられる。

仕事に追われ休暇を取っている場合でないウィルだったが、母ローリー(キャロライン・グッドール)や弟のジョシュが待つヨットに向かう。

家族に歓迎されたウィルは、ジョシュの恋人ダラ・コリンズ(エマ・ハミルトン)とも言葉を交わす。

その夜、食事を楽しんでいた家族だったが、電話を受けたウィルは、会社が破綻したことを知り、それを家族に話す。

席を外してしまったウィルは、食事の後で、その態度をマーティンに謝罪する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
スペイン
家族と休暇を過ごすために現地を訪れた青年ウィル・ショーは、父親マーティンに迎えられてヨットに向かう。
家族との楽しい時を過ごしていたウィルだったが、経営している会社が破綻したという連絡を受ける。
マーティンに八つ当たりしてしまったウィルは、一人で町に向かうが、その間に家族は姿を消してしまう。
助けを求めた警官らに襲われたウィルは、現れたマーティンに救われる。
実はCIA工作員だったマーティンの仕事が、今回の事件が起きた原因だった。
マーティンが、ある者達から奪った、情報の入ったブリーフケースを取り戻すために、犯人に家族を人質にとられていたのだった。
大使館員だと思っていた、父の秘密を知ったウィルは驚くが、魔の手は二人に近づく・・・。
__________

超大作「マン・オブ・スティール」(2013)でスーパーマン役に抜擢され、今後の活躍が大いに期待されるヘンリー・カヴィル主演の話題作。

大スターのブルース・ウィリスや、ベテランのシガニー・ウィーバーら、豪華な顔ぶれも注目の作品。

ストーリーは単純で、拉致された家族を救おうとする青年の活躍を描く作品は、平凡な青年が、愛する者のために、組織の工作員のような行動で大奮闘するノンストップ・アクション。

しかし、有り触れた内容にそれほどの緊迫感もなく、大物ブルース・ウィリスが、目立たないように呆気なく姿を消してしまうのは、ファンにとっては寂しい。

その後はヘンリー・カヴィルと、協力者を装う、悪魔のようなシガニー・ウィーバーの戦いがメインとなるが、そのアクションなども平凡だ。

批評家、観客の評価も低く、注目作にも拘らず興行成績は低迷して北米では約300万ドル、公開2週間で大幅縮小、全世界でも、製作費の2000万ドルを回収することもできないまま、約1700万ドルに終わった。

とは言え、実業家だというヘンリー・カヴィルは、精悍な面構えで画面を占領し、女性に人気があるのが良く理解できる。

まるで女”ターミネーター”のようなCIA情報員シガニー・ウィーバー、同じく、実は死んでいないことを期待してしまった、主人公の父親役のブルース・ウィリス、その娘ベロニカ・エチェーギ、主人公の母キャロライン・グッドール、弟ラフィ・ガヴロン、その恋人役のエマ・ハミルトン、ナイトクラブのオーナー、オスカル・ハエナダ、殺し屋ジョゼフ・マウルモサド工作員ロシュディ・ゼムCIA情報員コルム・ミーニイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020