4509 Movies

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション Mission: Impossible – Rogue Nation (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人気テレビ・シリーズ「スパイ大作戦」を基に製作された、トム・クルーズが製作、主演を兼ねる人気シリーズ第5作。
秘密組織の標的にされたIMFエージェントの戦いを描く、製作、主演トム・クルーズ、製作J・J・エイブラムス、監督、原案、脚本クリストファー・マッカリージェレミー・レナーサイモン・ペグヴィング・レイムスレベッカ・ファーガソンショーン・ハリスアレック・ボールドウィンサイモン・マクバーニー他共演のスパイ・アクション。


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest
レベッカ・ファーガソン / Rebecca Ferguson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クリストファー・マッカリー

製作
トム・クルーズ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
デヴィッド・エリソン
ダナ・ゴールドバーグ
ドン・グレンジャー
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ
原作:ブルース・ゲラースパイ大作戦
原案
クリストファー・マッカリー
ドリュー・ピアース
脚本:クリストファー・マッカリー
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:エディ・ハミルトン
音楽
ジョー・クレイマー
ラロ・シフリン(テーマ曲)

出演
イーサン・ハント:トム・クルーズ
ウィリアム・ブラント:ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン:サイモン・ペグ
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス
イルサ・ファウスト:レベッカ・ファーガソン
ソロモン・レーン:ショーン・ハリス
アラン・ハンリー:アレック・ボールドウィン
アトリー:サイモン・マクバーニー
ローレン:チャン・チンチュー
ヤニク・ヴィンター:イェンス・フルテン
イギリス首相:トム・ホランダー
委員長:ナイジェル・バーバー
IMFエージェント/レコード・ショップの店員:ハーマイオニー・コーフィールド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2015年製作 131分
公開
北米:2015年7月31日
日本:2015年8月7日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $195,042,380
世界 $682,330,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベラルーシミンスク
IMF(Impossible Mission Force)のエージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)、ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)とルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)らと共に、チェチェンのテロリストに売られた大量のVX神経ガス弾の輸送を阻止しする。

ロンドン
あるレコード・ショップに入ったイーサンは、店員(ハーマイオニー・コーフィールド)からレコードを受け取り、試聴室のプレイヤーにセットする。

新たな指令を受けるイーサンだったが、それは、西側諸国の友好国でテロを起こし革命を企む秘密組織”シンジケート”の罠だった。

自分達が標的であり、シンジケートを追えば捕えられ、戦えば抹殺されると言われたイーサンは、ガスが噴き出してきたことに気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考
・「ミッション:インポッシブル」(1996)
・「ミッション:インポッシブル2」(2000)
・「ミッション:インポッシブル3/M:i:III」(2006)
・「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)
・「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015)
・「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(2018)

*(簡略ストー リー)
IMF(Impossible Mission Force)のエージェント、イーサン・ハントは、秘密組織”シンジケート”を追っていたのだが、謎の男レーンの罠にはまり捕えられる。
拷問されそうになったイーサンは、現れたシンジケートのメンバー、イルサに助けられて逃亡する。
その頃、CIA長官ハンリーは、IMFの暴走を批判して解体してしまう。
半年後、イーサンは単独でシンジケートを追い情報を集め、CIAの職員となったテクニカル・エージェントのベンジーの協力を得て、レーンを捜そうとする。
ウィーンのオペラ劇場でベンジーと計画を進めたイーサンは、その場にイルサや首相の命を狙う殺し屋がいることに気づく。
それを阻止したイーサンはレーンを見つけられなかったものの、再びイルサに助けられ、オペレーション・ディレクターのブラントやハッカーのルーサーの協力を得て、シンジケート壊滅のための作戦を実行するのだが・・・。
__________

第一作からのIMFの活動や作戦形態は継承しつつ、純粋なスパイ劇の色を益々濃くする内容で展開する。

ワルキューレ」(2008)、「アウトロー」(2012)、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014)などでもトム・クルーズと組んだ、原案を兼ねるクリストファー・マッカリーの繊細な脚本と演出も注目で、玄人好みの超一級のサスペンスに仕上がっている。

派手なアクション・シーンは極力抑え、巧みな戦術と心理戦を描く内容は見応え十分だ。

シリーズ中で最高のヒットとなった前作には及ばなかったものの、北米興行収入は約1億9500万ドル、全世界では約6億8200万ドルの大ヒットとなった。

随所で挿入されるお馴染みのラロ・シフリンのテーマ曲も、押しつけがましくなく実に効果的に使われている。

50歳を過ぎた主演のトム・クルーズだが、主人公の設定年令に影響を与えない、いい老け方をしている。
今回も、才気煥発なIMFエージェントを見事に演じている。

前作で活躍したチーム・メンバーのポーラ・パットンが出演しないのが残念だったのだが、それを上回る好演を見せる、雰囲気のある謎の女を演ずるレベッカ・ファーガソンの演技が印象に残る。

親子ほどの年齢差がある、スーパースターのトム・クルーズに全く臆することなく見事にヒロインを演じたレベッカ・ファーガソンは、クライマックスで主人公に対し、”私を捜せるわね?”と言い残して姿を消すのだが、次回作での登場があるかが楽しみだ。
前作のポーラ・パットンも、そのままチームに残る雰囲気はあったのだが・・・。

CIA長官の圧力を受けながら、主人公と共に秘密組織”シンジケート”に対抗するIMFオペレーション・ディレクターのジェレミー・レナー、同じく主人公と共に最前線で危険に立ち向かい大活躍するテクニカル・エージェントのサイモン・ペグ、天才ハッカーのヴィング・レイムス、シンジケートに潜入するMI6の諜報員レベッカ・ファーガソン、異様な雰囲気で迫る”シンジケート”のリーダー、ショーン・ハリスCIA長官アレック・ボールドウィンMI6長官サイモン・マクバーニーCIA分析官のチャン・チンチュー、シンジケートのメンバー、イェンス・フルテンイギリス首相トム・ホランダー、委員会の委員長ナイジェル・バーバー、冒頭で殺害される、レコード・ショップの店員に扮するIMF連絡員のハーマイオニー・コーフィールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021