4410 Movies

ミッション:インポッシブル2 Mission: Impossible 2 (2000)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

気テレビシリーズ「スパイ大作戦」を基に製作された大ヒット作「ミッション:インポッシブル」(1996)の続編。
製作、主演トム・クルーズ、監督ジョン・ウー、共演タンディ・ニュートンダグレイ・スコットヴィング・レイムスブレンダン・グリーソンアンソニー・ホプキンス


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ウー
製作総指
ポール・ヒッチコック

テレンス・チャン
製作
トム・クルーズ

ポーラ・ワグナー
脚本:ロバート・タウン
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集
スティーヴン・ケンパー

クリスチャン・ワグナー
音楽
ハンス・ジマー

ラロ・シフリン(テーマ曲)

出演
イーサン・ハント:トム・クルーズ
ナイア・ノルドフ=ホール:タンディ・ニュートン
ショーン・アンブローズ:ダグレイ・スコット
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス
ヒュー・スタンプ:リチャード・ロクスバーグ
ビリー・ベアード:ジョン・ポルソン
ジョン・マクロイ:ブレンダン・グリーソン
ネコルヴィッチ:レイド・セルベッジア
ウーリッチ:ドミニク・パーセル
ウォリス:ウィリアム・メイポーザー
スワンベック司令:アンソニー・ホプキンス

アメリカ 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ(USA)
ユナイテッド・アーティスツ(世界)
2000年製作 123分
公開
北米:2000年5月24日
日本:2000年7月8日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $215,397,310
世界 $565,400,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
オーストラリアシドニー、”バイオサイト製薬”。
20時間以内に人間を抹殺してしまう”キメラ”という新種のウィルスを、ネコルヴィッチ博士(レイド・セルベッジア)が開発する。

ネコルヴィッチは”キメラ”を自分に注射し、その治療薬”ベレロフォン”を持参して、IMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)に接触し、アトランタに向かおうとする。

しかし、イーサンに扮していた元IMFメンバーのショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット)は、ネコルヴィッチの所持していたバックを奪い旅客機を墜落させ、自分達は寸前に脱出する。

休暇中のイーサンに、IMFの司令スワンベック(アンソニー・ホプキンス)から、”キメラ”奪還の任務が与えられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「ミッション:インポッシブル」(1996)
・「ミッション:インポッシブル2」(2000)
・「ミッション:インポッシブル3/M:i:III」(2006)
・「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)
・「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015)
・「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(2018)

*(簡略ストー リー)
IMFの司令スワンベックは、休暇中のイーサン・ハントに、20時間以内に人間を抹殺してしまう”キメラ”という新種のウィルスとその治療薬の”ベレロフォン”が奪われたことを伝える。
イーサンは、犯人である元IMFメンバー、アンブローズから、それらを奪還することを命ぜられる。
アンブローズの元恋人で、盗みのプロ、ナイアをパートナーにするよう指示されたイーサンは、彼女と恋に落ちてしまう。
その後、イーサンは複雑な心境のまま、ナイアをアンブローズの元に向かわせて、情報を掴もうとする。
イーサンは、”キメラ”を開発したバイオサイト社社長マクロイに接触し、ウィルスがアンブローズに渡っていないことを知る。
そしてイーサンは、バイオサイト社に侵入して”キメラ”を消し去ろうとするが、裏切りがばれていたナイアを連れたアンブローズが、それを阻止しようとする・・・。
__________

制作費に1億2500万ドルをかけたアクション超大作で、前作を上回る興行収入は、北米で約2億1500万ドル、全世界では約5億6500万ドルの大ヒットとなった。

オーストラリアシドニーが舞台となっているが、これは、公開数ヵ月後に控えた、シドニーオリンピック開催に合わせたとも言える。

スローモーションを多用した、ジョン・ウーらしい派手なアクション・シーンが目立つ、前作とはかなり違った雰囲気の内容で、サスペンス・スパイ劇とは、かけ離れた作品になっている。

単品で観るなら十分楽しめる作品だが、TVシリーズや前作の雰囲気を好むファンにとっては物足りない内容でもある。

ここぞという時には登場してもらいたい、ラロ・シフリンのテーマ曲の使い方なども、ハンス・ジマーの音楽はアレンジし過ぎと言える。

ヘアースタイルも変わり、ワイルドで人間離れした超人的な感じのするトム・クルーズも、前作とは全く異なるイメージで登場する。

任務のためというよりも、愛してしまった女性のために命をかける、逞しさを増した男を、彼はニヒルに演じている。

残念ながらラジー賞(最悪助演賞)にノミネートされてしまったタンディ・ニュートンは、確かにトム・クルーズが本気で愛するような雰囲気がない役柄で、盗みのプロという感じでもない。

こちらも世界征服者というイメージではないが、元IMFエージェントだとすれば納得のダグレイ・スコット、ハッカーである主人公の協力者ヴィング・レイムス、同じくヘリコプターの操縦士ジョン・ポルソン、終始、元恋人ナイア(T・ニュートン)を疑うリチャード・ロクスバーグ、殺人ウィルスの開発を指示する製薬会社社長ブレンダン・グリーソン、ウィルス開発者レイド・セルベッジア、アンブローズ(D・スコット)の手下ドミニク・パーセルウィリアム・メイポーザー、そして、主人公に指令を出すIMF司令アンソニー・ホプキンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021