4544 Movies

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル Mission: Impossible Ghost Protocol (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」を基に製作された、トム・クルーズが製作、主演を兼ねる人気シリーズ第4作。
監督ブラッド・バード、共演ポーラ・パットンサイモン・ペグジェレミー・レナートム・ウィルキンソンヴィング・レイムスミシェル・モナハン


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブラッド・バード
製作総指揮
ジェフリー・チャーノフ

デヴィッド・エリソン
製作
トム・クルーズ

J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
原作:ブルース・ゲラー
脚本
アンドレ・ネメック

ジョシュ・アッペルバウム
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ポール・ハーシュ
音楽
マイケル・ジアッキーノ

ラロ・シフリン(テーマ曲)

出演
イーサン・ハント:トム・クルーズ
ジェーン・カーター:ポーラ・パットン
ベンジー・ダン:サイモン・ペグ
ウィリアム・ブラント:ジェレミー・レナー
カート・ヘンドリクス:ミカエル・ニクヴィスト
アナトリー・シディロフ:ウラジミール・マシコフ
マリウス・ウィストロム:サムリ・エーデルマン
レオニド・ライセンカー:イワン・シュヴェドフ
ブリッジ・ナス:アニル・カプール
サビーヌ・モロー:レア・セドゥ
トレヴァー・ハナウェイ:ジョシュ・ホロウェイ
ボグダン:ミラジ・グルビッチ
ザ・フォッグ:イリア・ヴォロック
IMF長官:トム・ウィルキンソン
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス
ジュリア・ミード:ミシェル・モナハン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2011年製作 132分
公開
北米:2011年12月16日
日本:2011年12月16日
製作費 $145,000,000
北米興行収入 $209,397,900
世界 $694,713,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ブダペスト
IMF(Impossible Missions Force)エージェントのトレヴァー・ハナウェイ(ジョシュ・ホロウェイ)は、暗殺者のサビーヌ・モロー(レア・セドゥ)に殺害され、ある書類を奪われる。

モスクワ
服役中だった、IMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ハナウェイのチームのリーダー、ジェーン・カーター(ポーラ・パットン)と、現場のエージェントに昇格したベンジー・ダン(サイモン・ペグ)の手助けで、情報源のボグダン(ミラジ・グルビッチ)と共に脱獄する。

イーサンは、ボグダンを”処理班”に任せて、カーターから、機密ファイルを奪ったハナウェイが、自分に愛を告げながら、目の前で死んだことを知らされる。

カーターは、ハナウェイを殺したモローに復讐を誓い、機密ファイルが、核ミサイルの発射コードだったことを、イーサンに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「ミッション:インポッシブル」(1996)
・「ミッション:インポッシブル2」(2000)
・「ミッション:インポッシブル3/M:i:III」(2006)
・「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)
・「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015)
・「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(2018)

*(簡略ストー リー)
モスクワ
服役中のIMFエージェントのイーサン・ハントは、他の任務で同僚を失ったエージェントのカーターとベンジーの助けにより脱獄する。
新たなミッションを受けたイーサンは、核テロを画策する恐れのある男”コバルト”の正体を知るために、ベンジーと共にクレムリンに侵入するが罠にはめられる。
核兵器の起動装置を奪った、”コバルト”の仕掛けた爆弾が爆発し、それがアメリカの仕業とされてしまう。
IMF長官と分析官ブラントに接触した、追われる身のイーサンは、アメリカの厳しい立場を知らされる。
IMFは政府から切り離され、”ゴースト・プロトコル”が発令されたのだった。
イーサンは、サポートなしの状況と現状の装備で、危険人物のヘンドリックス、暗号名”コバルト”の計画を阻止するためのミッションに就くかを、長官に問われるのだが・・・。
__________

人気シリーズも、大作嗜好とオリジナル・ストーリーからかけ離れる内容がファンをやきもきさせていたが、本作は、その鬱憤を晴らす快心作となった。

とにかく、最先端技術を駆使した、舞台設定なども派手ではあるが、純粋なスパイ劇を楽しめる、どこか古風な展開、キャラクター達の繊細な人物描写など、あらゆる点で満足度の高い、シリーズ最高作と言っていい内容は、どなたでも納得できるはずだ。

入り組んでいるように思えても、単純明快なストーリー、視覚的な刺激とスター達の魅力、シリーズのテーマである、”チームワーク”を強調する主人公の言動と、それを演ずる、トム・クルーズの人間味を感じさせる描写など、ブラッド・バードの丹念な演出も冴え渡る。

前作で低迷した興行収入は、全世界で7億ドルに迫り、シリーズ最高のヒットとなった。
(前作よりプラス約3億ドル)

製作費 $145,000,000
北米興行収入 $209,397,900
世界 $694,713,400

50歳に近づくトム・クルーズは若々しく、しかし、時々見せる表情に、人生の年輪も感じさせてくれる素晴らしい演技を見せる。
また、体を張ったアクションは半端ではなく、慢心創痍、体が粉々になるほどの大活躍を見せる。

妖艶であり頼もしい、シリーズ屈指のキャラクターとなった、チーム・メンバーのポーラ・パットン、前作に続く登場の、彼女に勝るとも劣らない、いい味を出しているテクニカル・サポートのサイモン・ペグ、主人公との関係で苦悩しながら、演技派らしく、奥深く役柄を演ずる新メンバーのジェレミー・レナー、核テロを画策する黒幕ミカエル・ニクヴィスト、その右腕サムリ・エーデルマンロシア情報局員ウラジミール・マシコフ、核保安システム及び核兵器コードのエキスパート役のイワン・シュヴェドフインドのメディア王役のアニル・カプール、暗殺者レア・セドゥ、殺されるIMFエージェントのジョシュ・ホロウェイ、主人公の情報源ミラジ・グルビッチ、その従兄で武器商人のイリア・ヴォロック、そして、IMF長官トム・ウィルキンソン、ハッカーのヴィング・レイムス、主人公の妻役でミシェル・モナハンがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021