4544 Movies

ミッション:インポッシブル3 / M:i:III Mission: Impossible III (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」を基に製作された、トム・クルーズが製作、主演を兼ねる人気シリーズ第3作。
監督、脚本J・J・エイブラムスフィリップ・シーモア・ホフマンヴィング・レイムスローレンス・フィッシュバーンビリー・クラダップマギー・Qジョナサン・リース=マイヤーズミシェル・モナハンサイモン・ペグ他共演。


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作
トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
脚本
アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
J・J・エイブラムス
撮影:ダニエル・ミンデル
編集
マリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
音楽
マイケル・ジアッチーノ
ラロ・シフリン(テーマ曲)

出演
イーサン・ハント:トム・クルーズ
オーウェン・デヴィアン:フィリップ・シーモア・ホフマン
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス
セオドア・ブラッセル:ローレンス・フィッシュバーン
ジョン・マスグレイヴ:ビリー・クラダップ

ゼーン・リー:マギー・Q
デクラン・ゴームリー:ジョナサン・リース=マイヤーズ
ジュリア・アン・ミード・ハント:ミシェル・モナハン
リンジー・ファリス:ケリー・ラッセル
ベンジー・ダン:サイモン・ペグ

ブロ-ンウェイ:エディ・マーサン
デヴィアンのボディガード:ジェフ・チェイス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2006年製作 125分
公開
北米:2006年5月5日
日本:2006年7月8日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $133,382,310
世界 $395,668,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
IMF(Impossible Missions Force)のイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、訓練教官となり、病院の看護師で婚約者のジュリア・アン・ミード(ミシェル・モナハン)と、幸せで平穏な日々を送っていた。

ある日イーサンは、パーティーの最中に、本部のジョン・マスグレイヴ(ビリー・クラダップ)から呼び出される。

ブラック・マーケットの商人オーウェン・デヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)の監視行動中に拉致された、かつての教え子リンジー・ファリス(ケリー・ラッセル)が行方不明だとイーサンは知らされる。

今回の任務は、あくまでデヴィアンを捕えることなのだが、それを受けた場合は、リンジーの救出を許可するとのことだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考
・「ミッション:インポッシブル」(1996)
・「ミッション:インポッシブル2」(2000)
・「ミッション:インポッシブル3/M:i:III」(2006)
・「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)
・「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015)
・「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(2018)

*(簡略ストー リー)
IMFのイーサン・ハントは、今では訓練教官となり、婚約者ジュリアと幸せな生活を送っていた。
ある日、本部のマスグレイヴから呼び出しを受けたイーサンは、ブラック・マーケットの商人であるデヴィアンの監視中に拉致された、教え子のリンジーが行方不明だと知らされる。
デヴィアンを捕える条件で、リンジー救出を許されたイーサンは、編成されたチーム、デクラン、ゼーン、そしてハッカーのルーサーと合流する。
イーサンらはベルリンに向かい、4人はリンジーを救出するものの、彼女は、頭に埋め込まれたカプセル爆弾で殺されてしまう。
帰国したイーサンは、IMF局長のブラッセルに、作戦の失敗を責められる。
その後イーサンは、リンジーから、内容が不明の、マイクロドットが隠された手紙を受け取とる。
ベルリンから持ち帰った焼失ディスクのデータから、イーサンは、デヴィアンがバチカンに現れることと、”ラビットフット”という謎の物体の存在を知り、メンバーと共に現地に飛ぶ・・・。
__________

1作から2作へと順調に伸ばしてきた興行収入が、全世界で、前作よりも1億5000万ドル以上も減ってしまった。

原点であるテレビ・シリーズの持つ魅力、チームワークで任務を遂行するというテーマから大きく離れ、益々トム・クルーズのワンマンショー的作品になってしまっているところが、不人気の原因かもしれない。

極端に言えば、トム・クルーズの魅力とラロ・シフリンのテーマ曲がなければ、単なるスパイ・アクションとしか言えない内容でもある。

しかし、見せ場は多く、なかなか見応えがあるのも事実だ。

バチカン侵入場面などは、かなりうまく仕上げてあり、上海のカーチェイスなども、なかなか新鮮な映像だ。

前年に「カポーティー」(2005)でアカデミー主演賞を受賞したフィリップ・シーモア・ホフマンだが、悪役の貫禄もない、ややミスキャスト気味だ。

お馴染みヴィング・レイムスも、今回は印象が薄い感じで、さすがの彼もローレンス・フィッシュバーンの迫力の影に隠れてしまったような気もする。

ホノルル出身の、マギー・Qの活躍がインパクトがあり、久々にアジア系スターの誕生を予感させる。

翌年は「ダイ・ハード4.0」(2007)でも熱演を見せて、今後が非常に楽しみだ。

IMF局員で黒幕のビリー・クラダップ、チームのメンバー、ジョナサン・リース=マイヤーズ、主人公の妻ミシェル・モナハン、かつての教え子のケリー・ラッセル、IMFの技術部門サイモン・ペグ、デヴィアン(F・S・ホフマン)の手下エディ・マーサンジェフ・チェイスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021