4503 Movies

背徳の囁き Internal Affairs (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロサンゼルス市警内の汚職を牛耳る警官と内務調査官の戦いを描く、 監督、音楽マイク・フィギス、主演リチャード・ギアアンディ・ガルシアナンシー・トラヴィスローリー・メトカーフウィリアム・ボールドウィン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マイク・フィギス

製作:フランク・マンキューソJr.
脚本:ヘンリー・ビーン
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:ロバート・エストリン
音楽
ブライアン・バンクス
マイク・フィギス
アンソニー・マリネリ

出演
デニス・ペック:リチャード・ギア
レイモンド ・アヴィラ:アンディ・ガルシア
キャスリーン”キャシー”アヴィラ:ナンシー・トラヴィス
エイミー・ウォーレス:ローリー・メトカーフ
ヴァン・ストレッチ:ウィリアム・ボールドウィン
グリーブ:リチャード・ブラッドフォード
ドリアン・フレッチャー:マイケル・ビーチ
ペニー・ストレッチ:フェイ・グラント
ヘザー・ペック:アナベラ・シオラ
ショーン・ストレッチ:イライジャ・ウッド
ルディ・モーア:ザンダー・バークレー
グレゴリー:ジュリオ・オスカー・メチョソ
スティーヴン・アロカス:ジョン・カペロス
トーヴァ・アロカス:キャサリン・ボロウィッツ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1990年製作 114分
公開
北米:1990年1月12日
日本:1990年6月29日
北米興行収入 $27,734,391


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
市警のパトロール警官デニス・ペック(リチャード・ギア)は、同僚のヴァン・ストレッチ(ウィリアム・ボールドウィン)とドリアン・フレッチャー(マイケル・ビーチ)と共に、職務を利用して悪事を働いていた。

内務調査班(IAD)のレイモンド ・アヴィラ(アンディ・ガルシア)は、パートナーとなるエイミー・ウォーレス(ローリー・メトカーフ)から、不正行為を行ったと思われるストレッチを調べると言われる。

ストレッチが警察学校の同期だとウォーレスに伝えたアヴィラは、降りるかと言われるものの調査をすると答える。

研修の教官だったグリーブ(リチャード・ブラッドフォード)に出くわしたアヴィラは、簡単な会話を交わして仕事を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
市警のパトロール警官デニス・ペックは、同僚のストレッチやフレッチャーと共に職務を利用して悪事を働いていた。
内務調査班(IAD)のレイモンド ・アヴィラは、パートナーのウォーレスと共に、不正行為を行ったと思われるフレッチャーの調査を始める。
ストレッチとは警察学校の同期だったアヴィラは、明らかに麻薬依存症である様子や、妻ペニーとの関係も悪化していることに気づく。
その後、多くの警官に警備のバイトなどをさせて、それを牛耳るペックの存在に注目したアヴィラとウォーレスは、彼の周辺や資産などを調べ始めるのだが・・・。
__________

脚本家、作曲家としても知られるイギリス人のマイク・フィギスが、アメリカの大きな社会問題である、警察内の汚職を扱った社会派サスペンス。

やや演出に粗さも見えるが、多くの登場人物を個性的に描き、そのそれぞれの思惑が絡み合う、見応えあるサスペンスには仕上がっている。

既にキャリア十分であり、期待の若手から実力も兼ね備えたスターとなったリチャード・ギアが、職務を利用した悪徳警官として、強かな悪役を演じ注目を集めた作品。

主人公に翻弄されながら徹底的に調査して悪事を暴く、内務調査官を好演するアンディ・ガルシア、その妻ナンシー・トラヴィス、内務調査官として主人公を追い詰めるローリー・メトカーフ、主人公と同じ悪徳警官ウィリアム・ボールドウィン、その妻で主人公と浮気するフェイ・グラント、その息子役のイライジャ・ウッド、主人公の教官リチャード・ブラッドフォード、主人公の同僚マイケル・ビーチ、主人公の妻アナベラ・シオラ、クラブのオーナー、ザンダー・バークレー、アヴィラ(アンディ・ガルシア)の従兄ジュリオ・オスカー・メチョソ、主人公に両親殺害を依頼する実業家ジョン・カペロス、その妻キャサリン・ボロウィッツジョン・タトゥーロ夫人)などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021