4238 Movies

ハッカビーズ I Heart Huckabees (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人生で起きる偶然の一致を探ろうとする環境保護団体の活動家青年の行動を描く、製作、監督、脚本デヴィッド・O・ラッセル、主演ジェイソン・シュワルツマンマーク・ウォルバーグジュード・ロウナオミ・ワッツダスティン・ホフマン他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・O・ラッセル
製作
デヴィッド・O・ラッセル

グレゴリー・グッドマン
スコット・ルーディン
脚本
デヴィッド・O・ラッセル

ジェフ・バエナ
撮影:ピーター・デミング

編集:ロバート・K・ランバート
音楽:ジョン・ブライオン

出演
ジェイソン・シュワルツマン:アルバート・マルコフスキー
マーク・ウォルバーグ:トミー・コーン
ジュード・ロウ:ブラッド・スタンド
ナオミ・ワッツ:ドーン・キャンベル
ダスティン・ホフマン:バーナード・ジャッフェ
リリー・トムリン:ヴィヴィアン・ジャッフェ
イザベル・ユペール:カトリーヌ・ヴォーバン
リチャード・ジェンキンス:ホーテン
ティッピ・ヘドレン:メアリー・ジャーン・ハッチンソン
シャナイア・トゥエイン:本人
アイラ・フィッシャー:ヘザー
ケヴィン・ダン:マーティ
ボブ・ガントン:ルヴァー
タリア・シャイア:シルヴァー夫人

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2004年製作 106分
公開
北米:2004年10月1日
日本:2005年8月20日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $12,784,710
世界 $20,072,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
環境保護団体の活動家青年アルバート・マルコフスキー(ジェイソン・シュワルツマン)は、彼の人生に起きる偶然の一致を探るため、”偶然”に見つけた名刺の実存主義探偵社を訪ねる。

探偵社のバーナード(ダスティン・ホフマン)とヴィヴィアン(リリー・トムリン)夫妻に調査を依頼したアルバートは、早速、私生活を監視される。

エコロジストでもある消防士トミー・コーン(マーク・ウォルバーグ)は、妻子に愛想を尽かされ出て行かれてしまう。

総合デパート”ハッカービーズ”の新店舗建設に反対するアルバートは、ハッカビーズのエリート社員ブラッド・スタンド(ジュード・ロウ)に敵対心を燃やすが、ブラッドはアルバートを鼻にもかけない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

何を言いたいのか表現したいのか理解し難い、”哲学的観点?”で描かれる”笑えない”コメディ。

*(簡略ストー リー)

環境保護団体の活動家青年アルバート・マルコフスキーは、人生に起きる偶然の一致を探るために、実存主義探偵社を訪ねる。
探偵社の、バーナードとヴィヴィアン夫妻に調査を依頼したアルバートは、早速、私生活を監視される。
ヴィヴィアンは、アルバートが総合デパートの”ハッカービーズ”新店舗建設に反対していることと、同社のエリート社員ブラッドが、アルバートのライバルであることを知る。
そしてヴィヴィアンは、アルバートの抱えている問題に、ブラッドが大きく関わっていることに気づくのだが・・・。
__________

英語やアメリカ文化が理解できるか否か以前の問題で、監督、製作、脚本のデヴィッド・O・ラッセルの表現したいことは全く謎で、意図的にそうしているとしか思えない、”自分の世界”で作った、観客に何も伝わってこない作品。

”コメディアン”として的を得てるのは、やり手のエリート社員ジュード・ロウくらいで、全く笑えない主演のジェイソン・シュワルツマンをはじめ、”大御所”と言っていいダスティン・ホフマン以下、オール・ミスキャストに近い配役だ。

その証拠に、当然、拡大公開もされず、アメリカ国内はもとより、全世界の興行収入を合わせても、製作費を回収できなかったというお粗末さだ。

製作費 $22,000,000
北米興行収入 $12,784,710
世界 $20,072,170

尚、主演のジェイソン・シュワルツマンの実母タリア・シャイアも、主人公の母親役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020