4219 Movies

上流社会 High Society (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フィリップ・バリーによる、1939年のブロードウェイ舞台劇”The Philadelphia Story”の映画化である「フィラデルフィア物語」(1940)のミュージカル版リメイク。
監督チャールズ・ウォルターズ、主演ビング・クロスビーグレイス・ケリーフランク・シナトラセレステ・ホルムルイ・アームストロング他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・ウォルターズ
製作:ソル・C・シーゲル
戯曲:フィリップ・バリー
脚本:ジョン・パトリック
撮影:ポール・ヴォーゲル
編集:ラルフ・E・ウィンターズ
音楽:コール・ポーター

出演
ビング・クロスビー:C・K・デクスター=ヘヴン
グレイス・ケリー:トレイシー・サマンサ・ロード
フランク・シナトラ:マコーレ”マイク”コナー
セレステ・ホルム:エリザベス”リズ”インブリー
ルイ・アームストロング:本人
ジョン・ランド:ジョージ・キトリッジ
ルイス・カルホーン:ウィリー伯父
シドニー・ブラックマー:セス・ロード
マルガーロ・ギルモア:マーガレット・ロード
リディア・リード:キャロライン・ロード

アメリカ 映画
配給 MGM
1956年製作 106分
公開
北米:1956年7月17日
日本:1956年10月3日
製作費 $2,700,000
北米興行収入 $13,000,000


アカデミー賞 ■
第29回アカデミー賞
・ノミネート
原案・音楽(ミュージカル)
歌曲賞”True Love


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロードアイランド州、ニューポート
富豪C・K・デクスター=ヘヴン(ビング・クロスビー)邸に、今年のジャズ・フェスティバル出演のため、ルイ・アームストロング/サッチモとその楽団がやってくる。

デクスターと隣人の富豪ロード家の令嬢トレイシー・サマンサ・ロード(グレイス・ケリー)は、駈け落ちしてまで結婚した仲だった。

しかし、二人は離婚してしまい、トレイシーは上流出身ではない、ジョージ・キトリッジ(ジョン・ランド)と再婚することになっていた。

トレイシーの妹キャロライン(リディア・リード)は、デクスターを今でも気に入っていた。

キャロラインは、デクスターを度々話題にしてはトレイシーや母マーガレット(マルガーロ・ギルモア)を困らせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューポートに住む楽天家の富豪C・K・デクスター=ヘヴンは、隣人のロード家の長女トレイシーが、自分との離婚後に再婚をすることで気を揉んでいた。
トレイシーは、父親セスの浮気がゴシップ誌に掲載を取り止める条件として、記者マイクとカメラマンのリズの取材を受けることになってしまう。
結婚式が迫る中、デクスターはトレイシーが必ず自分と寄りを戻すと信じながら、彼女への思いを伝えていく。
一方トレイシーは、父親から女性としての全てを備えながら、最も大切な人を思いやる心がないことを指摘されてショックを受けてしまう。
腹いせに誘った、記者マイクに言い寄られたトレイシーの心は揺れ動き、デクスターを再び思う気持ちも再燃し始めてしまう・・・。
__________

原題タイトルの通り、ニューポートの上流社会の雰囲気が良く出ていて、庶民的な登場人物は記者とバンドのみという、独特のムードの中、嫌味のないユーモアなど、ミュージカル仕立てで展開する実に楽しい作品。

第29回アカデミー賞では、原案、音楽(ミュージカル)、歌曲賞”True Love”にノミネートされた。

主題曲を含め、コール・ポーターの優雅で楽しい音楽も印象的だ。

その他、楽団と共に招待されたルイ・アームストロングが、波乱の物語の進行役のように登場するのも面白い。

前作と同じく、ロマンチック・コメディの面白味に加え、当代のエンタティナー、ビング・クロスビーフランク・シナトラ、そしてルイ・アームストロングまで登場する顔合わせは、当時のNGM作品ならではの豪華さだ。

特にアカデミー賞候補になった主題歌”True Love”と、ビング・クロスビールイ・アームストロングの”Now You Has Jazz”のパフォーマンスは必見だ。

2年前の「喝采」(1954)でも夫婦役を演じたビング・クロスビーグレイス・ケリーは、その時とは全く違う能天気な大富豪令嬢を陽気に演じている。

グレイス・ケリーは、本作がハリウッド最後の作品。

地上より永遠に」(1953)で復活し、オスカーも受賞したフランク・シナトラも、ビング・クロスビーグレイス・ケリーそれぞれとデュエットし、素晴しい歌声を披露してくれる。

また、「紳士協定」(1947)や「イヴの総て」(1950)等の演技派セレステ・ホルム、彼女に迫るヒロインの伯父役ルイス・カルホーンも、ひょうきんな演技を見せてくれる。

ルイス・カルホーンは本作公開を前に他界している。

ヒロインの婚約者ジョン・ランド、父シドニー・ブラックマー、母マルガーロ・ギルモア、妹リディア・リードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020