4219 Movies

スウィート・ノベンバー Sweet November (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1968年に公開された”Sweet November”のリメイク。
短い命を知り、自由奔放に生きようとする女性と、月ごとに選ばれる”11月の男”に指名された男性とのはかない恋を描く、主演キアヌ・リーヴスシャーリーズ・セロンジェイソン・アイザックスフランク・ランジェラ他共演、監督パット・オコナーによるメロドラマ。


ドラマ(ロマンス)

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:パット・オコナー
製作
エリオット・カストナー

スティーヴン・ルーサー
デボラ・ストフ
アーウィン・ストフ
製作総指揮:ウェンディ・ワンダーマン
オリジナル脚本:ハーマン・ローチャー
原案
ポール・ユーリック

カート・ヴォルカー
脚本:カート・ヴォルカー
撮影:エドワード・ラックマン
音楽:クリストファー・ヤング
主題歌:エンヤ ”Only Time

出演
キアヌ・リーヴス:ネルソン・モス
シャーリーズ・セロン:サラ・ディーヴァー
ジェイソン・アイザックス:チャズ・ウォトリー
グレッグ・ジャーマン:ヴィンス・ホランド
リーアム・エイケン:アブナー
ローレン・グレアム:アンジェリカ
マイケル・ローゼンバウム:ブランドン
フランク・ランジェラ:エドガー・プライス
ロバート・ジョイ:レイフォード・ダン
レイ・ベーカー:バディ・リーチ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2001年製作 119分
公開
北米:2001年2月16日
日本:2001年10月27日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $25,178,170
世界 $65,754,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
広告会社で働くエリート・ビジネスマンのネルソン・モス(キアヌ・リーヴス)は、大事なプレゼンが控えているため、同棲する恋人アンジェリカ(ローレン・グレアム)の両親と会う約束を守ろうとしない。

同僚のヴィンス・ホランド(グレッグ・ジャーマン)と電話で打ち合わせをしながら出社したネルソンは、忙しい仕事の合間に、自動車免許の更新に行かなければならなくなる。

免許更新試験を一緒に受けたサラ・ディーヴァー(シャーリーズ・セロン)にネルソンが話しかけたため、彼女は試験官にカンニングを疑われ、退席させれれてしまう。

更新を終えて駐車場に向かったネルソンは、ヴィンスに電話をかけながらサラから声をかけられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
広告会社で働くエリート・ビジネスマン、ネルソン・モスは、自動車免許の更新の際、風変わりな女性サラに出会う。
ネルソンのせいで、運転免許の更新ができなかったサラは、彼の青アートに押しかける。
ネルソンを強引にアパートに連れて行ったサラは、11月の1ヶ月間、そこに住み恋人になることを彼に提案する。
免許の腹いせとしか思わないネルソンは、当然それを断る。
その後、クライアントとトラブルを起こしたネルソンは、会社を解雇されてしまう。
恋人アンジェリカにも愛想を尽かされたネルソンは、サラから届いた子犬を返しに行く。
そしてネルソンは、サラの”奉仕したい”という言葉に心を動かされ、二人は結ばれてしまう。
翌日、ちょっとしたことでサラと揉めてしまったネルソンは、彼女を傷つけるような言葉を口にしてしまう。
サラに謝罪して一日を過ごしたネルソンは、彼女なしにはいられなくなってしまう。
そんなネルソンは、サラの隣人で同性愛者であるチャズから、彼女が持病を持ち、家族との問題を抱えていることを知らされる・・・。
__________

1997年の「ディアボロス」で共演した、キアヌ・リーヴスシャーリーズ・セロンが、再び顔を合わせたことで話題となった作品。

冒頭はコメディ風に始まるものの、愛を確かめ合いながらも、不治の病を背負い自ら身を引く女性と、彼女の気持ちを思うと後を追うことが出来ない、取り残される男性の姿で結末を迎えるメロ・ドラマ。

サラとの想い出のシーンで流れる、エンヤの美しい主題歌”Only Time”が心に残る。

2年後に「モンスター」(2003)でアカデミー賞を受賞するシャーリーズ・セロンは、際立つ美しさに加え、いよいよその実力を見せ始めた頃と言えるが、キアヌ・リーヴスは、プレゼンのシーンをはじめ、オーバーアクションが目立ち今一精彩を欠く印象は否めない。
マフラーで目隠しするラストの映像も滑稽だ。

本作は、観客の評価はまずまずだったのだが批評家からは酷評され、主人公の二人揃ってラジー賞にノミネートされてしまったのだが、シャーリーズ・セロンには少し気の毒のように思える・・・。
(最悪リメイク賞にもノミネート)

サラ(C・セロン)の隣人で、彼女の支えになるジェイソン・アイザックスとそのパートナー、マイケル・ローゼンバウム、主人公の同僚グレッグ・ジャーマン、主人公を慕う父親のいない少年リーアム・エイケン、主人公の恋人ローレン・グレアム、凄みのある冷酷なビジネスマン、フランク・ランジェラ、主人公の上司ロバート・ジョイ、主人公と揉めるクライアントのレイ・ベーカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020