4503 Movies

西部に賭ける女 Heller in Pink Tights (1960)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表された、ルイス・ラムーア”Heller with a Gun”の小説を基に製作された作品。
各地を巡る旅芸人一座の花形女優が巻き起こすトラブルと恋を描く、製作カルロ・ポンティ、監督ジョージ・キューカー、脚本ダドリー・ニコルズ、主演ソフィア・ローレンアンソニー・クインマーガレット・オブライエンスティーヴ・フォレスト他共演の西部劇。


西部劇

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト ■

監督:ジョージ・キューカー
製作
カルロ・ポンティ

マルチェロ・ジローシ
ルイス・E・シャネリ

原作:ルイス・ラムーア”Heller with a Gun”
脚本
ダドリー・ニコルズ

ウォルター・バーンスタイン
撮影:ハロルド・リップスタイン
編集:ハワード・A・スミス
衣装デザイン:イデス・ヘッド

音楽:ダニエル・アンフィシアトロフ

出演
アンジェラ・ロッシーニ:ソフィア・ローレン

トーマス”トム”ヒーリー:アンソニー・クイン
デラ・サーズビー:マーガレット・オブライエン
クリント・メイブリー:スティーヴ・フォレスト
ローナ・ハサウェイ:アイリーン・ヘッカート
マンフレッド”ドク”モンタギュー:エドマンド・ロウ
デ・レオン:ラモン・ノヴァロ
サム・ピアース:ジョージ・マシューズ
エド・マクレイン保安官:エドワード・ビンズ
サンティス:フランク・シルヴェラ
グーバー:キャル・ボルダー
デ・レオンの手下:レオ・V・マットランガ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1960年製作 100分
公開
北米:1960年3月1日
日本:1960年6月4日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1880年代、ネブラスカ州、シャイアン郡
旅芸人一座”ヒーリー劇団”は、座長のトーマス”トム”ヒーリー(アンソニー・クイン)、ヨーロッパから来た女優アンジェラ・ロッシーニ(ソフィア・ローレン)、若いデラ・サーズビー(マーガレット・オブライエン)とその母親ローナ・ハサウェイ(アイリーン・ヘッカート)、マンフレッド”ドク”モンタギュー(エドマンド・ロウ)らの座員と共に各地を巡業していた。

アンジェラが派手な買い物をして衣装代を払えず、借金を作り追われていた一座だったが、トムは彼女を許してしまう。

ある町に着いたトムは、劇場主のサム・ピアース(ジョージ・マシューズ)に迎えられ、役者達を紹介する。

アンジェラは、無法者のクリント・メイブリー(スティーヴ・フォレスト)が、保安官エド・マクレイン(エドワード・ビンズ)に銃を取り上げられる姿を気にする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1880年代、ネブラスカ州、シャイアン郡
旅芸人一座を率いる座長トーマス”トム”ヒーリーは、ヨーロッパから来た女優アンジェラ・ロッシーニが買った衣装代を払えずに破産状態となり債権者に追われていた。
ある町に着いた一座は、トムが劇場主ピアースと契約して上演に備える。
アンジェラは、鉱山の採掘権を買い取ろうとするデ・レオンに雇われた、無法者のメイブリーが気になる存在となる。
舞台を成功させたトムらは、稼ぎを持って町から逃げ出そうとするが、アンジェラがポーカーでメイブリーに負けてしまう。
再びトラブルを抱えたアンジェラは、それをトムに隠したまま座員達と共にボナンザへと向かうのだが・・・
__________

ジョージ・キューカーの西部劇ということで注目される本作は、国際的なスターとなり活躍を続けるソフィア・ローレンを主役に起用し、華やかな内容と西部劇としての醍醐味も味わえる仕上がりとなっている。

役者達の衣装が印象的な作品であり、担当したのはイデス・ヘッドと知り納得した。

旅芸人一座のヒロインであるソフィア・ローレンが巻き起こす騒動がコミカルに描かれるものの、破産状態で債権者に追われる座長アンソニー・クインは、やや気の毒な雰囲気な人物を対照的に演ずる。

豪傑タイプのアンソニー・クインが、控えめな演技で苦労する座長を演じているのがなかなか新鮮で、スターとして輝いているソフィア・ローレンを主役として支える立場に徹している姿がまたいい。
ジョージ・キューカーの心遣いとも言える、ヒロインを軽々と抱きかかえる、彼らしい逞しさを強調するラストの演出はファンにとっては嬉しい。

まだ20代半ばのではあるが、容姿や雰囲気が他の女性とは異質なものを感じる主演のソフィア・ローレンは、同年「ふたりの女」(1960)でアカデミー主演賞を受賞することになる。
また、彼女は本作の製作者カルロ・ポンティとは結婚していたのだが、彼が重婚罪に問われそうになるなど問題を抱えながら1966年に正式に結婚した。

必死に大人をアピールする若い役者マーガレット・オブライエン、その母親の座員アイリーン・ヘッカート、伊達男風の無法者ではあるが、主人公らに協力もするスティーヴ・フォレスト、ベテランの役者エドマンド・ロウ、劇場主ジョージ・マシューズ、鉱山の採掘権を独占しようとするラモン・ノヴァロ、その手下キャル・ボルダー、保安官エドワード・ビンズ、鉱山の採掘権を持つフランク・シルヴェラなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021