4292 Movies

キャリー Carrie (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1974年に発表された、スティーヴン・キングのデビュー作でもある”キャリー”の映画化で、1976年に公開された傑作ホラー「キャリー」のリメイク。
超能力を持ちながらクラスメイトから疎外される女子高生の運命を描く、監督キンバリー・ピアース、主演クロエ・グレース・モレッツジュリアン・ムーアジュディ・グリアポーシャ・ダブルデイガブリエラ・ワイルド他共演のホラー。


スリラー/ホラー

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest
ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:キンバリー・ピアース
製作:ケヴィン・ミッシャー
製作総指揮:J・マイルズ・デイル
原作:スティーヴン・キングキャリー
脚本
ロバート・アギーレ=サカサ

ローレンス・D・コーエン
撮影:スティーヴ・イェドリン
編集
リー・パーシー

ナンシー・リチャードソン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
キャリー・ホワイト:クロエ・グレース・モレッツ

リタ・デジャルダン:ジュディ・グリア
マーガレット・ホワイト:ジュリアン・ムーア
クリス・ハーゲンセン:ポーシャ・ダブルデイ
スー・スネル:ガブリエラ・ワイルド
トミー・ロス:アンセル・エルゴート
ビリー・ノーラン:アレックス・ラッセル
ヘンリー・モートン:バリー・シャバカ・ヘンリー
ハーゲンセン:ハート・ボックナー
ティナ・ブレイク:ゾーイ・ベルキン
ヘザー:サマンサ・ワインスタイン

ニッキ・ワトソン:カリッサ・ストレイン
リジー・ワトソン:ケイティー・ストレイン
ジョン:デレク・マクグラス

ケニー・ガーソン:カイル・マック
ジャッキー・タルボット:マックス・トップリン

エレノア・スネル:シンシア・プレストン
エドウィン・ウルマン:ジェファーソン・ブラウン
ジョージ・ドーソン:デミトリウス・ジョイッテ
エリカ・ゴーガン:モーナ・トラーレ
アーニー・ピーターソン:フィリップ・ノズカ

アメリカ 映画
配給
MGM

スクリーン・ジェムズ
2013年製作 99分
公開
北米:2013年10月18日
日本:2013年11月8日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $35,266,619
世界 $85,039,284


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
マーガレット・ホワイト(ジュリアン・ムーア)は、苦しみながら一人で出産する。

それを神の試練と考えるマーガレットは、悪を断ち切ると呟きながら子供を殺そうとするが、思い止まり抱き寄せる。
___________

高校生であるマーガレットの娘キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)は、内気でクラスメイトからは変人扱いされていた。

そんなキャリーは体育の授業の後、シャワー室で出血して取り乱してしまう。

生理のことを知らなかったキャリーは混乱するが、クリス・ハーゲンセン(ポーシャ・ダブルデイ)らは彼女をからかい、その様子を動画撮影して騒ぎ始める。

それを鎮めた体育教師のリタ・デジャルダン(ジュディ・グリア)は、キャリーをいじめることに疑問を感じ始めていたスー・スネル(ガブリエラ・ワイルド)から事情を聞き、生徒達にその場から出るよう指示する。

デジャルダンは、興奮するキャリーを落ち着かせて校長室に連れて行こうとするが、その場の電気がショートする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
狂信的な母親マーガレットに育てられた内気な高校生キャリー・ホワイトは、クラスメイトに変人扱いされていた。
ある日キャリーは、クラスメイトのクリスやスーらにからかわれて騒動となる。
体育教師のデジャルダンは騒ぎを起こした者達を罰し、それに従わないクリスは処分されプロムの出席を禁じられる。
キャリーはその事件がきっかけで、超能力が身についていることを知る。
スーは、キャリーに対する行為を後悔して、ボーイフレンドのトミーにキャリーをプロムに誘うよう提案する。
それを知ったクリスは、全てをキャリーの責任にして彼女を陥れることを企むのだが・・・。
__________

1970年代のみならず、ホラー映画の代表作として高い評価を受けた旧作「キャリー」(1976)の内容をほぼ継承するストーリー。

旧作を監督したブライアン・デ・パルマの見事な演出、そして彼の独特の映像手法を再現するわけにもいかないキンバリー・ピアースは、女性らしい繊細さは感じられるものの、ホラーとしては”大人しい”、無難にまとめたコピー作品と言われても致し方ないというところだろうか。

主人公が、クイーンに選ばれた絶頂からみじめな姿にされるに至るまでの緊迫感・・・、それを見事に映し出す”映像美”とも言えるブライアン・デ・パルマの旧作のテクニックを思い出すと、本作はそのシーンやラストなども含め全てが平凡に感じてしまう。

主演を熱演する、非常に人気の高い少女スターのクロエ・グレース・モレッツが、他の女子生徒よりも可愛らしい上に魅力的に見えてしまうところも疑問だ。

主人公の母親を貫録の演技で演ずる、誰もが認める実力派ジュリアン・ムーアの出演がなければ、単なる3流ホラーに終わってしまったかもしれない。

旧作では、主人公を温かく見守るものの容赦なく殺されてしまう役、体育教師のジュディ・グリア、主人公に恨みを持つクラスメイトのポーシャ・ダブルデイ、主人公に同情するガブリエラ・ワイルド、そのボーイフレンドのアンセル・エルゴート、クリス(ポーシャ・ダブルデイ)のボーイフレンドのアレックス・ラッセル、校長バリー・シャバカ・ヘンリー、クリスの父親ハート・ボックナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020