4257 Movies

天国から来たチャンピオン Heaven Can Wait (1978)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ハリー・シーガルの舞台劇及び、1941年に公開された名作「幽霊紐育を歩く」のリメイク。
天国側の手違いで寿命よりも早く命を落としたプロ・フットボーラーが、他人の体を借りて目標のスーパーボウル優勝を果たし恋も手に入れるまでを描く、製作、監督、脚本、主演ウォーレン・ベイティジュリー・クリスティジェームズ・メイソンジャック・ウォーデンチャールズ・グローディン他共演のファンタジック・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督
ウォーレン・ベイティ

バック・ヘンリー
製作総指揮
ハワード・コッチ

チャールズ・H・マグワイア
製作:ウォーレン・ベイティ
原作:ハリー・シーガル
脚本
エレイン・メイ

ウォーレン・ベイティ
ロバート・タウン(クレジットなし)
撮影:ウィリアム・A・フレイカー

編集
ロバート・C・ジョーンズ

ドン・ジマーマン
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ジョー・ペンドルトン/リオ・ファーンズワース/トム・ジャレット:ウォーレン・ベイティ

ベティ・ローガン:ジュリー・クリスティ
ジョーダン:ジェームズ・メイソン
マックス・コークル:ジャック・ウォーデン
トニー・アボット:チャールズ・グローディン
ジュリア・ファーンズワース:ダイアン・キャノン
天使(エスコート):バック・ヘンリー
クリム:ヴィンセント・ガーディニア
シスク:ジョゼフ・メイハー
ジェネラル・マネージャー:R・G・アームストロング
ローソン:ウィリアム・ボガート

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1978年製作 101分
公開
北米:1978月6日28
日本:1979年1月13日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $81,640,280


アカデミー賞 ■
第51回アカデミー賞
・受賞
美術賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ウォーレン・ベイティ)
助演男優(ジャック・ウォーデン)
助演女優(ダイアン・キャノン)
脚色・撮影・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
NFLの”ロサンゼルス・ラムズ”(現セントルイス・ラムズ)のクウォーター・バック、ジョー・ペンドルトン(ウォーレン・ベイティ)は、膝の故障から回復して、コーチ陣に好調をアピールする。

トレーナーのマックス・コークル(ジャック・ウォーデン)は、ジョーの状態に満足し、次の日曜の試合では活躍できることを確信する。

ジョーは、誕生日を祝いに来てくれたマックスから、次の合のクウォーター・バックを任せると言われ、張り切ってトレーニングを続ける。

ところが、自転車で走行中のジョーは、トンネル内で事故に遭い死亡してしまう。

次の瞬間、何も知らないジョーは、雲の上を見知らぬ男性(バック・ヘンリー)と歩いていた。

自分がエスコートだと言う男性は、夢だと思い勝手な行動をとるジョーに規則を説明しようとする。

ジョーに逃げられてしまった男性は、その場に現れた紳士ジョーダン(ジェームズ・メイソン)から、自分が代わって説明すると言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

NFLロサンゼルス・ラムズ”のクウォーター・バック、ジョー・ペンドルトンは、故障から回復して目標の”スーパーボウル”を目指す。
そんなジョーは事故死してしまい、天国に向かう準備を始める。
ところが、天国側のミスで、ジョーはまだ寿命が50年近くあるにも拘らず、命を落としてしまったことが分かる。
天国側のジョーダンは、ジョーを元の体に戻すよう天使に指示するのだが、彼の遺体は、既に火葬されてしまっていた。
仕方なくジョーダンは、ジョーが乗り移れる体を探し、大富豪ファーンズワースが殺された現場に向かう。
ファーンズワースは、妻のジュリアと愛し合う秘書トニーに殺されたのだった。
その場でジョーは、ファーンズワースに抗議をし現れたイギリス人女性ベティに一目惚れしてしまい、彼の体に乗り移るのだが・・・。
__________

若手人気スターとして着実にキャリアを重ねたウォーレン・ベイティが、製作、監督(バック・ヘンリーと共同)、主演を兼ねた意欲作であり、ハート・ウォーミングな快作コメディ。

フットボールに対してはストイックなまでに取り組む一途な青年、パワフルでもある行動力で、全く知らない世界でも怯まずに突き進む姿が、コミカル且つ軽快に描かれている。

その内容は大いに受けて、北米興行収入は約8200万ドルという大ヒットとなった。

第51回アカデミー賞では、作品賞以下9部門でノミネートされ、美術賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ウォーレン・ベイティ)
助演男優(ジャック・ウォーデン)
助演女優(ダイアン・キャノン)
脚色・撮影・作曲賞

デイヴ・グルーシンのテーマ曲は印象的であり、1970年代を想い起させてくれる、郷愁を誘う作品だ。

プレイボーイとしても知られて、姉シャーリー・マクレーンを悩ませたウォーレン・ベイティが、映画人としての才能を更に発揮し、人気、評価共に高めた作品で、人間味溢れるキャラクターを熱演している。

フィーリングで主人公に惹かれていくイギリス人女性を魅力的に演ずるジュリー・クリスティ、天国の天使長を雰囲気良く演ずるジェームズ・メイソン、後半、人間界で唯一人、主人公の存在に気づくトレーナーを、印象深く好演するジャック・ウォーデン、富豪の殺害を計画する秘書チャールズ・グローディン、彼と手を組む富豪の妻ダイアン・キャノン、天使役のバック・ヘンリー、的を得ない捜査や言動が笑える刑事ヴィンセント・ガーディニア、執事のジョゼフ・メイハーラムズのジェネラル・マネージャー、R・G・アームストロング、富豪が経営する会社の重役ウィリアム・ボガートなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020