4315 Movies

ファイナル・デッドブリッジ Final Destination 5 (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ファイナル・デスティネーション」シリーズの第5作。
橋が崩れ落ちる大事故の生存者に襲いかかる避けられない死の運命を描く、監督スティーヴン・クォーレ、主演ニコラス・ダゴストエマ・ベルマイルズ・フィッシャーアーレン・エスカーペタコートニー・B・ヴァンスデヴィッド・ケックナー他共演のサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・クォーレ

製作
クレイグ・ペリー
ウォーレン・ザイド
製作総指揮
エリック・ホルムバーグ
シーラ・ハナハン・テイラー
リチャード・ブレナー
ウォルター・ハマダ
デイヴ・ノイスタッター
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:ブライアン・ピアソン
編集:エリック・シアーズ
音楽:ブライアン・タイラー

出演
サム・ロートン:ニコラス・ダゴスト
モリー・ハーパー:エマ・ベル
ピーター・フリードキン:マイルズ・フィッシャー
ネイサン・シアーズ:アーレン・エスカーペタ
ジム・ブロック捜査官:コートニー・B・ヴァンス
デニス・ラップマン部長:デヴィッド・ケックナー
オリヴィア・キャッスル:ジャクリーン・マッキネス・ウッド
アイザック・パーマー:P・J・バーン
キャンディス・フーパー:エレン・ロー
ウィリアム・ブラッドワース:トニー・トッド
ロイ・カーソン:ブレント・ステイト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2011年製作 92分
公開
北米:2011年8月12日
日本:2011年10月1日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $42,575,720
世界 $157,887,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
製紙会社”プレサージ・ペーパー”の社員研修旅行に参加するサム・ロートン(ニコラス・ダゴスト)は、シェフになる夢もあった。

そんなサムは、同僚である恋人のモリー・ハーパー(エマ・ベル)から、別れ話を切り出されて困惑する。

サムの同僚ピーター・フリードキン(マイルズ・フィッシャー)は、見習社員の恋人キャンディス・フーパー(エレン・ロー)と、その日の夜の約束をする。

ピーターと共に上司のデニス・ラップマン部長(デヴィッド・ケックナー)を迎えたサムは、出発すると言われて、副工場長のネイサン・シアーズ(アーレン・エスカーペタ)を呼びに行く。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ファイナル・デスティネーション」(2000)
・「デッドコースター」(2003)
・「ファイナル・デッドコースター」(2006)
・「ファイナル・デッドサーキット 3D」(2009)
・「ファイナル・デッドブリッジ」(2011)

*(簡略ストー リー)
製紙会社の社員サム・ロートンは、恋人である同僚のモリー達と共に研修旅行に参加する。
橋の工事でバスが停車している間にサムは、橋が崩れて、モリー以外が死亡する予知夢を見てしまう。
目覚めたサムは、大惨事になることを同僚達に伝えて、モリーらと共にバスを降りてその場を離れて生き残る。
サムを含めた8人の生存者は、同僚達の死を悼み苦悩する。
その後、サムが見た予知夢の順番で同僚達は死亡し、謎の男ブラッドワースは、死は避けられないとサム達に忠告する。
死の運命を知ったサムらは、身代わりが死ねば生きていけることブラッドワースに言われるのだが・・・。
__________

避けられない死の運命を知った若者達の恐怖を描くサスペンス・ホラー・シリーズの第5作で、3Dで撮影、公開された。

その迫力映像と共に、かなりショッキングなどぎつい残酷描写もある。

ややユーモアが重視されるようになった2作目からの内容から、映像は派手だが、原点に戻る心理的なドラマ構成になっている。

死の危機を逃れたかに思えた主人公と恋人が、本シリーズのきっかけとなる、第一作の冒頭のパリ行き”180便”の航空機事故に関わっていたというクライマックスは衝撃的でもある。

爆破墜落する”180便”の残骸である車輪が、身代りのお蔭で助かったと思われた生存者を直撃するラストも驚きだ。

興行的にコンスタントな好成績を残しているシリーズの中で、前作には及ばなかったものの、北米興行収入は約4300万ドル、全世界では約1億5800万ドルのヒットとなった。

予知夢により7人の同僚達の命を救うものの、死は避けられないことを知り苦悩しながら運命に立ち向かうニコラス・ダゴスト(7番目に死亡)、彼の恋人で、予知夢では死ぬ運命でなかったものの6番目に死亡するエマ・ベル、最初に死ぬ恋人(エレン・ロー)の死のショックを引きずり、身代わりを殺し生きようとする主人公の同僚で5番目に死亡するマイルズ・フィッシャー、身代わりの死が必然的だったことで8番目に死亡するアーレン・エスカーペタ、4番目に死亡する主人公の上司デヴィッド・ケックナー、目の手術をして3番目に死亡するジャクリーン・マッキネス・ウッド、マッサージ・スパで2番目に死亡するP・J・バーン、検死官である謎の男役でシリーズの顔とも言えるトニー・トッド、ネイサン(アーレン・エスカーペタ)と揉める作業員ブレント・ステイトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020