4213 Movies

華氏451 Fahrenheit 451 (1966)

  •  
  • 11
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1953年に発表された、レイ・ブラッドベリ小説”華氏451”を基に製作された作品。
全てが機械化されている未来、書物を”悪”としてそれを焼却することが任務だった消防士の心の乱れや変化を描く、監督、脚本フランソワ・トリュフォー、主演オスカー・ウェルナージュリー・クリスティシリル・キューザック他共演のSFドラマ。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:フランソワ・トリュフォー
製作:ルイス・M・アレン
原作:レイ・ブラッドベリ華氏451
脚本
フランソワ・トリュフォー

ジャン=ルイ・リシャール
撮影:ニコラス・ローグ
編集:トム・ノーブル
音楽:バーナード・ハーマン

出演
ガイ・モンターグ:オスカー・ウェルナー

リンダ・モンターグ/クラリス:ジュリー・クリスティ
消防隊長:シリル・キューザック
ファビアン/女性の校長:アントン・ディフリング
スタンダールの”アンリ・ブリュラールの生涯”を暗記する男性:アレックス・スコット
婦人:ビー・ダッフェル
小学生:マーク・レスター

イギリス/フランス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1966年製作 112分
公開
イギリス:1966年9月16日
フランス:1966年9月15日
北米:1966年11月14日
日本:1967年12月20日
製作費 $1,500,000
北米興行収入 $1,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
全てが機械化されている時代。
消防士ガイ・モンターグ(オスカー・ウェルナー)やファビアン(アントン・ディフリング)らは、隊長(シリル・キューザック)の指揮下である家に向かう。

モンターグらは、照明器具やテレビ内などに隠されていた書物を発見して、それを持ち去り火炎放射器で焼き払う。

隊長はモンターグを呼び寄せて、昇進が近いことを知らせ、消防隊はその場を去る。

帰宅途中のモノレール内で、近所に住むクラリス(ジュリー・クリスティ)に話しかけられたモンターグは、自分の妻が彼女に似ていることや、紙が燃える温度が”華氏451”であることなどを教える。

クラリスは、消防士のモンターグに、かつての仕事は本を焼くことではなく、火を消すことだったことを確認する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
全てが機械化されている未来、人々はあらゆる情報をテレビから入手していた。
消防士のガイ・モンターグは、”悪”の根源である書物を焼き払う任務を遂行する毎日を送る。
ある日モンターグは、近所に住む女性クラリスと知り合い、単なる仕事だと割り切っていた本を焼くという行為に疑問を持ち始める。
モンターグは、妻リンダが情報化社会に完全に浸っていることも気になり、やがて本を手にして読み耽る日々を過ごすようになる。
隊長にも評価され昇進も近かったモンターグは、秘密の図書館を所有する婦人の家で、彼女が書物と共に焼身自殺するのを目の当たりにして心を乱す・・・。
__________

ヌーヴェルヴァーグを代表する監督として、既にキャリアを重ねていたフランソワ・トリュフォーが、読書愛好家の思いを逆手に取った斬新な演出を見せる一作。

”華氏451”とは紙の燃え始める温度(摂氏233度)。

SFを嫌う彼が、その要素を排除して製作したとは言うが、今観ると半世紀前の作品にしてはかなり先進的な映像に驚く。

現在の液晶テレビのようなものも登場する、色調のセンスなども興味深い内容と共に、その未来感の描写は注目だ。

しかしトリュフォーは、イギリス映画と言っていい本作で英語が苦手なため苦労したらしく、主演のオスカー・ウェルナーともトラブルが絶えなかったらしい。

アルフレッド・ヒッチコック作品などでお馴染みのバーナード・ハーマンの音楽が効果抜群であり、非常に印象に残る。

エリート消防隊員の心の変化を見事に演ずる、主人公のオスカー・ウェルナー、その妻と隣人の二役を演ずるジュリー・クリスティ、消防隊長のシリル・キューザック、隊員と、一瞬ではあるが女性学校長を演ずるアントン・ディフリング、書物を暗記している男性のアレックス・スコット、書物を大量に隠し持つ婦人のビー・ダッフェル、そしてマーク・レスターが小学生役で早く出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020