4216 Movies

バーニーズ・バージョン Barney’s Version (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

本能のままに生きてきた主人公の波乱の半生を描く、主演ポール・ジアマッティダスティン・ホフマンロザムンド・パイクミニー・ドライヴァーブルース・グリーンウッド他共演、監督リチャード・J・ルイスによるヒューマン・コメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・J・ルイス
製作:ロバート・ラントス
製作総指揮:マーク・マセルマン
原作:モーデカイ・リッチラーBarney’s Version
脚本:マイケル・コニーヴェス

撮影:ギイ・デュフォー
編集:スーザン・シプトン
音楽:パスクァーレ・カタラーノ

出演
バーニー・パノフスキー:ポール・ジアマッティ

イスラエル”イジー”パノフスキー:ダスティン・ホフマン
ミリアム・グラント・パノフスキー:ロザムンド・パイク
二番目の妻:ミニー・ドライヴァー
クララ・チャーノフスキー:レイチェル・レフィブレ
ブレア:ブルース・グリーンウッド
オハーン:マーク・アディ
バーナード”ブギー”モスコヴィッチ:スコット・スピードマン
チャーノフスキー:ソウル・ルビネック
マイケル・パノフスキー:ジェイク・ホフマン
ケイト・パノフスキー:アンナ・ホプキンス
TVドラマ監督1:アトム・エゴヤン
TVドラマ監督2:デヴィッド・クローネンバーグ
TVドラマ役者:ポール・グロス
リッツのウエイター:ドゥニ・アルカン
電車の車掌:テッド・コッチェフ

カナダ/イタリア 映画
配給 Entertainment One

2010年製作 134分
公開
カナダ:2010年12月24日
イタリア:2011年1月14日
北米:2011年1月14日
日本:2013年1月19日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $4,439,200
世界 $8,455,460


アカデミー賞 ■
第83回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モントリオール
テレビ・プロデューサーのバーニー・パノフスキー(ポール・ジアマッティ)は、親友バーナード”ブギー”モスコヴィッチ(スコット・スピードマン)と暮らしていた頃を思い出す。

1974年、ローマ
バーニーは、恋人のクララ・チャーノフスキー(レイチェル・レフィブレ)に妊娠したことを知らされ、気が進まないまま結婚を決意してブギーらに祝福される。

結婚式当日、かつてロシア人と結婚して名前を変えていなかったとクララに言われ驚きながら、バーニーは夫婦となることを誓う。

クララは出産するものの死産で、父親が自分でなかったことを知ったバーニーは彼女の元を去る。

バーニーは、叔父のコネでカナダのテレビ番組制作会社で働く考えをブギーに伝える。

その後、クララから数日前に手紙が届いていたことをブギーから知らされたバーニーは、彼女の元に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1997年に発表された、モーデカイ・リッチラー小説”Barney’s Version”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1975年、ローマ
バーニー・パノフスキーは親友ブギーと暮らしていたが、恋人クララに妊娠を知らされて気の進まないまま結婚する。
やがてクララは出産するが死産で、生まれた子供の父親が自分でないことを知ったバーニーは彼女の元を去る。
失意のクララは自殺し、バーニーはショックを受けるものの、その後、モントリオールでテレビ番組の制作会社に勤めて成功する。
バーニーは、あるユダヤ人の富豪令嬢を紹介されて結婚を決意する。
結婚式当日バーニーは、ミリアムという女性に心惹かれてしまう。
妻を置き去りにして、ミリアムを追ったバーニーは、彼女に愛を告げて駆け落ちしたいことを伝えてしまう・・・。
__________

ハリウッドの実力派スター競演のカナダ映画であり、ローマも舞台の一つで、異国の雰囲気漂う作品。

成功者ではあるが、酒に溺れる中年男を描く純粋なコメディ・タッチで始まる内容は、波乱とも言える、主人公の3度の結婚生活を重点に描きながら終盤はヒューマン・ドラマとして重々しい雰囲気となる。

30年以上の時代の変化などを描く中で、登場人物の老いる様子などを、フラッシュバックを使いながら見事に描写しているのも注目で、第83回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

魅力的なキャスティングではあるが、北米で拡大公開されることなく、商業的には成功した作品とは言えない。

社会的には成功者と描かれるものの、恋愛に一途なところが、良くも悪くもその運命を決める主人公を、キャリア最高とも言える渾身の演技で個性派ポール・ジアマッティが熱演している。

主人公の父親ダスティン・ホフマン、主人公の3番目の妻役ロザムンド・パイク、2番目の妻役7ミニー・ドライヴァー、最初の妻役のレイチェル・レフィブレ、3番目の妻と結婚をするブルース・グリーンウッド、刑事役のマーク・アディ、主人公の友人役スコット・スピードマン、最初の妻の父親ソウル・ルビネック、主人公の息子役でダスティン・ホフマンの実の息子ジェイク・ホフマン、主人公の娘アンナ・ホプキンス、TVドラマ監督のアトム・エゴヤン、同じくデヴィッド・クローネンバーグ、TVドラマの役者ドゥニ・アルカン、ウエイター役のドゥニ・アルカン、電車の車掌テッド・コッチェフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020