4350 Movies

フェイク Donnie Brasco (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1988年に発表された、物語で描かれる実際の潜入捜査を担当したジョセフ・D・ピストーネの自伝”Donnie Brasco: My Undercover Life in the Mafia”を基に製作された作品。
組織犯罪捜査の標的となったマフィアとFBIの潜入捜査官の友情と苦悩を描く、製作バリー・レヴィンソン、監督マイク・ニューウェル、主演アル・パチーノジョニー・デップマイケル・マドセンブルーノ・カービーアン・ヘッシュ他共演の実録犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧
アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・ニューウェル
製作
マーク・ジョンソン

バリー・レヴィンソン
ルイス・ディジャイモ
ゲイル・マトルー
製作総指揮
パトリック・マコーミック
アラン・グリーンスパン
原作
Donnie Brasco: My Undercover Life in the Mafia
ジョセフ・D・ピストーネ

リチャード・ウッドリー
脚本:ポール・アタナシオ

撮影:ピーター・ソーヴァ
編集:ジョン・グレゴリー
音楽:パトリック・ドイル

出演
ベンジャミン“レフティ”ルッジェーロアル・パチーノ

ジョー・ピストーネ/ドニー・ブラスコジョニー・デップ
ドミニク“ソニー・ブラック”ナポリターノマイケル・マドセン
ニコラス”ニッキー”サントラブルーノ・カービー
マギー・ピストーネ:アン・ヘッシュ
ポーリー・セルザーニ:ジェームズ・ルッソ
ティム・カーリー:ジェリコ・イヴァネク
ディーン・ブランドフォード:ジェリー・ベッカー
アルフォンゼ“ソニー・レッド”インデリカートロバート・ミアノ
アンソニー“ブルーノ”インデリカートブライアン・タランティーナ
リチャード”リッチー”ガッツォ:ロッコ・シスト
バーガー医師:ザック・グルニエ
FBI技術者:ティム・ブレイク・ネルソン
FBI技術者:ポール・ジアマッティ
トラフィカンテ:ヴァル・エイヴリー

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1997年製作 126分
公開
北米:1997年2月28日
日本:1997年11月15日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $41,909,760
世界 $124,909,760


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1978年11月、ニューヨークブルックリン
ギャングのベンジャミン“レフティ”ルッジェーロアル・パチーノ)は、仲間のドミニク“ソニー・ブラック”ナポリターノマイケル・マドセン)とニコラス”ニッキー”サントラブルーノ・カービー)、ポーリー・セルザーニ(ジェームズ・ルッソ)らと共にダイナーで話していた。

カウンターにいた宝石鑑定士だというドニー・ブラスコジョニー・デップ)に目をつけたレフティは、ブツの処理を頼めるかを考える。

ドニーに声をかけたレフティは、ダイヤの指輪を見せてさばいてほしいと頼むが、偽物だと言われて相手にされない。

気分を害したレフティは、ドニーを連れて指輪を渡した男の元に向う。

指輪が本物だと言い張る男を脅したドニーは、彼の”ポルシェ”を奪いレフティと共にその場を去る。

ドニーが気に入ったレフティだったが、一応、彼の車のカーステレオに盗聴器が仕掛けられていないかを調べる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1978年11月、ニューヨークブルックリン
ギャングのベンジャミン“レフティ”ルッジェーロは、宝石鑑定士だというドニー・ブラスコに目をつけて組織に入れる。
実はFBIの潜入捜査官だった”ドニー・ブラスコ”ことジョー・ピストーネは、それを本部に報告して捜査を続ける。
数十年も組織に尽くしたレフティだったが、年下のソニー・ブラックが縄張りを任されたため、自分が単なる駒に過ぎないことを嘆く。
組織内部の勢力争いが激しくなる中、レフティとの親交を深めながら捜査を続けて成果を上げるドニーだったが、その間、家族との生活を犠牲にしてきた彼は、それを妻マギーに非難されて苦悩する・・・。
__________

実在のマフィアとFBI捜査官を描く実録ドラマは、リアリズムを追及するマイク・ニューウェルの骨太の演出、アル・パチーノをはじめとした、実力派スターによる熱演で見応えある作品に仕上がっている。

組織犯罪壊滅のための捜査が主なるテーマなのだが、数十年も裏社会に生きながらもうだつの上がらないギャングと、過酷な潜入捜査で限界に達していく捜査官の苦悩を重点に描いているところがポイントだ。

北米興行収入は約4200万ドルに終わるが、全世界では約1億2500万ドルのヒットとなった。

第70回アカデミー賞では、脚色賞にノミネートされた。

主人公のベンジャミン“レフティ”ルッジェーロを演ずるアル・パチーノが、組織のために長年尽くすものの、単なる駒としか扱われないことを嘆く、哀愁漂う人間味のある主人公を好演している。

主演は実績のあるアル・パチーノに譲るものの、主人公と言っていい存在で潜入捜査官ジョー・ピストーネ/ドニー・ブラスコを演ずるジョニー・デップの熱演も光る。

マフィアそのものの雰囲気ではまり役を演ずるドミニク“ソニー・ブラック”ナポリターノマイケル・マドセン、その部下ニコラス”ニッキー”サントラブルーノ・カービー、同じくジェームズ・ルッソ、夫ジョー・ピストーネの仕事を理解し切れない妻を好演するアン・ヘッシュ、潜入捜査を補佐するFBI捜査官のジェリコ・イヴァネクジェリー・ベッカー、”リトル・イタリー”を仕切るアルフォンゼ“ソニー・レッド”インデリカートロバート・ミアノ、その息子アンソニー“ブルーノ”ブライアン・タランティーナマイアミの潜入捜査ロッコ・シスト、セラピストのザック・グルニエFBI技術者のティム・ブレイク・ネルソンポール・ジアマッティ、マイアミのボス、ヴァル・エイヴリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020