4511 Movies

アレックス・ライダー Stormbreaker (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アンソニー・ホロヴィッツのスパイ小説”Alex Rider”シリーズ(2000年~)の第1作”Stormbreaker”を基に製作された作品。
スパイだった叔父の跡を継ぎ国家の危機に立ち向かう少年の活躍を描く、監督ジェフリー・サックス、主演アレックス・ペティファーミッキー・ロークアリシア・シルヴァーストーンソフィー・オコネドービル・ナイダミアン・ルイスユアン・マクレガー他共演のアクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジェフリー・サックス
製作
マーク・サミュエルソン

アンドレアス・グロッシュ
スティーブ・クリスチャン

ピーター・サミュエルソン
原作:アンソニー・ホロヴィッツStormbreaker
脚本:アンソニー・ホロヴィッツ

撮影:クリス・シーガー
編集:アンドリュー・マックリッチー
音楽:アラン・パーカー

出演
アレックス・ライダー:アレックス・ペティファー

ダリアス・セイル:ミッキー・ローク
ジャック・スターブライト:アリシア・シルヴァーストーン
ジョーンズ:ソフィー・オコネドー
アラン・ブラント:ビル・ナイ
ヤッセン・グレゴヴィッチ:ダミアン・ルイス
サビーナ・プレジャー:サラ・ボルジャー
ナディア・ヴォール:ミッシー・パイル
イアン・ライダー – ユアン・マクレガー
首相:ロビー・コルトレーン
スミサーズ:スティーヴン・フライ
ウルフ:アシュリー・ウォルターズ
グリン:アンディ・サーキス
教師:リチャード・ハウ

イギリス/アメリカ/ドイツ 映画
配給
Entertainment Film Distributors(イギリス)
MGM(北米)
2006年製作 93分
公開
イギリス:2006年7月21日
北米:2006年10月13日
日本:2007年10月27日
製作費 £25,000,000
北米興行収入 $677,650
世界 $23,937,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
14歳のアレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)は、両親を亡くし、叔父のイアン・ライダー(ユアン・マクレガー)と暮らしていた。

銀行員のイアンは多忙で留守にすることが多く、その行動は謎だった。

そんなアレックスは、アメリカ人の家政婦のジャック・スターブライト(アリシア・シルヴァーストーン)に面倒をみてもらっていた。

クラスメイトのサビーナ・プレジャー(サラ・ボルジャー)週末の予定をに聞いたアレックスは、都合の悪い彼女と翌週の約束をして別れる。

途中、コーンウォールでの出張を終えて帰るというイアンからの連絡を受けたアレックスは帰宅する。

ある任務を終えたイアンは、追跡してきた者達を撃退するものの、ヘリコプターで現れた殺し屋ヤッセン・グレゴヴィッチ(ダミアン・ルイス)に銃撃される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン
14歳のアレックス・ライダーは、銀行員だった叔父イアンの事故死を知りショックを受ける。
実は”MI6”のスパイだったイアンは、任務中に殺害されたのだが、彼の上司ブラントとジョーンズは、イアンに武術や語学などを伝授されていたアレックスをスカウトする。
大富豪の実業家セイルが発明した夢のコンピューター”ストームブレイカー”が国内の学校に寄付されることになり、彼の行動を怪しんでいたブラントらは、イアンに潜入捜査を命じ、その際に彼は殺されたのだった。
厳しい訓練を受け、イアンの代役としてセイルの元に向かったアレックスは、彼に怪しまれながらも、殺し屋ヤッセンの情報や工場内部で行われていることをブラントに報告するのだが・・・。
__________

イギリスお得意のスパイ劇をコメディ・タッチで描く作品で、豪華スター競演が見所でもある。

007シリーズ”のパロディ的場面もある内容は、どちらかというとキッズ・ムービーであり、構成なども貧弱でややB級作品的な仕上がりが気になる。

ラストの雰囲気からして映画もシリーズ化を狙っている様子が窺えるが、批評家などには酷評され興行的な成功もなく、続編の製作は考えられないだろう。

多くの候補者から選ばれた”美少年”アレックス・ペティファーは、悪に立ち向かう主人公を熱演して奮闘はしている。
上記のように、キッズ・ムービーだと思えば、まずまずのアクション・シーンなどは楽しめる。

悪役のミッキー・ロークは、復活の兆しが見えてきた時期であり、過去の辛い思い出を引きずる大富豪を存在感ある演技で演じている。

名優ビル・ナイが、”MI6”の幹部でありながら、コメディとは言えお笑いに徹する演技は個人的に受け入れ難く、主人公に協力する家政婦のアリシア・シルヴァーストーンの役柄も今一というところだろうか。

MI6”の特別作戦局局長ソフィー・オコネドー、殺し屋ダミアン・ルイス、主人公のクラスメイト、サラ・ボルジャー、セイル(ミッキー・ローク)の部下ミッシー・パイルアンディ・サーキス、主人公の叔父ユアン・マクレガー、首相ロビー・コルトレーン、スパイの装備品担当スティーヴン・フライ、主人公と共に訓練を受ける特殊部隊隊員アシュリー・ウォルターズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021