4234 Movies

砂塵 Destry Rides Again (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

銃を手にすることなく法と秩序を守ろうとする保安官補の戦いを描く、監督ジョージ・マーシャル、主演マレーネ・ディートリッヒジェームズ・スチュアートブライアン・ドンレヴィ他共演の西部劇の傑作。


西部劇

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest
ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・マーシャル
製作:ジョー・パステルナーク
原作:マックス・ブランドDestry Rides Again
原案:フェリックス・ジャクソン
脚本
ゲートルード・パーセル
ヘンリー・マイヤーズ
撮影:ハル・モーア
編集:ミルトン・キャラス
音楽
チャールズ・プレヴィン
フランク・スキナー

出演
マレーネ・ディートリッヒ:フレンチー
ジェームズ・スチュアート:トーマス”トム”ジェファーソン・デストリーJr.
ブライアン・ドンレヴィ:ケント
チャールズ・ウィニンガー:ワシントン”ウォッシュ” ディムスデール
ミシャ・オウア:ボリス・キャラハン
ジャック・カーソン:ジャック・ティンドール
ウナ・マーケル:リーリー・ベル・キャラハン
トム・ファデン:レム・クラゲット
アレン・ジェンキンス:”ジップ”ワトソン
ウォーレン・ハイマー:”バグス”ワトソン
サミュエル・S・ヒンズ:スレード町長
アイリーン・ハーヴェイ:ジャニス・ティンドール
ヴァージニア・ブリサック:ソフィー・クラゲット
ディッキー・ジョーンズ:イーライ・ウィットリー・クラゲット
アン・E・トッド:クラゲットの娘
ジョー・キング:キーオ保安官

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1939年製作 94分
公開
北米:1939年12月29日
日本:1941年5月9日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
西部の町ボトルネック。
酒場”ラスト・チャンス”のオーナーである悪党のケント (ブライアン・ドンレヴィ)は、ポーカーでカモを見つける。

ケントは、酒場の歌手フレンチー(マレーネ・ディートリッヒ)に片棒をかつがせ、牧場主レム・クラゲット(トム・ファデン)から、牧場と牛を巻き上げてしまう。

イカサマだと言い張るクラゲットは酒場から追い出され、銃を手にして戻ろうとする。

クラゲットから事情を聞いたキーオ保安官(ジョー・キング)は銃を奪い、自分任せろと言って彼を落ち着かせる。

キーオは酒場の二階にいるケントの元に向かい、銃声を聴いたフレンチーは、その場にいたスレード町長(サミュエル・S・ヒンズ)に、新しい保安官が必要だと伝える。

その後、ステージに立ったフレンチーは歌い、男たちを魅了する。

フレンチーに代わりステージに上がったケントは、スレードから発表があると客に伝える。

急務のためにキーオが町を離れたので後任を選ぶと言うスレードは、飲んだくれのワシントン”ウォッシュ” ディムスデール(チャールズ・ウィニンガー)を保安官に任命する。

かつて、名保安官のデストリーの助手だったと言いふらしていたウォッシュだったが、皆にからかわれる。

しかし、正義感に燃えたウォッシュは、酒を断ち法と秩序を守ると言って、デストリーの息子トーマス”トム”ジェファーソン(ジェームズ・スチュアート)を保安官補として迎えることを皆に伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
西部の町ボトルネック。

酒場のオーナーで悪党のケントは、酒場の歌手フレンチーに片棒をかつがせて、クラゲットの牧場を奪ってしまう。
それに気づいた保安官キーオは姿を消し、悪徳町長のスレードはケントと共謀し、飲んだくれウォッシュを保安官に任命する。
突然、正義感に燃えたウォッシュは、名保安官だったデストリーの息子デストリーJr.を保安官補にするために彼を町に呼び寄せる。
しかし、町に現れたデストリーは予想外の優男で、人々に笑われてしまう。
脅しをかけるケントに動ずることなく、じゃじゃ馬フレンチーも相手にしないデストリーは、丸腰で酒場の揉め事を鎮めてしまう。
弱腰だと落胆するウォッシュの意見を気にしないデストリーは、新しい方法で悪を懲らしめてみせると誓うのだが・・・。
__________

1930年に発表された、マックス・ブランドの小説”Destry Rides Again”を基に製作された作品であり、1932年の同名作品のリメイク。

善と悪がはっきりした明快なストーリー、テンポの良いジョージ・マーシャルの演出は、小気味よく痛快で実に楽しい。

1996年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

邦題「砂塵」は硬いイメージなのだが、原題の”Destry Rides Again”という勇ましいタイトルもいい。
(デストリー再び悪に立ち向かう!!)

主演のマレーネ・ディートリッヒのじゃじゃ馬振りは豪快であり、存分に披露する歌やパフォーマンスも楽しめる。
また、”デストリー”(ジェームズ・スチュアート)に惹かれながら彼を助けて命を落とすクライマックスも泣かせてくれる。

我が家の楽園」(1938)、「スミス都へ行く」(1939)、「フィラデルフィア物語」(1940)と、飛ぶ鳥を落とす勢いだったジェームズ・スチュアートの、彼らしい飄々とした好青年ぶりは役柄にぴったりであり、好感度は抜群だ。

また、ジェームズ・スチュアートの細身の長身が妙に目立ち、拳銃の腕を披露する場面の撃ち方などが様になっていないところがまた可笑しい。

町を牛耳る酒場のオーナーで悪党のブライアン・ドンレヴィも、正にはまり役で、正義感に燃える酔っ払い保安官のチャールズ・ウィニンガーも実に愉快な演技を見せてくれる。

異彩を放つユーモラスなロシア人で保安官補になるミシャ・オウア、その妻ウナ・マーケル、デストリーに協力する荒っぽい男ジャック・カーソン、その妹でデストリーと恋仲になるアイリーン・ハーヴェイ(歌手ジャック・ジョーンズの母)、ケント(ブライアン・ドンレヴィ)に牧場を奪われるトム・ファデン、その妻ヴァージニア・ブリサック、その息子ディッキー・ジョーンズ、娘のアン・E・トッド、ケントの手下アレン・ジェンキンスとその弟ウォーレン・ハイマー、悪徳町長サミュエル・S・ヒンズ、冒頭で殺される保安官ジョー・キングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020