4233 Movies

我が家の楽園 You Can’t Take It With You (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ジョージ・S・カウフマンモス・ハートブロードウェイ舞台劇を、ロバート・リスキンが脚色した、製作、監督フランク・キャプラ、主演ジーン・アーサーライオネル・バリモアジェームズ・スチュワートエドワード・アーノルドアン・ミラー共演によるヒューマン・コメディ・ドラマの傑作。


ドラマ(ヒューマン)

ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・キャプラ
製作:フランク・キャプラ
原作:
ジョージ・S・カウフマン(戯曲)
モス・ハート(戯曲)
脚色:ロバート・リスキン
撮影:ジョセフ・ウォーカー

編集:ジーン・ハヴリック
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ジーン・アーサー:アリス・シカモア
ライオネル・バリモア:マーティン・ヴァンダーホフ
ジェームズ・スチュワート:トニー・カービー
エドワード・アーノルド:アンソニー・P・カービー
アン・ミラー:エシー・カーマイケル
ミシャ・オウア:ボリス・コレンコフ
スプリング・バイントン:ペニー・シカモア
ドナルド・ミーク:ポピンズ
ダブ・テイラー:エド・カーマイケル
メアリー・フォーブス:カービー夫人
サミュエル・S・ハインズ:ポール・シカモア
H・B・ワーナー:ラムゼイ
ホーリウェル・ホブス:デピンナ
チャールズ・レイン:ウィルバー・G・ヘンダーソン
エディー・アンダーソン:ドナルド
クラレンス・ウィルソン:ジョン・ブレークリー
イアン・ウォルフ:カービーの秘書
ハリー・ダヴェンポート:判事
ウォード・ボンド:マイク(刑事)

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1938年製作 126分
公開
北米:1938年8月23日
日本:1939年
製作費 $1,644,740


アカデミー賞 ■
第11回アカデミー賞
・受賞
作品・監督賞
・ノミネート
助演女優(スプリング・バイントン)
脚本・編集・撮影・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
銀行家のアンソニー・P・カービー(エドワード・アーノルド)は、軍需工場拡大に伴う工場敷地買収で、ある頑固な一家に梃子摺っていた。

仲介していた不動産業者ジョン・ブレークリー(クラレンス・ウィルソン)も、それには困り果てていたのだが、そこに家主であるマーティン・ヴァンダーホフ(ライオネル・バリモア)が現れる。

ヴァンダーホフは帳簿の検算をしていたポピンズ(ドナルド・ミーク)をつかまえ、今の仕事が楽しいかを尋ねる。

ポピンズは、当然、仕事と割り切っていると答えるのだが、彼は、寝食を忘れて没頭できる、何よりも好きなおもちゃ作りのことをヴァンダーホフに話す。

ヴァンダーホフは、自分の家族は、好き勝手に思い思いのことをしていることを伝えて、ポピンズを、家族として招き入れようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
銀行家カービーは、事業拡大に伴う土地買収で、ある一軒の家の主がそれに抵抗していることに頭を悩ます。
その家の家長ヴァンダーホフは、夢のある人物を家族として招き入れてしまう楽天家だった。
そんなヴァンダーホフの孫娘アリスが、カービーの息子トニーと恋仲だったために、両家が微妙な関係となる。
ヴァンダーホフは、分け隔てない人物だったが、富豪であるカービーは地位にこだわり、しかも、相手の家族が自分の悩みの種だと知り心穏やかではいられない。
そんな両家は、アリスの提案で顔を合わせることになるのだが、トーニーの、家族のありのままを見せようとしたアイデアが裏目に出てしまい、事はさらに複雑になる・・・。
__________

まず、一人一人が意味を持つ、登場人物の多さに驚かされる。

その各人の個性を引き出し見事にまとめ上げ、単純明快にして、人生とは何たるかを教えてくれる。
それが、押し付けがましくもなく描かれているところも、いかにもフランク・キャプラらしい演出で心豊かになる作品だ。

原題”You Can’t Take It With You” (それを持って行くことはできない)、ドラマ中のセリフにもあるが、金はいくら稼いでも、あの世には持ってはいけない、また金で人の心を買うことも出来ないという、痛烈な皮肉でもある。

後年とは大分雰囲気の違う、ディミトリ・ティオムキンの楽しい音楽も今見ると実に新鮮だ。

第11回アカデミー賞では、作品、監督賞を受賞した。
・ノミネート
助演女優(スプリング・バイントン)
脚本・編集・撮影・録音賞

悟りを開く老主人ライオネル・バリモアと、金と権力で人々を支配するエドワード・アーノルドとの、クライマックスの友情は実の微笑ましい。

気の強いジーン・アーサージェームズ・スチュワートの御曹司ぶりも正に適役だ。
実際にはジーン・アーサーの方が8歳も年上で、姉さん女房的雰囲気の彼女にジェームズ・スチュワートが圧倒されているところも注目だ。

また、鉛筆のようなノッポのジェームズ・スチュワートが妙に印象に残る。

まだ15歳のアン・ミラーが、天才ダンサーの片鱗を見せているが、作品中では教師ミシャ・オウアに見込みがないと見られている。
どう見ても少女にしか見えない彼女が、実際は母親の年齢のジーン・アーサーの姉役というのも面白い。

アン・ミラーが23歳も年下。

翌年「駅馬車」(1939)の乗客役で活躍する、発明家ドナルド・ミークも、なかなかいい役で出演している。

主人公の母スプリング・バイントン、父サミュエル・S・ハインズ、娘婿ダブ・テイラー、カービー(E・アーノルド)夫人メアリー・フォーブス、カービーのライバル、H・B・ワーナー、秘書イアン・ウォルフ、家族の一員ホーリウェル・ホブス、国税局員チャールズ・レイン、家族の使用人エディー・アンダーソン、不動産業者クラレンス・ウィルソン、判事ハリー・ダヴェンポート、そして、刑事ウォード・ボンドなど、名バイプレイヤー競演の豪華配役も嬉しい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020