4260 Movies

おとなの恋は、まわり道 Destination Wedding (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

空港で出会い同じリゾート・ウェンディングに向かう男女が反発し合いながらも恋に落ちる姿を描く、ウィノナ・ライダーキアヌ・リーブス共演、ヴィクター・レヴィン監督脚本によるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ヴィクター・レヴィン

製作
エリザベス・デル
ゲイル・ライオン
ロバート・ジョーンズ
製作総指揮
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ジェームズ・ハリス
マーク・レーン
デヴィッド・ダイナースタイン
ジェイソン・レスニック
ウィリアム・サドライエ
カシアン・エルウィズ
ジーン・ワイマン
脚本:ヴィクター・レヴィン
撮影:ジョルジョ・スカリ
編集:マット・マドックス
音楽:ウィリアム・ロス

出演
リンジー: ウィノナ・ライダー
フランク: キアヌ・リーブス
花嫁: DJ・ダレンバック
花婿: テッド・デュボスト

アメリカ 映画
配給 Regatta
2015年製作 85分
公開
北米:2018年8月31日
日本:2018年12月7日
製作費 $5,000,000
世界 $2,183,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア
異父弟のリゾート・ウェディングに招待されたフランク(キアヌ・リーブス)は、空港の搭乗口でリンジー(ウィノナ・ライダー)と出会い、その場で揉める。

搭乗したフランクは、リンジーの隣の席だったためにウンザリする。

パソロブレスヌ向かう二人は、互いにキースとアンのリゾート・ウェディングに出席することを知り驚く。

6年前にキースと婚約していたリンジーは、フランクの噂を聞いていたために先が思いやられる。

飛行場にに着いたフランクとリンジーは、迎えの車でホテルに向かう。

二人は、隣同士の部屋の続き部屋だったことに気づき、ドアに鍵をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア
異父弟のリゾート・ウェディングに招待されたフランクは、空港でリンジーと出会い揉めてしまう。
リンジーと飛行機も同席だったフランクは、パソロブレスの同じ結婚式に向かう彼女が、新郎と付き合っていたことを知り驚く。
反発し合う二人は、現地に着きホテルに着いても隣り部屋であり、リハーサル・ディナーでも同席だったためにウンザリしてしまうのだが・・・。
__________

ドラキュラ」(1992)、「スキャナー・ダークリー」(2006)、「50歳の恋愛白書」(2009)に続き4度目の共演となるキアヌ・リーブスウィノナ・ライダーによる、反発し合いながらも恋に落ちる男女を描くロマンチック・コメディ。

主人公のキアヌ・リーブスウィノナ・ライダー以外の役者は、画面に登場しているだけでまったくセリフがなく二人に干渉しない。
二人だけの会話で進行していく物語は、内容は違うものの「ビフォア・サンライズ」(1995)シリーズを思い起こさせる構成となっている。

実年齢はキアヌ・リーブスが50代とウィノナ・ライダーが40代のそれぞれ後半という中年なのだが、若さを感じさせる二人は実に魅力的だ。

批評家の評価は低く興行的にも振るわなかったものの、二人のファンにとっては見逃せない作品でもある。

不躾で偏屈な男性を演ずるキアヌ・リーブスの風貌は”ジョン・ウィック”そのままであり、キュートな雰囲気を感じさせるウィノナ・ライダーも魅力的だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020