4214 Movies

50歳の恋愛白書 The Private Lives of Pippa Lee (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

劇作家アーサー・ミラーの娘であるダニエル・デイ=ルイス夫人レベッカ・ミラーの小説の映画化で、彼女自身が監督、脚本を担当した作品。
老いる夫の今後を不安視する妻の揺れる心を描く、製作総指揮ブラッド・ピット、主演ロビン・ライトアラン・アーキンキアヌ・リーヴスウィノナ・ライダーマリア・ベロジュリアン・ムーア他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:レベッカ・ミラー
製作総指揮
ブラッド・ピット

ジル・フットリック
ジャン=リュック・デ・ファンティ
製作
デデ・ガードナー

レモア・シヴァン
原作:レベッカ・ミラー
脚本:レベッカ・ミラー
撮影:デクラン・クイン
編集:ザビーネ・ホフマン
音楽:マイケル・ロハティン

出演
ピッパ・リー:ロビン・ライト

ハーブ・リー:アラン・アーキン
クリス・ナドー:キアヌ・リーヴス
サンドラ・ダレス:ウィノナ・ライダー
スーキー・サーキシアン:マリア・ベロ
サム・シャピロ:マイク・バインダー
グレース・リー:ゾーイ・カザン
ジジ・リー:モニカ・ベルッチ
ベン・リー:ライアン・マクドナルド
ピッパ・サーキシアン:ブレイク・ライヴリー
カット:ジュリアン・ムーア
ドット・ナドー:シャーリー・ナイト
トリッシュ:ロビン・ワイガート

アメリカ 映画
配給 Screen Media Films
2009年製作 98分
公開
北米:2009年11月27日
日本:2010年2月5日
北米興行収入 $337,360
世界 $2,740,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
50歳のピッパ・リー(ロビン・ライト)は、30歳年上のベストセラー作家の夫ハーブ(アラン・アーキン)と、コネチカットの新居に移る。

自身も心ではそう思いながら、死を迎える土地だと考えるハーブを、ピッパは優しく励ます。

出生時に、毛深かったという問題などを抱えながら成長したピッパは、奔放だが薬物依存症の母スーキー・サーキシアン(マリア・ベロ)に育てられたという過去があった。

ある日、隣人ドット・ナドー(シャーリー・ナイト)がピッパを訪ね、離婚した35歳の息子クリス(キアヌ・リーヴス)が戻ってくるということを知らされる。

そんな時、夜中にキッチンが荒らされ、冷蔵庫に靴下が入れられるなど、ハーブが原因と思われる出来事が起き、ピッパは夫の老い先を不安に思う。

数日後、クリスの歓迎パーティーに招待されたピッパだったが、彼が部屋に引き篭もってしまったことを知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
50歳になるピッパ・リーは、30歳年上の人気作家の夫ハーブと、老人の多く住む街に移り住む。
ハーブの老い先を不安視するピッパだったが、自分が夢遊病の疑いがあることに気づく。
そんな時ピッパは、心を閉ざす隣人の息子クリスに出会う。
ハーブを気遣う気持ちが、空振りしてしまうピッパは、自分なりに日々を楽しむ方法を見つけようとする。
しかし、自分を年寄り扱いするピッパの態度が気に障るハーブは、友人のサンドラと浮気し、結婚すると言い出してしまう・・・。
__________

ブラッド・ピットも製作にかかわり、豪華実力派スターの競演が注目の作品だが、商業ベースには乗らず、拡大公開もされなかった。

群像ドラマとまではいかないが、多くの登場人物の個性を丹念に描く、原作者でもあるレベッカ・ミラーの演出手腕が見所だ。

邦題同様、50歳の理想の妻が、15歳年下の男性と出会い恋に落ちる恋愛物語のような宣伝をされたが、心に傷を負い苦悩する女性の生き様を描いた人間ドラマである。

非の打ち所がないセレブな雰囲気で登場するロビン・ライトは、荒れた青春期が衝撃的に描かれる中盤あたりから、空虚な人生に気づき悩む女性を、深みのある演技で好演しドラマを支えている。

イメージとは違う、穏やかなインテリ作家役のアラン・アーキンは、老人扱いされて浮気をするその原因を、言葉を荒げながら語る、彼の本領が発揮されるシーンを見て妙にホッとしてしまう。

10代の主人公を演ずる、テレビ・シリーズ”ゴシップガール”のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役で人気のブレイク・ライヴリー、その母親役マリア・ベロの、体を張った熱演が印象に残る。

主人公と心通い合う隣人の青年で、実際はロビン・ライトより年上のキアヌ・リーヴス、その母シャーリー・ナイト、主人公達の友人の作家マイク・バインダーとパートナー役のウィノナ・ライダー、主人公達の娘ゾーイ・カザン、息子のライアン・マクドナルド、叔母ロビン・ワイガート、そのルームメイトのジュリアン・ムーア、ハーブ(A・アーキン)の前妻モニカ・ベルッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020