4233 Movies

BUG/バグ Bug (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1996年に初演された、トレイシー・レッツの舞台劇”Bug”を基に製作された作品。
元夫から逃れて暮らす女性と体内に虫を埋め込まれたと思い込む男性の異常な体験を描く、監督ウィリアム・フリードキン、主演アシュレイ・ジャッドマイケル・シャノンリン・コリンズハリー・コニックJr.ブライアン・F・オバーン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・フリードキン
製作
ホリー・ウィーアズマ
キンバリー・C・アンダーソン
マルコム・ペタル
ゲイリー・ハッカベイ
マイケル・バーンズ
アンドレアス・シャルト
製作総指揮
マイケル・オホーヴェン
ジム・セイベル
原作:”Bugトレイシー・レッツ(戯曲)
脚本:トレイシー・レッツ
撮影:マイケル・グレイディ
編集:ダーリン・ナヴァロ
音楽:ブライアン・タイラー

出演
アグネス・ホワイト:アシュレイ・ジャッド
ピーター・エヴァンス:マイケル・シャノン
R.C.:リン・コリンズ
ジェリー・ゴス:ハリー・コニックJr.
スウィート医師:ブライアン・F・オバーン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2006年製作 102分
公開
北米:2007年5月25日
日本:2008年7月5日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $7,025,800
世界 $8,095,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ある部屋に死体が横たわる。
__________

オクラホマ州。
田舎町の安モーテルで暮らす、ゲイバーのウェイトレス、アグネス・ホワイト(アシュレイ・ジャッド)は、何度もかかってくる無言電話にウンザリしていた。

出所したはずの暴力的な元夫ジェリー・ゴス(ハリー・コニックJr.)からの電話だと思い、アグネスは怯える日々を送っていた。

買い物に出かけたアグネスは、失踪した息子ロイドのことを考える。

ある夜アグネスは、バーの同僚でレズビアンのR.C.(リン・コリンズ)が連れて来た、元兵士だと言う流れ者のピーター・エヴァンス(マイケル・シャノン)を紹介される。

ドラッグと酒を楽しんだアグネスは、無口なピーターを気にしながら、R.C.にジェリーの電話のことを話す。

用事ができたR.C.は帰り、去ろうとするピーターと話をしたアグネスは、女は苦手で興味がないと言う彼と過ごすことにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
オクラホマ州。
田舎町の安モーテルで暮らすアグネス・ホワイトは、10年前に息子が失踪したことで苦しんだ過去を持ち、暴力的な元夫ジェリーの出所を気にしながら怯える日々を過ごしていた。
ゲイバーで働くアグネスは、同僚で友人のR.C.から流れ者の元兵士のピーターを紹介され、無口で真面目そうな彼と親交を深める。
アグネスの部屋で虫に噛まれたピーターは、それを駆除するために異常な行動を始め、軍が関係する秘密をアグネスに打ち明けるのだが・・・。
__________

鬼才ウィリアム・フリードキンが、脚本を兼ねるトレイシー・レッツの舞台劇”Bug”を基に演出した作品。

元夫の暴力から逃れて暮らす女性と、体内に虫を埋め込まれたと思い込む男性の異常な行動を描くホラー。

トラブルの予感を感じさせながらも、穏やかな雰囲気で始まる物語は、主人公の元に現れた平凡そうに見える男性の登場から緊張感が高まる。

男性に感化された主人公は、次第に異常な世界に紛れ込み、現実と虚構の区別がつかないまま、最悪の事態が起こりドラマは終わる。

クライマックスの主人公二人の”激突”、演技のぶつかり合いは見ものであり、凄まじい迫力で描写するウィリアム・フリードキンの演出は注目だ。

冒頭で、アルミホイルの部屋に横たわる医師の死体が数秒間映し出され、エンドクレジットでは、主人公の無傷の部屋の床にある息子のオモチャが描写される、結局は、どちらが”現実”を示しているかは不明のまま終わり、観客それぞれの考えで判断させようとしている。

主演のアシュレイ・ジャッドは、様々な問題を抱えながら異常な世界に引き込まれる女性を見事に演じ、彼女と親交を深める役のマイケル・シャノンは、平凡な男性から異常者に変貌する男性を熱演している。

マイケル・シャノンの祖父は、著名な昆虫学者のレイモンド・コーベット・シャノンである。

ゲイバーで働く主人公の同僚で友人のリン・コリンズ、ピーター(マイケル・シャノン)の主治医ブライアン・F・オバーン、主人公の元夫ハリー・コニックJr.などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020