4233 Movies

グリーン・カード Green Card (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

永住権/グリーン・カードと居住権を手にれるために偽装結婚したフランス人男性と園芸家の女性の奇妙な恋を描く、製作、監督、脚本ピーター・ウィアー、主演ジェラール・ドパルデューアンディ・マクダウェルビビ・ニューワースグレッグ・エデルマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ウィアー

製作
ピーター・ウィアー
ジャン・ゴンチェ
ダンカン・ヘンダーソン
製作総指揮:エドワード・S・フェルドマン
脚本:ピーター・ウィアー
撮影:ジェフリー・シンプソン
編集:ウィリアム・M・アンダーソン
音楽:ハンス・ジマー

出演
ジョージ・フォーレ:ジェラール・ドパルデュー
ブロンティ・パリッシュ:アンディ・マクダウェル
ローレン・アドラー:ビビ・ニューワース
フィル:グレッグ・エデルマン
弁護士:ロバート・プロスキー
ゴルスキー:イーサン・フィリップス
シーハン:メアリー・ルイーズ・ウィルソン
パリッシュ夫人:ロイス・スミス
パリッシュ:コンラッド・マクラレン
ペギー:アン・ダウド
ラリー・ライト:ラリー・ライト
オスカー:ダニー・デニス
ハリー:ジョン・スペンサー
アントン:ロナルド・ガットマン

アメリカ/フランス/オーストラリア 映画
配給 ブエナビスタ
1990年製作 107分
公開
北米:1990年12月23日
日本:1991年7月26日
製作費 $12,500,000
北米興行収入 $29,888,240


アカデミー賞
第63回アカデミー賞

・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
園芸家でエコロジー活動にも熱心なブロンティ・パリッシュ(アンディ・マクダウェル)は、アントン(ロナルド・ガットマン)の仲介で、”グリーン・カード/永住権”を得たいフランス人のジョージ・フォーレ(ジェラール・ドパルデュー)と偽装結婚をする。

アントンから結婚証明書を受け取りジョージと別れたブロンティは、アパートの居住権を得るためにバード夫人ら管理組合員と話をする。

結婚証明書を見せたブロンティは、音楽家の夫がアフリカにいることを話し、目的だった温室を自分なら管理できることを力説して居住権を得る。

貧困地域に緑を増やすボランティア活動の作業を終えたブロンティは、恋人であるフィル(グレッグ・エデルマン)や仲間のハリー(ジョン・スペンサー)らと共にレストランで食事をする。

ジョージがウェイターとして働いていることに気づいたブロンティは、戸惑いながら彼から注文を訊かれる。

翌日ブロンティは、訪ねて来た移民局の調査員ゴルスキー(イーサン・フィリップス)から、ジョージとの結婚を確認したいと言われたためにレストランに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
園芸家でエコロジー活動にも熱心なブロンティは、独身では許されない居住権を得るために、永住権/グリーン・カードがほしいフランス人のジョージ・フォーレと偽装結婚をする。
結婚証明書を手に入れてジョージと別れたブロンティだったが、移民局員に調査されることになり焦る。
レストランのウェイターをクビになったジョージを捜したブロンティは、現れた彼にそれを伝え、弁護士の指示に従い暫く一緒に暮らすことになるのだが・・・。
__________

既に話題作を何作も手掛け、「刑事ジョン・ブック 目撃者」(1985)と「いまを生きる」(1989)でアカデミー監督賞にノミネートされたピーター・ウィアーが、製作と脚本を兼ねて監督した意欲作。

永住権/グリーン・カードがほしいフランス人男性と、居住権が欲しい園芸家の女性が偽装結婚し、そのために起きるトラブルと恋を描くロマンチック・コメディ。

人間味はあるがガサツなフランス人と、ボランティア活動をする園芸家の女性、偽装結婚だけの付き合いのはずが同居することになり、問題勃発必死という展開が実に愉快に描かれている。

ピーター・ウィアーの軽快な演出と味のある脚本により十分に楽しめる内容であり、全く釣り合いそうもない主人公を演ずる二人の見事な演技も注目だ。

ピーター・ウィアーは、第63回アカデミー賞で脚本賞にノミネートされた。

これがハリウッド初登場となる、持ち味を活かした好演が光る主人公を演ずるジェラール・ドパルデュー、人間味のある彼に次第に惹かれていく偽装結婚の相手アンディ・マクダウェル、彼女の友人で主人公を気に入るビビ・ニューワース、ブロンティ(アンディ・マクダウェル)の恋人グレッグ・エデルマン、ブロンティが相談する弁護士ロバート・プロスキー、主人公を疑う移民局員イーサン・フィリップス、同じくメアリー・ルイーズ・ウィルソン、ブロンティの両親ロイス・スミスとコンラッド・マクラレン、ストリート・ドラマーのラリー・ライト、アパートの管理人ダニー・デニス、ブロンティの活動家仲間ジョン・スペンサー、主人公二人の仲介者ロナルド・ガットマン、他アン・ダウドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020