4234 Movies

あの日の指輪を待つきみへ Closing the Ring (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある家族とその友人に関わる50年前の秘密が、”指輪”の発見によって明かされるまでを描く、製作、監督リチャード・アッテンボロー、主演シャーリー・マクレーンクリストファー・プラマーミーシャ・バートンネーヴ・キャンベルピート・ポスルスウェイトブレンダ・フリッカー他共演のドラマ。


ドラマ

シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・アッテンボロー
製作
ジョー・ギルバート

リチャード・アッテンボロー
製作総指揮
ジェフ・アッバリー

ジュリア・ブラックマン
ジェイミー・カーマイケル
グレアム・ベッグ
アンドリュー・ヒルデブランド
脚本:ピーター・ウッドウォード
撮影:ロジャー・プラット
編集:レスリー・ウォーカー
音楽:ジェフ・ダナ

出演
エセル・アン・ロバーツ・ハリス:シャーリー・マクレーン

ジャック・エッティ:クリストファー・プラマー
エセル・アン・ロバーツ(若年期):ミーシャ・バートン
テディ・ゴードン:スティーヴン・アメル
マリー・ハリス:ネーヴ・キャンベル
マイケル・クィンラン:ピート・ポスルスウェイト
エレノア・ライリー:ブレンダ・フリッカー
ジャック・エッティ(若年期):グレゴリー・スミス
チャック・ハリス:デヴィッド・アルペイ
ジミー・ライリー:マーティン・マッキャン
ピーター・エティ:アラン・ホウコー
マイケル・クィンラン(若年期):ジョン・トラヴァース

イギリス/カナダ/アメリカ 映画
配給 The Works Distribution
2007年製作 118分
公開
イギリス:2007年12月28日
カナダ:2008年8月1日
北米:2009年1月22日
日本:2008年7月19日
製作費 $23,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1991年、ミシガン州、ブラナガン。
第二次大戦の退役軍人であるチャック・ハリスの葬儀が行わる。

娘のマリー(ネーヴ・キャンベル)は弔辞を述べるのだが、母親エセル・アン(シャーリー・マクレーン)は、教会の席に着こうともしない。

エセルとチャックの友人である、同じ退役軍人のジャック・エッティ(クリストファー・プラマー)は彼女を気遣う。

北アイルランドベルファスト
丘を散歩していた青年ジミー・ライリー(マーティン・マッキャン)は、その場を掘りおこす老人マイケル・クィンラン(ピート・ポスルスウェイト)に追い払われる。

しかし、ジミーを呼び止めたクインランは、”過去”を掘り起こしていると言ってそれを手伝わせる。

ブラナガン。
葬儀と埋葬も終わり、ジャックが、戦友に敬意を表して戦闘機で上空を飛行する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1991年、ミシガン州、ブラナガン。
退役軍人の夫の死を悲しむことのないエセル・アン・ハリスは、彼女の真意を理解できない娘のマリーから、その理由を聞かれる。
”自分の人生は21歳で終わった”と言うエセルは、まともに答えようとせず、両親の友人で同じ退役軍人のジャックも、その件について口を閉ざす。
その頃、北アイルランドベルファストで、老人クインランが、50年前に丘に墜落した米軍機B-17の破片を掘り起こしていた。
それに興味を持った青年ジミーは、クインランを手伝い、ある日、搭乗員の遺品と思われる指輪を見つける。
ジミーはそれをクインランに知らせるが、指輪を見た彼は、動揺して涙する・・・。
__________

予備知識が全くないまま観ると、この邦題では、単なる恋愛映画しか連想できない・・・。
しかし、ドラマチックな物語は、サスペンスの要素も含む複雑なロマンスであり、その内容に驚かされる。

80歳を超えたとは思えない、リチャード・アッテンボローらしい丁寧な演出、輝かしい芸歴を誇るベテラン俳優達の重厚な演技など、見応え十分な作品に仕上がっている。

謎が解明されるように展開する、度々挿入されるフラッシュバック、その主人公達を演ずる若手スター達の演技も新鮮で、丁寧に描かれているところも注目だ。

IRAのテロを登場させ、北アイルランドの政情までを描写するのは、欲張り過ぎのようにも思えたが、それが主人公にどう関わっていくかなどの描写も、なかなかうまい演出だ。

50年間の心の重荷から解放され、ラストでしか笑顔を見せない、謎を秘めた老女を演ずるシャーリー・マクレーン、彼女を愛し見守り続けながら、辛い日々を過ごし、新たな恋の始りに喜びを隠せない、ラストの表情が印象的な名優クリストファー・プラマー、主人公の若年期を印象深く演ずる美しいミーシャ・バートン、恋人のスティーヴン・アメル、秘密を知らずに母親を理解できない主人公の娘ネーヴ・キャンベル、墜落現場にいち早く向かい、”秘密”を探し求める人生を送る老人を好演するピート・ポスルスウェイト、彼に協力して指輪を見つけ、主人公達の人生に大きく関わる青年マーティン・マッキャン、その祖母ブレンダ・フリッカー、主人公の友人ジャック(C・プラマー)の若年期グレゴリー・スミス、主人公の夫デヴィッド・アルペイ、ジャックの息子役アラン・ホウコー、クインラン(P・ポスルスウェイト)の若年期ジョン・トラヴァースなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020