4239 Movies

華麗なる週末 The Reivers (1969)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1962年に発表された、ウィリアム・フォークナーの”The Reivers”を基に製作された作品。
アメリカ南部を舞台に、使用人と共に祖父の自動車を無断で借用した少年の様々な体験と心の成長を描く、主演スティーヴ・マックイーンルパート・クロスバージェス・メレディス他共演、監督マーク・ライデルによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen 作品一覧
スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・ライデル
製作:アーヴィング・ラヴェッチ
原作:ウィリアム・フォークナーThe Reivers
脚本
アーヴィング・ラヴェッチ

ハリエット・フランクJr.
撮影:リチャード・ムーア
編集:トーマス・スタンフォード
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ブーン・ホーガンベック:スティーヴ・マックイーン

コリー:シャロン・ファレル
ルーシャス・マキャスリン:ミッチ・ボーゲル
ネッド・マキャスリン:ルパート・クロス
マキャスリン”ボス”:ウィル・ギアー
ナレーター:バージェス・メレディス
フィビー:ダイアン・ラッド
リーバ:ルース・ホワイト
ビンフォード:マイケル・コンスタンティン
ブッチ・ラヴメイデン:クリフトン・ジェームズ
マーレー・マキャスリン:ロニー・チャップマン
B・F・ピーボディ医師:ダブ・テイラー
アンクル・ポッサム:ファノ・フェルナンデス
エドモンズ:チャールズ・タイナー

アメリカ 映画
配給 National General Pictures

1969年製作 111分
公開
北米:1969年12月25日
日本:1969年12月20日


アカデミー賞 ■
第42回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(ルパート・クロス)
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1905年、ミシシッピ州、ジェファーソン郡
町の名士マキャスリン”ボス”(ウィル・ギアー)の孫で、11歳の少年ルーシャス(ミッチ・ボーゲル)は、汽車の到着を使用人のブーン・ホーガンベック(スティーヴ・マックイーン)に知らせる。

ボスは、黄色い四輪車”ウィントン・フライヤー”を町で初めて購入し、人々を喜ばせる。

ブーンは、驚きと共にその四輪車に心を奪われ、それが車両から降ろされるのを興味深く見守る。

車の管理を任されたブーンは、同じ使用人である黒人のネッド・マキャスリン(ルパート・クロス)に、隙を見て車を運転されてしまう。

ブーンは拳銃を持ってネッドを追い騒ぎを起こしたため、二人はボスの息子マーレー(ロニー・チャップマン)にその件で責められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1905年、ミシシッピ州、ジェファーソン郡
名士マキャスリン”ボス”が、町で初めて購入した自動車”ウィントン・フライヤー”は、汽車に積載されて到着する。
使用人のブーン・ホーガンベックは、その美しい四輪車に心を奪われる。
ボスの孫のルーシャスは、母方の祖父が亡くなったために一人で留守番をすることになる。
ブーンにそそのかされたルーシャスは、黒人の使用人ネッドと共に、メンフィスに向かうことになる。
娼館に着いたブーンはネッドと別れ、何も知らないルーシャスと共にそこに泊まることになる。
ルーシャスは、その場の雰囲気に戸惑いながらも、ブーンの馴染みの女性コリーに心惹かれてしまう。
そんな時、ネッドが車と馬を交換してしまい、彼は、草競馬で勝てば、それを取り戻せると自信を見せるのだが・・・。
__________

ノーベル文学賞作家ウィリアム・フォークナー最後の長編作品を、マーク・ライデルが情緒的に描く、ヒューマン・ドラマとして楽しめる作品。

大スターとしての道を歩み始めたスティーヴ・マックイーン自身の”ソーラー・プロダクション”で製作した作品でもある。

第42回アカデミー賞では、助演男優(ルパート・クロス)と作曲賞にノミネートされた。

少年が時を経て老人となり、回顧する物語のような形で、そのナレーターを名優バージェス・メレディスが担当する。

主演はマックイーンではあるが、主人公は少年であり、彼の体験した出来事と、その成長を描いているために、マックイーンは控えめな演技になっている。

数十年振りの鑑賞だったが、以前は、前年公開の「ブリット」(1968)の印象が強く、そのようなキャラクターを望む作品でもないが、どうも物足りなさを感じた。
しかし、少年の目線を意識して観た場合、味わい深い心に残る作品となった。
要所要所で登場するマックイーンの温和な表情が、実に新鮮である。

音楽は、後に「11人のカウボーイ」(1972)でもマーク・ライデルと組むことになる、巨匠ジョン・ウィリアムズが担当している。
(アカデミー作曲賞ノミネート)

主人公の馴染みの娼婦シャロン・ファレル、旅の体験で多くを学ぶ少年ミッチ・ボーゲル、使用人役をユーモアを交えて好演するルパート・クロス、町の名士ウィル・ギアー、その息子役ロニー・チャップマン、娼婦役のダイアン・ラッドルース・ホワイト、娼館のオーナー、マイケル・コンスタンティン、保安官クリフトン・ジェームズ、町医者ダブ・テイラー、黒人の農場主役ファノ・フェルナンデス、道路にぬかるみを作り嫌がらせをするチャールズ・タイナーなど個性派が脇を固めている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020