4297 Movies

カオス・セオリー Chaos Theory (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

効率の最適化のためリストアップしたことを忠実に実行している男性の、些細な予定の狂いから生ずる混乱を描く、主演ライアン・レイノルズエミリー・モーティマースチュアート・タウンゼント他共演、監督マルコス・シーガによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:マルコス・シーガ
製作
フレデリック・ゴルチャン
エリカ・ウェストハイマー
バーバラ・ケリー

製作総指揮:フレッド・ウェストハイマー
脚本
ダニエル・タプリッツ
キャシー・ゴリ

撮影:ラムジー・ニッケル
編集:ニコラス・エラスマス
音楽:ギラッド・ベナムラム

出演
フランク・アレン:ライアン・レイノルズ
スーザン・アレン:エミリー・モーティマー
バディ・エンドロウ:スチュアート・タウンゼント
ポーラ・クロウ:サラ・チョーク
エド:マイク・アーウィン
デイモン(クリス・ウィリアム・マーティン
ケン:アレッサンドロ・ジュリアーニ
ペグ:コンスタンス・ジマー
ジェシー・アレン(7歳):マトレヤ・フェダー
ジェシー・アレン:エリザベス・ハーノイス
ナンシー:ジョセリン・ローウェン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2008年製作 87分
公開
北米:2008年4月11日
日本:未公開
北米興行収入 $240,480
世界 $286,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ジェシー・アレン(エリザベス・ハーノイス)は、エド(マイク・アーウィン)との結婚の日を迎える。

エドは、1年前に一時的にジェシーと別れていた時に、彼女が1週間ジェイクと付き合っていたことを気にして、結婚に疑問を感じる。

バーで義父フランク・アレン(ライアン・レイノルズ)に呼び止められたエドは、ジェイクのことを話題にされ、ジェシーを本当に愛しているのかを問われる。

明確な答えを返せないエドは、自分達夫婦も色々あったというフランクの話を聞くか立ち去るかを選ばされる。

”話す”のメモを引いたエドは、自分が嫌いかをフランクに問う。

ジェイクに好感を持つフランクは、このままジェシーと結婚しても娘が傷つくのは確実だと答える。

フランクは、自分達夫婦の人生は、このホテルのこの部屋で始まったことを話し始める。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
時間の管理についてのプロの講師フランク・アレンは、リストアップした行動を着実にこなす毎日を送っていた。
フランクは、小学校教師の妻スーザンと7歳の娘ジェシーと暮らしていた。
ある日、フランクの行動をからかうスーザンのいたずらで時計が10分進んでいたため、彼の全ての予定が狂ってしまう。
講演には遅れ、女性と浮気寸前になり、妊婦を病院に運ぶ羽目になったフランクは、スーザンにその行動を疑われて家から追いだされてしまう。
何んとか説明しようとしたフランクの生活は、それをきっかけに激変してしまう。
そんなフランクは、助けた女性が産んだ子が自分の子供でないことを証明しようとするが、何と自分が不妊症であったことを知ってしまい混乱する・・・。
__________

タイトルの”カオス”云々を小難しく語る内容でもなく、夫婦にとっての一大事ではあるが、実社会ではあり得る騒動を単純に描いた作品。

純粋なコメディのように始まる物語は、愛を素直に受け入れることが、夫婦、家族にとって大切なことであることが描かれ、ヒューマン・ドラマ風の展開も見せる。

魅力的なキャスティングではあるが、劇場公開はされたとは言えない最高で11館(北米)の上映で、日本では劇場未公開に終わり、商業的には成功しなかった作品。

冒頭とラストの老け役もなかなかいい、几帳面で平凡な夫役から激変する熱演も注目のライアン・レイノルズ、複雑な展開に戸惑う、その妻エミリー・モーティマー、二人の友人スチュアート・タウンゼント、主人公に迫る女性サラ・チョーク、主人公の娘エリザベス・ハーノイスの婚約者マイク・アーウィン、主人公の友人クリス・ウィリアム・マーティンアレッサンドロ・ジュリアーニ、教師コンスタンス・ジマー、主人公の7歳の娘マトレヤ・フェダー、主人公に助けられる妊婦ジョセリン・ローウェンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020