4236 Movies

チェーン・リアクション Chain Reaction (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

新エネルギー開発に携わる研究員が国家も関わる陰謀に巻き込まれる逃亡劇を描く、製作、監督アンドリュー・デイヴィス、主演キアヌ・リーブスモーガン・フリーマンレイチェル・ワイズフレッド・ウォードブライアン・コックス他共演サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・デイヴィス
製作総指揮
リチャード・D・ザナック

アーウィン・ストフ
製作
アーン・シュミット

アンドリュー・デイヴィス
原案
アーン・シュミット

リック・シーマン
ジョシュ・フリードマン
脚本
ジョシュ・フリードマン

J・F・ロートン
マイケル・ボートマン
撮影:フランク・タイディ
編集
ドン・ブロチュ

ドヴ・ホウニグ
アーサー・シュミット
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
エディ・カサリヴィッチ:キアヌ・リーブス

ポール・シャノン:モーガン・フリーマン
リリー・シンクレア:レイチェル・ワイズ
レオン・フォードFBI捜査官:フレッド・ウォード
ドイルFBI捜査官:ケヴィン・ダン
ライマン・アール・コリアー:ブライアン・コックス
マギー・マクダーモット:ジョアンナ・キャシディ
アリステア・バークレイ博士:ニコラス・ルドール
エド・ラファティ:チェルシー・ロス
ルー・チェン:ツィ・マー
バンのドライバー:マイケル・シャノン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1996年製作 106分
公開
北米:1996年8月2日
日本:1996年10月5日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $20,550,710
世界 $60,209,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ
機械工でもあるシカゴ大学の学生エディ・カサリヴィッチ(キアヌ・リーブス)は、クリーン・エネルギーの開発提唱者アリステア・バークレイ博士(ニコラス・ルドール)が率いるプロジェクト・チームの一員だった。

石油に代わる水素エネルギーの研究を続けるチームだったが、実験は失敗を重ねる。

独自に小型装置で実験を続けていたエディは、エネルギーの発生を安定させるヒントを掴み、プロジェクト・チームは、遂に”ソノルミネセンス”の開発に成功する。

エディとバークレイ、出資した財団理事で派遣員のポール・シャノン(モーガン・フリーマン)、物理学者であるリリー・シンクレア(レイチェル・ワイズ)らチームのメンバーはそれを喜び祝杯を挙げる。

シャノンは、世界に発表する時期ではないとバークレイに忠告するが、博士はその夜、プロジェクト・マネージャーのルー・チェン(ツィ・マー)と共にインターネットでそれを公開してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ大学の学生エディ・カサリヴィッチは、開発を進める、クリーン・エネルギーの提唱者であるバークレイ博士の下、プロジェクト・チームの一員として実験を成功させる。
エディは、資金を提供する財団の理事として実験に参加していたポール・シャノンや、物理学者のリリーらと共に成功を喜ぶ。
しかし、何者かにバークレイは殺され、研究員のチェンが行方不明となり、エディがそれに気づくものの、実験施設は爆破されてしまう。
FBIは、以前にもトラブルを起こしたエディを疑い、シャノンの経歴を調べて、彼が、単なる財団の理事でないことに気づく。
危険を察したエディは、信用するシャノンだけに行き先を知らせて、共に指名手配されたリリーと逃走するのだが・・・。
__________

既にキャリアはあったものの、ついに「スピード」(1994)でブレイクしたキアヌ・リーブスと、同じく注目作をてがけるアンドリュー・デイヴィスが組んだことで話題になった作品。

主演のキアヌ・リーブスは、若き天才エンジニアを熱演するものの、ラジー賞にノミネートされてしまい、その存在感で、全編に渡り画面を支配するモーガン・フリーマンの演技に圧倒され影が薄い感じだ。

モーガン・フリーマンは、実に怪しい役なのだが、彼が非情な悪役を演ずることは考えられないため、常にどのようにドラマをまとめてくれるかが気になる。
その通りになる結末は納得だ。

クリーン・エネルギー開発の、利権を狙う陰謀でないところがポイントで、それにより、石油が世界を支配している社会構造が崩されることを恐れる者達による、大規模な破壊工作という筋立てが恐ろしい。

ラストでやんわりと恋愛を匂わせる程度がいい、主人公の同僚の物理学者レイチェル・ワイズ、冷静な捜査を続け、人情味も見せるFBI捜査官フレッド・ウォード、同じくケヴィン・ダン、陰謀の黒幕ブライアン・コックス、主人公らを匿う協力者ジョアンナ・キャシディ、クリーン・エネルギー開発プロジェクトの責任者ニコラス・ルドール、その研究員ツィ・マー、捜査責任者であるFBI捜査官チェルシー・ロス、そして、主人公の花を届ける業者でマイケル・シャノンが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020