4237 Movies

真夜中のパーティー The Boys in the Band (1970)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1968年にオフ・ブロードウェイで初演された、マート・クロウリー原作”The Boys in the Band”を基に製作された作品。
映画史上に残る傑作「フレンチ・コネクション」(1971)と「エクソシスト」を直後に演出するウィリアム・フリードキン作品として注目すべき一編。
友人の誕生パーティーを催したゲイ仲間達の一晩の出来事を描く、ケネス・ネルソンクリフ・ゴーマン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・フリードキン
製作総指揮
ドミニク・ダン

ロバート・ジラス
製作:マート・クロウリー
原作:マート・クロウリーThe Boys in the Band
脚本:マート・クロウリー

撮影:アーサー・J・オーニッツ
編集
ジェラルド・B・グリーンバーグ

カール・レーナー
音楽:チャールズ・フォックス

出演
マイケル:ケネス・ネルソン

ドナルド:フレデリック・コムズ
エモリー:クリフ・ゴーマン
ハンク:ローレンス・ラッキンビル
ラリー:キース・プレンティス
アラン・マッカーシー:ピーター・ホワイト
バーナード:ルーベン・グリーン
カウボーイ・テックス:ロバート・ラ・トゥールノウ
ハロルド:レオナルド・フレイ

アメリカ 映画
配給 National General Pictures

1970年製作 119分
公開
北米:1970年3月17日
日本:1972年2月5日
製作費 $5,500,000
北米興行収入 $2,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1960年代末、ニューヨークアッパー・イースト・サイド
マイケル(ケネス・ネルソン)のアパートを訪ねた、ゲイである友人のドナルド(フレデリック・コムズ)は、同じく友人ハロルド(レオナルド・フレイ)の誕生パーティーの準備を始める。

そこに、マイケルの学生時代の親友で弁護士のアラン・マッカーシー(ピーター・ホワイト)から電話が入る。

アランは会いたいことを伝えるのだが、マイケルは先約があり集まりがあることを彼に告げる。

しかし、アランが涙しながら深刻な悩みを抱えていることを知ったマイケルは、彼に招待することを伝える。

育ちのいい、ストレートで堅物のアランが来ることとなり、マイケルはやや不安を抱えながら、それをドナルドに知らせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1960年代末、ニューヨーク
アッパー・イースト・サイドのアパートに住むゲイのマイケルは、友人ドナルドと共にハロルドの誕生パーティーの準備を始める。
そこに、マイケルの学生時代の友人で弁護士のアランから連絡が入る。
会いたいというアランに、先約との集まりがあることを伝えたマイケルだったが、泣きながら話す彼が心配になりその場に招待する。
友人達、エモリー、カップルのハンクとラリー、そしてバーナードも現れ、一同は楽しい夜を過ごそうとする。
そこに、一度は行けなくなったと連絡をよこしたアランが現れる。
マイケルは、アランが、自分達とは違うストレートだったために、それなりの対応を友人達に求めてあった。
しかし、アランは、その場の者達の様子に気づき嫌悪感を抱く。
エモリーに皮肉を言われたアランは彼を殴り騒動となるが、そこにハロルドが現れ、その場の雰囲気は一変する・・・。
__________

今でこそ違和感なく観れるが、激動の1960年代末、その時代としては衝撃の異色作とも言える、この種の作品の先駆けとなった。

街を行く登場人物達(ゲイ)は、人々に奇異な目な目で見られながら、自分達の世界であるアパートの一室で楽しもうとする。
しかし、その場に現れた異質(ストレート)な人物の登場で、一気に状況は急展開する。
そこは、怒りや嫉妬、疎外、嫌悪、孤独感に苛まれる混迷の空間に変貌し、ショック状態とも言える状況を生々しく描く、若きウィリアム・フリードキンの力感ある演出手腕を高く評価したい。

舞台で演じた役者が映画でも同じ役を演じ、実際にゲイであった何人かはAIDSなどで亡くなって
いる。

アパートの住人であるパーティーの主催者ケネス・ネルソン、その友人フレデリック・コムズクリフ・ゴーマン、カップルのローレンス・ラッキンビルキース・プレンティスルーベン・グリーンレオナルド・フレイ、男娼役のロバート・ラ・トゥールノウ、マイケル(K・ネルソン)の学友ピーター・ホワイトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020