That's Movie Talk!     4075 Movies

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can (2002) 4.13/5 (38)

  •  
  •  
  • 1
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2000年に発表された、映画の主人公であるフランク・W・アバグネイルJr.の自伝的同名著書の映画化。
小切手詐欺を始めた少年が、社会的信用のあるパイロット、医者、弁護士などに成りすましながら、FBIによる執拗な追跡を巧みにかわしながら逃亡生活をコミカルに描く、製作、監督スティーヴン・スピルバーグ、主演レオナルド・ディカプリオトム・ハンクスクリストファー・ウォーケンマーティン・シーンエイミー・アダムス他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧
エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮
バリー・ケンプ
マイケル・シェーン

ローリー・マクドナルド
アンソニー・ロマーノ
製作
スティーヴン・スピルバーグ

ウォルター・F・パークス
原作:フランク・W・アバグネイルJr.
脚本:ジェフ・ナサンソン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
レオナルド・ディカプリオフランク・Wア・バグネイルJr.

トム・ハンクス:カール・ハンラティ
クリストファー・ウォーケン:フランク・アバグネイルSr.
マーティン・シーン:ロジャー・ストロング
ナタリー・バイ:ポーラ・アバグネイル
エイミー・アダムス:ブレンダ・ストロング
ジェームズ・ブローリン:ジャック・バーンズ
ジェニファー・ガーナー:シェリル・アン
ブライアン・ハウ:トム・フォクス

アメリカ 映画
配給 ドリームワークス
2002年製作 140分
公開
北米:2002年12月25日
日本:2003年3月21日
製作費 $52,000,000
北米興行収入 $164,435,220
世界 $352,114,310


アカデミー賞 ■
第75回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(クリストファー・ウォーケン)
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1963年、ニューヨーク州ニューロシェル
15歳のフランク・WアバグネイルJr.(レオナルド・ディカプリオ)は、父フランクSr.(クリストファー・ウォーケン)とフランス人の母ポーラ(ナタリー・バイ)と幸せに暮らしていた。

フランクSr.は、脱税などによりチェイス・マンハッタン銀行からの融資を拒否され、アバグネイル一家は屋敷を差し押さえられ、アパートに引っ越すことになる。

フランクの16歳の誕生日、父フランクSr.は、息子に小切手口座を与える。

転校した学校で、フランクは、なんとフランス語の臨時教師に扮し、生徒を相手に1週間授業を行ってしまう。

父フランクSr.は、息子の”逞しさ”に感心するが、母ポーラは、満ちたりない日々が続き、夫の加盟するロータリークラブの会長ジャック・バーンズ(ジェームズ・ブローリン)と浮気をするようになる。

やがて両親が離婚することになり、家を飛び出したフランクは、原始的な小切手偽造に失敗する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
高校生フランク・WアバグネイルJr.は、両親の離婚をきっかけに家出する。
小切手偽造に失敗したフランクは、パイロットのスマートさに憧れを抱き、それに扮するためパンナム本社に潜り込み、証明書や征服を手に入れる。
客室乗務員に扮したフランクは、各地を飛び回る一方、小切手偽造の腕も上げていく。
やがて、銀行詐欺の専門家である、FBI捜査官カール・ハンラティが、フランクの偽造小切手の捜査を始める。
ハリウッドで、偽造小切手が使われたのを知ったハンラティは現場に向かうのだが、そこに現れたのは、シークレット・サービスに扮したフランクだった・・・。
__________

スティーヴン・スピルバーグ及び彼とコンビを組む製作スタッフ、レオナルド・ディカプリオトム・ハンクスらの、ビッグネームの共演が話題になった痛快作。

10代後半の少年が、孤独や寂しさを紛らすために考え出した、巧妙な詐欺や逃亡の手口を、スピーディー且つシャープに描く、スピルバーグの演出は見応え十分。
1960年代の街並みやセット、または小道具やその時代の文化を、細部までこだわって映像化しているところも実に興味深い。

第75回アカデミー賞では、助演男優(クリストファー・ウォーケン)と、雰囲気抜群の音楽で楽しませてくれるジョン・ウィリアムズが、作曲賞にノミネートされた。

アイドル・スターから脱皮しつつあったレオナルド・ディカプリオは、あどけなさを残しながら、逞しく生き抜く世渡りのうまい青年を好演し、実力派俳優の才能を十分に発揮している。

主役の邪魔にならぬよう、控えめにFBI捜査官を演ずるトム・ハンクス、息子に、犯罪の才能を開花させるきっかけを作り、それを頼もしく思い、また温かく見守る主人公の父親クリストファー・ウォーケン、一見堅物のように見えるが、主人公を気に入る恋人の父親マーティン・シーン、主人公の母親ナタリー・バイ、公開当時はそれほど印象に残らなかったが、今観ると気になる、主人公の婚約者役エイミー・アダムス、母の愛人ジェームズ・ブローリンジェニファー・ガーナーも共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up