4509 Movies

バラバ Barabbas (1961)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1950年に発表された、ノーベル文学賞受賞作家ペール・ラーゲルクヴィストの小説”Barabbas”を基に製作された作品。
イエス・キリストの代わりに釈放された罪人バラバの苦難の人生を描く、製作ディノ・デ・ラウレンティス、監督リチャード・フライシャー、主演アンソニー・クインシルヴァーナ・マンガーノアーサー・ケネディジャック・パランスアーネスト・ボーグナインヴィットリオ・ガスマン他共演の歴史劇。


ドラマ(歴史劇)

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・フライシャー

製作:ディノ・デ・ラウレンティス
原作:ペール・ラーゲルクヴィストBarabbas
脚本
クリストファー・フライ
ナイジェル・バルチン
ディエゴ・ファッブリ
撮影:アルド・トンティ
編集
レイモンド・ポールトン
アルベルト・ギャリッティ
音楽:マリオ・ナシンベーネ

出演
バラバアンソニー・クイン
ラケル:シルヴァーナ・マンガーノ
ピラトアーサー・ケネディ
トルヴァド:ジャック・パランス
ペトロハリー・アンドリュース
ルシウス:アーネスト・ボーグナイン
サハク:ヴィットリオ・ガスマン
サラ:ケティ・フラド
ジュリア:ヴァレンティナ・コルテーゼ
ルフィオ:ノーマン・ウーランド
アリマタヤのヨセフアーノルド・フォア
ラザラス:マイケル・グウィン
弟子:ローレンス・ペイン
ヴァサシオ:ダグラス・フォーリー
貴族:シャロン・テート

イタリア/アメリカ 映画
配給 ロンビア・ピクチャーズ
1961年製作 137分
公開
イタリア:1961年12月23日
北米:1962年10月10日
日本:1962年8月31日
北米興行収入 $2,900,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2000年前のエルサレム
ユダヤ属州総督ピラトアーサー・ケネディ)は、扇動と冒涜の罪でナザレのイエスを捕え、死刑に処すことを告げる。

一人の男が発言し、ユダヤの習わしで、祝祭の際には一人に恩赦が与えられると言われたピラトは、イエスバラバかを民衆に選ばせる。

バラバという声が多く、彼が盗賊で人殺しだと言われたピラトだったが、イエスを鞭打ち磔刑に処することを告げる。

鞭打たれたイエスは連行され、バラバアンソニー・クイン)は解放される。

バラバは、無抵抗なイエスの姿に何かを感じながら、十字架を背をわされる彼を見つめる。

仲間達の元に戻ったバラバは、サラ(ケティ・フラド)達に歓迎され、恋人ラケル(シルヴァーナ・マンガーノ)に会おうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2000年前のエルサレム
ユダヤ属州総督ピラトは、扇動と冒涜の罪でナザレのイエスを捕えて死刑に処すことを告げるものの、罪人を解放するという祝日の習わしに従い、民衆にイエスか盗賊のバラバかを選ばせる。
その結果バラバは釈放され、イエスは磔刑に処せられる。
仲間達の元に戻ったバラバは、イエスの教えの信者となっていた恋人ラケルから、主は二日後に生き返ると言われる。
それを信じないバラバだったが、墓から姿を消したイエスが生き返ったことを信じるラケルが、ローマに捕らえられて処刑されたために悲しみ、再び盗賊生活に戻る。
捕らえられたバラバは死罪は免れるものの、ピラトの命令でシチリアの硫黄鉱山での重労働を課せられる。
20年もの間、地下での生活に耐え抜いたバラバは、イエスの信者であるサハクと共に作業をすることになる。
サハクと鎖でつながれたバラバは、神を信じることの意味を考える日々を送ることになるのだが・・・。
__________

1951年にノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの作家ペール・ラーゲルクヴィストが、前年に発表した小説”Barabbas”を基に製作された作品。

自分が釈放されたことで身代わりとなり死んだ、イエス・キリストの存在や教えを受け入れることができずに悩み続けるバラバの苦難の人生を描く、宗教的観点から描く歴史叙事詩の超大作。

製作はイタリアの大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスであり、撮影は”チネチッタ・スタジオ”他イタリア各地で行われた。

イエス・キリストの教えをテーマにし、重労働を課せられながらローマ貴族の計らいで闘いの場で生きる運命となる主人公が辿る人生は、製作が近かった「ベン・ハー」(1959)の内容にやや似ている。

2000年前のエルサレムの街並み、宮殿や”フォロ・ロマーノ”、剣闘士闘技場の様子など、リチャード・フライシャーのスケール感のある演出と映像他、個性派スター豪華競演も見どころの作品。

終始、自省的ムードが漂うストーリーなのだが、歴史スペクタクル大作としての見せ場も多く、観る者に深く訴えるドラマでもあり見応え十分だ。

主人公のバラバを演ずるアンソニー・クインは、粗野な悪党でありながら人間味を感じさせる、圧倒的な存在感でスクリーンを支配する。

バラバの恋人であり、イエスの教えを信ずるようになるシルヴァーナ・マンガーノ(当時のディノ・デ・ラウレンティス夫人)、バラバを釈放してイエスの処刑を命ずるユダヤ属州総督ピラトアーサー・ケネディ、最強の剣闘士を迫力で演ずるジャック・パランスバラバイエスの教えを説くペトロハリー・アンドリュースバラバに関わるキリスト教徒の奴隷アーネスト・ボーグナインバラバと運命を共にするキリスト教徒ヴィットリオ・ガスマンバラバの愛人ケティ・フラドシチリア総督ノーマン・ウーランド、その妻ヴァレンティナ・コルテーゼイエスの遺体を引き取るアリマタヤのヨセフアーノルド・フォア、生き返った者としてバラバに死の意味を説くマイケル・グウィン、その他ローレンス・ペインダグラス・フォーリー、そしてシャロン・テートが貴族として闘技場の場面に登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021