That's Movie Talk!     4031 Movies

ロリータ Lolita (1997) 3.7/5 (33)

  •  
  •  
  • 11
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1955年に発表された、ウラジーミル・ナボコフの小説”ロリータ”を基に製作された作品。
下宿の未亡人の娘に心奪われた大学教授の禁断の愛と破滅を描く、監督エイドリアン・ライン、主演ジェレミー・アイアンズドミニク・スウェインメラニー・グリフィスフランク・ランジェラ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:エイドリアン・ライン
製作
ジョエル・B・マイケルズ
マリオ・カサール
原作:ウラジーミル・ナボコフロリータ
脚本:スティーヴン・シフ
撮影:ハワード・アサートン
編集
デヴィッド・ブレナー
ジュリー・モンロー
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
ハンバート・ハンバート:ジェレミー・アイアンズ
ハンバート・ハンバート(少年期)ベン・シルヴァーストーン
ドロレス“ロリータ”ヘイズ:ドミニク・スウェイン
シャーロット・ヘイズ:メラニー・グリフィス
クレア・キルティ:フランク・ランジェラ
プラット校長:スザンヌ・シェパード
リガー牧師:キース・レディン
モナ:エリン・J・ディーン
ミス・ラボーン:ジョアン・グローヴァー
メリニック医師:エド・グレイディ
ビール:マイケル・グッドウィン
ホームズ夫人:アンジェラ・ペイトン
アナベル・リー:エマ・グリフィス・マリン
リー:マイケル・カルキン
ハンバート:ロナルド・ピックアップ
少女:ハリー・ハーシュ

アメリカ 映画
配給 The Samuel Goldwyn Company
1997年製作 137分
公開
北米:1998年7月22日
日本:1999年5月1日
製作費 $62,000,000
北米興行収入 $1,071,260


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
血だらけで放心状態のまま車を蛇行運転するハンバート・ハンバート(ジェレミー・アイアンズ)は、手にしていたヘアピンの見つめながら、自分の腕の中ではいつも”ロリータ”だったドロレスのことを想い出す。

ハンバートは、アナベルに出会わなければロリータを愛さなかっただろうと考える。

1921年、フランスカンヌ
14歳のハンバート(ベン・シルヴァーストーン)は、父が所有するホテルに宿泊したアナベル・リー(エマ・グリフィス・マリン)と出会い、激しい恋に落ちる。

4か月後、アナベルはチフスで死亡し、悲しみのあまり心が砕けたハンバートは彼女の面影を探し求め、その後、愛した女性はいなかった。

1947年、ニューイングランド
フランス文学の教授となったハンバートはビアズリー大学に招かれ、新学期の前のテキスト作成のために、田舎町ラムズデールに向かう。

・・・全てを見る



解説 評価 感想

参考:
・「ロリータ」(1962)

*(簡略ストー リー)
1947年、ニューイングランド
フランス文学の教授ハンバート・ハンバートは、ビアズリー大学で教鞭をとることになり、そのテキスト作成のために田舎町を訪れる。
知人の家が焼失したために、未亡人シャーロットの下宿を借りようとしたハンバートは、彼女の娘ロー/ドロレスに心奪われてしまう。
少年時代に愛したアナベルを病気で亡くし、彼女の面影を探し求め、他の女性を愛せなかったハンバートは、ローとの出会いにより幸福を感じる。
ローと離れることが考えられなくなったハンバートは、シャーロットとの結婚を決意するものの、ローへの思いをシャーロットに知られてしまい、追い出されそうになる。
動揺するハンバートだったが、シャーロットが交通事故で突然、この世を去り、夏のキャンプを楽しんでいたローを迎えに行く。
そして、シャーロットが病気だということにしたハンバートは、ローとの二人だけの旅を始めようとするのだが・・・。
__________

スタンリー・キューブリックの監督作品「ロリータ」(1962)に続く、ウラジーミル・ナボコフの小説”ロリータ”の二度目の映画化であり、旧作よりも原作に忠実に描かれている。

しかし、少女愛を描く作品に対する規制などが厳しくなり、その内容から北米での公開は見送られ、1988年に限定1館のみで上映され、1週間で打ち切られてしまった。

そのため、この内容にしては巨額と言える6200万ドルの製作費に対し、北米興行収入はわずか100万ドル強に終わり、商業的には大失敗作となった。

2500人の中から選ばれた、ドロレス“ロリータ”役の15歳のドミニク・スウェインの出演が話題になり、公開当時よりもさらに規制が厳しくなった現在では製作不可能と言ってもいい、かなり際どい内容となっている。

ドミニク・スウェインは、1か月前に公開された「フェイス/オフ」(1997)がデビュー作。

主人公の切ない思いを伝えるエンニオ・モリコーネの音楽が印象的だ。

主演のジェレミー・アイアンズは、禁断の愛を求める異常者とも言える男性を演じるのだが、清潔なイメージであるためにいやらしさが感じられない。
探し求めていた”理想の少女”と過ごす日々に至上の喜びを感じ、その後、破滅に向かう中年男性を見事に演じ、演技派としての実力を見せてくれる。

主人公と結婚する下宿の未亡人メラニー・グリフィス、少女を愛する作家を怪演するフランク・ランジェラ、主人公の少年期ベン・シルヴァーストーン、ロリータが入学する女学院の校長スザンヌ・シェパード、牧師のキース・レディン、ロリータの友人エリン・J・ディーン、主人公に睡眠薬を渡す医師のエド・グレイディ、主人公が少年時代に愛し合う少女エマ・グリフィス・マリン、主人公に手紙を渡すウサギのコスチュームの少女ハリー・ハーシュ、他マイケル・グッドウィンアンジェラ・ペイトンマイケル・カルキンロナルド・ピックアップなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up