4383 Movies

サウンド・オブ・サンダー A Sound of Thunder (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SF作家の巨匠レイ・ブラッドベリの原作を基に製作された作品。
タイムトラベル技術が引き起こす人類滅亡の危機を描く、監督ピーター・ハイアムズ、主演エドワード・バーンズキャサリン・マコーマックベン・キングズレー他共演のSFスリラー。


SF


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ハイアムズ

製作
ハワード・ボールドウィン
カレン・ボールドウィン
モシュ・ディアマント
アンドリュー・スティーヴンス
製作総指揮
エリー・サマハ
ロマーナ・シサローヴァ
ジョン・ハーディ
リック・ナサンソン
イエルク・ヴェスターカンプ
ウィリアム・J・イマーマン
ブレック・アイズナー
原作:レイ・ブラッドベリA Sound of Thunder
脚本
トーマス・ディーン・ドネリー
ジョシュア・オッペンハイマー
グレッグ・ポイリアー
撮影:ピーター・ハイアムズ
編集:シルヴィ・ランドラ
音楽:ニック・グレニー=スミス

出演
トラヴィス・ライヤー博士:エドワード・バーンズ
ソニア・ランド博士:キャサリン・マコーマック
チャールズ・ハットン:ベン・キングズレー
ジェニー・クレイス:ジェミマ・ルーパー
マーカス・ペイン:デヴィッド・オイェロウォ
ルーカス医師:ヴィルフリート・ホーホルディンガー
クレイ・デリス:アウグスト・ツィルナー
クリスチャン・ミドルトン:コーリイ・ジョンソン
テッド・エックルズ:ウィリアム・アームストロング
アリシア・ウォーレンベック:ハイケ・マカチュ
ジョン・ウォーレンベック:アーミン・ローデ

アメリカ/イギリス/ドイツ/チェコ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2005年製作 103分
公開
北米:2005年9月2日
日本:2006年3月25日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $1,891,820
世界 $11,665,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2055年。
人類はタイムトラベルを可能にする技術を開発し、シカゴの企業”タイム・サファリ”は、タイムマシン”TAMI”で6500万年前の白亜紀ツアーを開始する。

”タイム・サファリ”社長チャールズ・ハットン(ベン・キングズレー)は、ツアーの成功を喜び、参加者の大富豪ジョン・ウォーレンベック(アーミン・ローデ)と妻のアリシア(ハイケ・マカチュ)を満足させる。

パーティーに参加しないツアーのチームリーダー、トラヴィス・ライヤー博士(エドワード・バーンズ)は、大切な顧客の接待をするのも仕事だとハットンに言われる。

顧客にツアーの経験の価値を説明していたライヤーは、タイムトラベルに反対しながら乱入してきた科学者ソニア・ランド博士(キャサリン・マコーマック)の態度を気にする。

ランドを追ったライヤーは、地球が滅亡すると言う彼女から、自分がTAMIの開発者だと言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
1952年に雑誌”Collier’s”に掲載され、1953年発表された”The Golden Apples of the Sun”の中のレイ・ブラッドベリによるSF短編小説”A Sound of Thunder”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
2055年、シカゴ
タイムマシン”TAMI”を開発した”タイム・サファリ”の社長ハットンは、タイムトラベルをビジネスにして6500万年前の”白亜紀”に向かうツアーに成功する。
しかし、その開発者である科学者ランドは、タイムトラベルにより人類が滅亡すると警告する。
ランドの言葉を気にしたツアー・ガイドを兼ねる科学者トラヴィス・ライヤー博士は、地球環境が変化したことを知る。
ツアーに参加した者が、過去から何かを持ち帰ったかその時代に影響を与えた結果、地球の歴史は変わってしまったのだった。
それを調べようとしたライヤーはランドに協力を求め、原因を突き止めるため過去に行くことを考える。
しかし、時間の波によりそれが不可能であることが分かり、ツアー客を調べようとするが、ライヤーらは、進化の過程で生れた狂暴な生物や植物に襲われてしまう・・・。
__________

SF作家の巨匠レイ・ブラッドベリの、映像化が難しいとされていた原作を基に製作されたSFスリラーの超大作。

アメリカ、イギリスドイツなど、国際色豊かなスタッフ・キャストによる大作で、過去に変化を与えてしまったことにより、進化の過程で変異した生物などが登場するSFX映像なども注目された。

カプリコン・1」(1977)や「2010」(1984)など、サスペンス映画において定評のあるピーター・ハイアムズの演出ということも大いに期待されたが、内容はやや単調で深みもなく、彼にしては平凡な作品に終わってしまったのは残念だ。

タイムトラベルがテーマであるSF作品なので、それほど深く追及する気もないが、荒唐無稽な内容とご都合主義が気になり、現代感覚ばかりが目立ち、レイ・ブラッドベリの原作を生かし切れていない。

登場する変異生植物などの造形も新鮮味がなく、映像的にも迫力に欠ける。

製作費に8000万ドルをかけた大作ではあるが、北米では全くの不評で、興行成績はわずか190万ドル、全世界でも約1200万ドルという、惨憺たる結果に終わってしまった。

タイムトラベル・ツアーのガイドも務める科学者を熱演するエドワード・バーンズ、タイムマシンの開発者で、タイムトラベルが人類を滅亡させると言って警告する科学者キャサリン・マコーマック、タイムトラベル・ツアーをビジネスにする企業の社長役で、彼らしくない軽い役柄が気になるベン・キングズレー、彼の部下でツアーの撮影担当ジェミマ・ルーパー、エンジニアのデヴィッド・オイェロウォ、医師のヴィルフリート・ホーホルディンガー、タイムトラベル監督局の役人アウグスト・ツィルナー、事件の原因を作るツアー客コーリイ・ジョンソン、同じくウィリアム・アームストロング、別のツアー客で大富豪のアーミン・ローデハイケ・マカチュなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021