4507 Movies

ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1999年に発表された、スティーブン・チョボスキーの小説”ウォールフラワー”を基に製作された作品。
小説家志望の内気な高校生が、上級生の兄妹との出会いによる成長と苦悩を描く、製作ジョン・マルコヴィッチ、製作総指揮、監督、脚本スティーブン・チョボスキー、主演ローガン・ラーマンエマ・ワトソンエズラ・ミラーポール・ラッド他共演の青春ドラマの秀作。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:スティーブン・チョボスキー

製作
ジョン・マルコヴィッチ
ラッセル・スミス
リアン・ハルフォン
製作総指揮
スティーブン・チョボスキー
ジム・パワーズ
原作:スティーブン・チョボスキーウォールフラワー
脚本:スティーブン・チョボスキー
撮影:アンドリュー・ダン
編集:メアリー・ジョー・マーキー
音楽:マイケル・ブルック

出演
チャーリー・ケルメッキス:ローガン・ラーマン
サム:エマ・ワトソン
パトリック:エズラ・ミラー
メアリー・エリザベス:メイ・ホイットマン
アンダーソン:ポール・ラッド
キャンデス・ケルメッキス:ニーナ・ドブレフ
ブラッド:ジョニー・シモンズ
クレイグ:リース・トンプソン
デレク:ニコラス・ブラウン
アリス:エリン・ウィルヘルミ
ケルメッキス夫人:ケイト・ウォルシュ
ケルメッキス:ディラン・マクダーモット
クリス・ケルメッキス:ゼーン・ホルツ
ヘレン:メラニー・リンスキー
キャラハン:トム・サヴィーニ
バートン医師:ジョーン・キューザック

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント
2012年製作 103分
公開
北米:2012年9月21日
日本:2013年11月22日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $17,742,950
世界 $33,384,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
心に傷を負う作家志望のチャーリー・ケルメッキス(ローガン・ラーマン)は、高校入覚を前に不安を隠し切れない。

登校初日、チャーリーは、姉キャンデス(ニーナ・ドブレフ)とボーイフレンドのデレク(ニコラス・ブラウン)らに下級生扱いされ、中学時代の友達にも相手にされない。

兄クリス(ゼーン・ホルツ)が大学に行く前に同じフットボールチームだったブレッド(ジョニー・シモンズ)に、一瞬、期待したチャーリーだったが、それも無駄だった。

そんな中、技術の授業に、上級生のパトリック(エズラ・ミラー)が、教師キャラハン(トム・サヴィーニ)のものまねをして1年生を和ませてくれた。

英語の上級クラスで、教師のアンダーソン(ポール・ラッド)とは打ち解けて話すことができたチャーリーだったが、落ち込んだまま帰宅する。

両親(ディラン・マクダーモット/ケイト・ウォルシュ)とキャンデスとデレクと共に食事をしたチャーリーは、高校初日のことを訊かれ、冴えない返事しかできないものの励まされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
心に傷を負う小説家志望の内気な少年チャーリー・ケルメッキスは、高校の初登校の日を迎えて不安を隠せない。
誰にも相手にされず友達もできないチャーリーだったが、風変わりな上級生のパトリックに、思い切って声をかける。
気さくに話してくれたパトリックと義妹のサムと親交を深めたチャーリーは、ようやく楽しい高校生活を過ごせるようになる。
その後、サムを意識し始めたチャーリーは愛情を感じるようになるのだが、ある悲しい思い出が頭から離れなかった・・・。
__________

内気な高校生の単純は成長ドラマではなく、ドラッグや性的虐待の犠牲者となった人々(子供達)の心の傷や社会の歪みなどを描く、ジョン・マルコヴィッチが製作を担当する深いドラマに仕上がっている。

高校生達を主人公にした青春ドラマとしては、近年、最高とも言える評価を受けた作品でもあり、期待の若手スターの繊細な感情表現など、人に訴える演技を引き出した、原作者であり製作総指揮、脚本も兼ねるスティーブン・チョボスキーの演出は絶賛された。

主演のローガン・ラーマンは、心の傷を抱え、不安定でありながらバランスを保つ、綱渡り状態のような日々を送る高校生を見事に演じている。

主人公と親交を深め心の支えにもなる、一時は「ハリー・ポッター」シリーズの”呪縛”を嫌ったと言われたエマ・ワトソンが、本格的な女優活動の第一歩として高く評価された作品でもあり、今後の彼女には大いに期待できる、素晴らしい演技を見せてくれる。

風変わりな上級生を演じるエズラ・ミラーは、本作撮影中もマリファナ所持で逮捕されるほど、私生活での行動も問題視され、それが演技に生かされているいると考えるのは言い過ぎかもしれないが、若さを感じさせない、独得の雰囲気を持つ実力派性格俳優として存在感を見せる。

主人公を強引にボーイフレンドにする上級生メイ・ホイットマン、主人公が慕う英語の教師ポール・ラッド、主人公の姉ニーナ・ドブレフ、そのボーイフレンド、ニコラス・ブラウン、上級生ジョニー・シモンズ、サム(エマ・ワトソン)のボーイフレンド、リース・トンプソン、サムの友人エリン・ウィルヘルミ、主人公の両親ケイト・ウォルシュディラン・マクダーモット、兄ゼーン・ホルツ、叔母メラニー・リンスキー、技術教師のトム・サヴィーニ、精神科医ジョーン・キューザックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021