4373 Movies

毒薬と老嬢 Arsenic and Old Lace (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人助けのために殺人を慈善と思い込む叔母姉妹に翻弄される作家と家族が巻き起こす騒動を描く、製作、監督フランク・キャプラ、主演ケイリー・グラントジョセフィン・ハルジーン・アデーアレイモンド・マッセイピーター・ローレプリシラ・レインジャック・カーソンエドワード・エヴァレット・ホートン他共演のブラック・コメディ。


コメディ

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フランク・キャプラ

製作:フランク・キャプラ
原作:ジョセフ・ケッセルリング毒薬と老嬢”(戯曲)
脚本
ジュリアス・J・エプスタイン
フィリップ・G・エプスタイン
撮影:ソル・ポリト
編集:ダニエル・マンデル
音楽:マックス・スタイナー

出演
モーティマー・ブルースター:ケイリー・グラント
アビー・ブルースター:ジョセフィン・ハル
マーサ・ブルースター:ジーン・アデーア
ジョナサン・ブルースター:レイモンド・マッセイ
ハーマン・アインスタイン博士:ピーター・ローレ
エレイン・ハーバー・ブルースター:プリシラ・レイン
“テディ・ルーズベルト”ブルースター:ジョン・アレグザンダー
パトリック・オハラ巡査:ジャック・カーソン
サンダース巡査:ジョン・リッジリー
ブロフィー巡査部長:エドワード・マクナマラ
ルーニー警部:ジェームズ・グリースン
ウィザースプーン:エドワード・エヴァレット・ホートン
ハーパー牧師:グラント・ミッチェル
カルマン判事:ヴォーン・グレイザー
ギルクリス医師:チェスター・クルート
ギブス:エドワード・マクウェイド
タクシー運転手:ギャリー・オーウェン
新聞記者:チャールズ・レイン
新聞記者:ハンク・マン
役所の婚姻係:スペンサー・チャーターズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1944年製作 118分
公開
北米:1944年9月23日
日本:1948年9月28日
製作費 $1,120,175


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークハロウィン
演劇評論家である作家のモーティマー・ブルースター(ケイリー・グラント)は、恋人のエレイン・ハーバー(プリシラ・レイン)と共に婚姻届けをするために順番を待つ。

新聞記者の二人(チャールズ・レイン/ハンク・マン)に気づかれたモーティマーは、結婚を否定する男として世間に知られていたため、トラブルを避けようとしてその場から逃げる。

エレインに結婚できないと伝えたモーティマーだったが、考えを変えて再び受付の列に並ぶ。

ブルックリン
裕福な人々が暮らす住宅街の巡回を担当するブロフィー巡査部長(エドワード・マクナマラ)と新人のパトリック・オハラ巡査(ジャック・カーソン)は、ブルースター姉妹の屋敷の近所を見回る。

資産家であるにも拘らず、姉妹が部屋を貸していることを不思議に思うオハラは、ブロフィーから、姉妹のマーサとアビー(ジーン・アデーア/ジョセフィン・ハル)が、慈善家である心優しい女性だという話を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブルックリンハロウィン
演劇評論家である作家のモーティマー・ブルースターは、エレインと結婚する。
高級住宅街に住む叔母姉妹のアビーとマーサの屋敷に向かったモーティマーは、隣りの教会の娘であるエレインとハネムーンの準備をする。
少々気が触れていたアビーとマーサは、気の毒な老人を家に招き、彼らのためを思い毒殺していたのだった。
姉妹は、自分を”セオドア・ルーズベルト”だと思い込んでいる甥のテディに、死体を地下室に埋めさせていた。
死体に気づいたモーティマーは驚き、精神異常者のテディが殺したと思い、彼を療養所に入れる手続きを始めるのだが、そこに犯罪者の兄ジョナサンが現れる・・・。
__________

1941年に上演された、ジョセフ・ケッセルリングの戯曲を基にした舞台劇”毒薬と老嬢”の映画化。

ボブ・ホープの主演が叶わなかったためにケイリー・グラントが配役され、”ボリス・カーロフ”に似ていると設定の”ジョナサン・ブルースター”役は、舞台でその役を演じたボリス・カーロフ自身が演ずる話があったものの実現せず、彼の名前だけが映画の中で使用されることが許可さたという経緯がある。

叔母姉妹の殺人を知った主人公の慌てぶりを含めて、異常者一家で起きる奇妙な騒動をシニカルに描く、慌ただしいことこの上ないブラック・コメディに仕上がっている。

様々な登場人物の個性を活かし、人間味あふれる物語に仕上げるフランク・キャプラの職人芸が光る、実に愉快な作品だ。

主人公を演ずるケイリー・グラントは、オーバーアクション気味ではあるものの、表情豊かな熱演ぶりは圧巻だ。

自分たちの殺人を慈善と考える、とぼけた雰囲気で主人公の叔母姉妹を好演するジョセフィン・ハルジーン・アデーア、整形手術による異様な雰囲気で登場する、犯罪者である主人公の兄を怪演するレイモンド・マッセイ、彼と手を組む形成外科医のピーター・ローレ、主人公の妻になるものの、夫の異常な行動に翻弄されるプリシラ・レイン、主人公の兄で自分を”セオドア・ルーズベルト”だと思い込んでいるジョン・アレグザンダー、主人公一家に関わる新人の警官ジャック・カーソン、その上司エドワード・マクナマラ、二人の上司である警部ジェームズ・グリースン、その部下ジョン・リッジリー、精神科医療施設の院長エドワード・エヴァレット・ホートン、老姉妹の屋敷に隣接する教会の牧師でヒロインの父親グラント・ミッチェル、判事のヴォーン・グレイザー、医師のチェスター・クルート、屋敷の部屋を借りに来る老人エドワード・マクウェイド、冒頭からラストまで屋敷の前で待たされるタクシー運転手のギャリー・オーウェン、主人公を取材しようとする新聞記者のチャールズ・レインハンク・マン、役所の婚姻係スペンサー・チャーターズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021