4452 Movies

凸凹猛獣狩 Africa Screams (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気コメディアン”アボットとコステロ”コンビによる”凸凹シリーズ”の17作目。
大物ハンターに扮して一攫千金を狙う2人組がアフリカで巻き起こす騒動を描く、監督チャールズ・バートン、主演バッド・アボットルー・コステロヒラリー・ブルックマックス・ベアバディ・ベア他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・バートン

製作
エドワード・ナッソー
ハンティントン・ハートフォード
脚本:アール・ボールドウィン
撮影:チャールズ・バン・エンガー
編集:フランク・グロス
音楽:ウォルター・シューマン

出演
バズ・ジョンソン:バッド・アボット
スタンリー・リヴィングトン:ルー・コステロ
本人:クライド・ビーティ
本人:フランク・バック
グラップラー・マッコイ:マックス・ベア
ブーツ・ウィルソン:バディ・ベア
ダイアナ・エマーソン:ヒラリー・ブルック
ガナー:シェンプ・ハワード
ハリー:ジョー・ベッサー
ボボ:バートン・ウェンランド
ゴリラ:チャールズ・ジェモラ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1949年製作 79分
公開
北米:1949年5月27日
日本:1952年12月13日
製作費 $500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
デパートの書籍コーナーの店員バズ・ジョンソン(バッド・アボット)は、現れたダイアナ・エマーソン(ヒラリー・ブルック)から、”ダーク・サファリ”という本のことを訊かれる。

バズの同僚スタンリー・リヴィングトン(ルー・コステロ)は、巨漢の2人組グラップラー・マッコイ(マックス・ベア)とブーツ・ウィルソン(バディ・ベア)から”ダーク・サファリ”のことを訊かれる。

絶版だと言われたグラップラーとブーツは、本の中の地図を覚えているかスタンリーに尋ねる。

地図が描ければ1000ドル払うと言われたスタンリーは、7時半に店の裏口に来るようにと指示される。

バズも絶版だとダイアナに伝えるが、彼女が本の地図に2500ドル払う気だったことを知り驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
デパートの書籍コーナーの店員バズ・ジョンソンとスタンリーは、客のダイアンから、ある地図に2500ドルを払うと言われ、協力することになる。
地図が描けるスタンリーを大物ハンターということにしたバズは、巨大”猩猩”を捕らえる目的のダイアンのアフリカ旅行に同行し、一攫千金を狙うのだが・・・。
__________

アボットとコステロ”コンビによる”凸凹シリーズ”の17作目。

単なるデパートの書籍コーナーの店員が、巨大”猩猩”を捕らえる神秘的な旅に同行することになるまでの序盤のプロセスがまず面白い。

その後も息つく暇のないギャグの連続で大いに楽しめる内容であり、使い古されたような笑いのネタ(当時としても・・・)も意外に新鮮に感じられる、アボットとコステロの体を張った熱演は見ものだ。

また、主人公らの旅に同行し本人役で登場する有名な動物トレーナーのクライド・ビーティのライオンの調教や、ボクシング元世界チャンピオンのマックス・ベアと弟バディ・ベアの巨漢2人の迫力ある殴り合いなど見どころも多い。

旅に同行する有名なハンターのフランク・バックアフリカのダイヤを手に入れようとする悪人なのだが上品で美しい女性ヒラリー・ブルック、その部下マックス・ベアバディ・ベア、旅に加わる視力に問題がある護衛のシェンプ・ハワード、使用人のジョー・ベッサー、ゴリラ役のチャールズ・ジェモラなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021