4352 Movies

ノートルダムの傴僂男 The Hunchback of Notre Dame (1923)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1831年に発表された、ヴィクトル・ユーゴーの小説”ノートルダム・ド・パリ”を基に製作された作品。
ノートルダム大聖堂のせむし男と呼ばれる鐘突きとジプシーの少女の関係と男たちの愛憎を描く、製作カール・レムリアーヴィング・タルバーグ、監督ウォーレス・ウォースリー、製作、主演ロン・チェイニーパッツィ・ルース・ミラーノーマン・ケリー他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ウォーレス・ウォースリー

製作
カール・レムリ
ロン・チェイニー
アーヴィング・タルバーグ
原作:ヴィクトル・ユーゴーノートルダム・ド・パリ
脚本
エドワード・T・ロウJr.
パーレー・プーア・シーハン
撮影
ロバート・ニューハード
トニー・コーンマン
ヴァージル・ミラー
スティーブン・S・ノートン
チャールズ・J・シュトゥマー
編集
エドワード・カーチス
モーリス・ピヴァー
シドニー・シンガーマン
音楽
セシル・コッピング(1924)
カール・エドゥアルド(1924)
サム・ペリー(1929)
ハインツ・ローメンヘルド(1931)

出演
カジモド:ロン・チェイニー
エスメラルダ:パッツィ・ルース・ミラー
フェビュス・ド・シャトーペール:ノーマン・ケリー
ゴンドローリエ夫人:ケイト・レスター
フルール=ド=リ:ウィニフレッド・ブライソン
クロード・フロロ:ナイジェル・ド・ブルリエ
ジャン・フロロ:ブランドン・ハースト
クロパン:アーネスト・トレンス
ルイ11世タリー・マーシャル
ヌーシャテル:ハリー・フォン・メーター
ピエール・グランゴワール:レイモンド・ハットン
トルテル:ニック・デ・ルイス
マリー:ユーラリー・ジェンセン
シャルモルー:ロイ・レイドロー
シャルモルーの助手:レイ・マイヤーズ
ジョセフス:ウィリアム・パーク
ギュデュール:グラディス・ブロックウェル
法廷判事:ジョン・コッサー
王の侍従長:エドウィン・ウォロック
ジプシーの少女:ルイーズ・ラプランシュ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1923年製作 102分 117(ディレクターズ・カット) 98分(編集版)
公開
北米:1923年9月6日
日本:1924年10月3日
製作費 $1,250,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1482年、パリノートルダム大聖堂
迫害を受けた者が心の安らぎと保護を求めた聖域は、強い信仰心に支えられ、永遠の時が流れた。

愚人祭。
広場に集まった圧政に苦しむ民衆は、一時の自由を楽しんだ。

大聖堂の鐘突きで”せむし男”と呼ばれる醜い男カジモド(ロン・チェイニー)は、聾唖で片目も不自由だった。

カジモドは、鐘の音に安らぎを感じた。

ルイ11世タリー・マーシャル)は悪賢い国王で、牢獄は罪人であふれ、休む間もなく死刑が執行された。

町のジプシーや乞食などを支配する盗賊クロパン(アーネスト・トレンス)は、国王の敵だった。

ノートルダム大聖堂の大司祭クロード・フロロ(ナイジェル・ド・ブルリエ)は、女に乱暴するクロパンを制止する。

クロードの弟ジャン(ブランドン・ハースト)は、僧衣をまとった悪人であり、カジモドの主人だった。

壁を伝って地上に下りたカジモドは、自分を見て騒ぐ人々を挑発する。

ジプシーの踊り子エスメラルダ(パッツィ・ルース・ミラー)は、クロパンが育てた娘だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1482年、パリノートルダム大聖堂
鐘突きで”せむし男”と呼ばれる醜い男カジモドは、大司教クロードの弟ジャンの指示で、ジプシーの少女エスメラルダをさらおうとする。
惹かれていたエスメラルダの危機を知った国王の近衛兵隊長フェビュスは、彼女を助けてカジモドを逮捕する。
フェビュスとの関係を深めるエスメラルダは、鞭打ち刑に処せられるカジモドを気の毒に思い、彼に優しく接するのだが・・・。
__________

ヴィクトル・ユーゴーの小説”ノートルダム・ド・パリ”を基に製作された作品。

カール・レムリアーヴィング・タルバーグ、そして主演のロン・チェイニーが製作し、手掛けた作品すべてがサイレント映画として知られるウォーレス・ウォースリーが、引退間近に監督した作品。

各登場人物の個性を丹念に描くウォーレス・ウォースリーの演出、ノートルダム大聖堂他の見事なセットを含め、芸術性もあるスケール感を感じさせる迫力映像で迫る、サイレント映画の秀作として非常に評価が高い作品。

カール・レムリ製作のユニバーサルの大作であるため、主人公のカジモドを演ずるロン・チェイニーのメイクなどはホラー映画を感じさせる。

カジモド役を熱望したロン・チェイニーが映画化権を取得し、製作を兼ねて主演した意欲作であり、ノートルダム大聖堂での彼のアクロバチックなアクションなども見ものだ。

撮影当時18~19歳であり、あどけなさが残るヒロインのエスメラルダを好演して絶賛されたパッツィ・ルース・ミラー、彼女に惹かれる国王の近衛兵隊長フェビュス・ド・シャトーペールのノーマン・ケリー、彼の婚約者フルール=ド=リのウィニフレッド・ブライソン、その伯母ゴンドローリエ夫人のケイト・レスターノートルダム大聖堂の大司教クロード・フロロのナイジェル・ド・ブルリエ、その弟で、エスメラルダを狙う邪悪な心の持ち主ジャン・フロロのブランドン・ハースト、闇社会を牛耳るクロパンのアーネスト・トレンスルイ11世タリー・マーシャル、吟遊詩人ピエール・グランゴワールのレイモンド・ハットン、ジプシーの女王ユーラリー・ジェンセン、クロードの友人ロイ・レイドロー、その助手レイ・マイヤーズ、エスメラルダの母親グラディス・ブロックウェル、法廷判事のジョン・コッサー、国王の侍従長エドウィン・ウォロック、ジプシーの少女ルイーズ・ラプランシュ、他ハリー・フォン・メーターニック・デ・ルイスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020