4452 Movies

セントルイス銀行強盗 The Great St. Louis Bank Robbery (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

セントルイスで実際に起きた銀行強盗を描く、製作、監督チャールズ・グッゲンハイム、ジョン・スティックス、主演スティーヴ・マックイーンクラハン・デントンデヴィッド・クラーク他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen 作品一覧
スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen / Pinterest


スタッフ キャスト
監督

チャールズ・グッゲンハイム
ジョン・スティックス
製作:チャールズ・グッゲンハイム
脚本:リチャード・T・ヘフロン
撮影:ヴィクター・ダンカン
編集:ウォーレン・アダムス
音楽:ベルナルド・セガール

出演
ジョージ・ファウラー:スティーヴ・マックイーン
ジョン・イーガン:クラハン・デントン
ジーノ:デヴィッド・クラーク
ウィリー:ジェームズ・デューカス
アン:モリー・マッカーシー
エディの妻:マーサ・ゲーブル
エディ:ラリー・ガースト

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1959年製作 89分
公開
北米:1959年9月10日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
セントルイス
青年ジョージ・ファウラー(スティーヴ・マックイーン)は、別れた恋人アン(モリー・マッカーシー)の兄で前科者のジーノ(デヴィッド・クラーク)から、ジョン・イーガン(クラハン・デントン)を紹介される。

タワー・グローヴ・パーク
ジョンからウィリー(ジェームズ・デューカス)を紹介されたジョージは、銀行強盗に誘われる。

銀行の窓口に届けられる10万ドルを奪うことを考えるジョンは、来週の金曜日以降の実行に向けて準備を始める。

ジョージは、運転しかしないつもりだとジーノに伝える。

ジーノから、アンに会い100ドル都合して来いと言われたジョージは、気が進まなかった。

ジョンと共に車のナンバープレートを盗みに行ったジョージは、運転しかする気がないことを伝える。

出来なければ他の者を捜すと言われたジョージは指示に従い、駐車場で女性の車のナンバーを盗む。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
セントルイス
青年ジョージ・ファウラーは、元恋人アンの兄で前科者のジーノにジョンを紹介され、ウィリーを加えた4人で銀行強盗の計画を実行することになる。
ジョージは運転手を任されて準備は進められるのだが、アンが計画に気づいたために問題になる。
ジーノと相談したジョージは、アンと話をして口止めしようとするのだが・・・。
__________

セントルイスで実際に起きた銀行強盗を描く犯罪ドラマ。

終盤で計画が実行されるシーンでは、事件を再現するためにセントルイス警察署員が出演し協力している。

将来が不安な青年の苦悩や犯罪者の心理、各登場人物の個性も丹念に描かれた作品に仕上がっている。

何と言っても注目は、今後の人生に不安を感じながら犯罪に手を染める青年を好演する主演のスティーヴ・マックイーンだ。
アクション他で大活躍することになる1960年代に向けて、着実にキャリアを積み重ねている姿や、その演技者としての実力も窺える貴重な作品でもある。

犯罪グループのリーダーとして計画を練り実行するクラハン・デントン、主人公を子供時代から世話してきた犯罪者で、刑務所に戻ることを恐れるデヴィッド・クラーク、その仲間であるジェームズ・デューカス、主人公の元恋人であり、犯行に加わらないよう説得するモリー・マッカーシー、犯行時に銀行内にいた夫婦マーサ・ゲーブルとラリー・ガーストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021