4213 Movies

9時から5時まで 9 to 5 (1980)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

離婚を機に企業に入社した新人、日頃こき使われている女性社員、妙な噂を流された秘書が手を組んだ憎き上司への復讐劇を描く、監督、脚本コリン・ヒギンズ、主演ジェーン・フォンダリリー・トムリンドリー・パートンダブニー・コールマンスターリング・ヘイドン他共演の痛快コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:コリン・ヒギンズ
製作:ブルース・ギルバート
脚本
コリン・ヒギンズ

パトリシア・レズニック
撮影:レイナルド・ヴィラロボス

編集:ペンブローク・J・ヘリング
音楽:チャールズ・フォックス

出演
ジェーン・フォンダ:ジュディ・バーンリー
リリー・トムリン:ヴァイオレット・ニューステッド
ドリー・パートン:ドラリー・ローズ
ダブニー・コールマン:フランクリン・ハートJr.
スターリング・ヘイドン:ラッセル・ティンスワースリー
エリザベス・ウィルソン:ロズ・キース
ヘンリー・ジョーンズ:ヒンクル
ローレンス・プレスマン:ディック・バーンリー
マリアン・マーサーミッシー・ハート
ペギー・ポープ:マーガレット・フォスター
アール・ボーエン:パーキンス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1980年製作 108分
公開
北米:1980年12月19日
日本:1981年5月2日
北米興行収入 $103,290,500


アカデミー賞 ■
第53回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞”Nine to Five


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
離婚を機に、ある企業に就職することになったジュディ・バーンリー(ジェーン・フォンダ)は、部長のフランクリン・ハートJr.(ダブニー・コールマン)と面接する。

ジュディは、入社12年目の古株である課長ヴァイオレット・ニューステッド(リリー・トムリン)から、ハートの”噂”を聞かされて不安になる。

さらに、次長のロズ・キース(エリザベス・ウィルソン)は、ハートの”スパイ”だということもジュディは知らされる。

ハートを入社時から知るヴァイオレットは、自分の上司になった彼にこき使われていた。

そんなハートは、秘書ドラリー・ローズ(ドリー・パートン)に夢中で、彼女の機嫌取りに必死だった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
離婚を機に、自立を考えるジュディ・バーンリーは大企業に採用される。
上司のハートにこき使われている、ベテラン社員のヴァイオレットは、ジュディの世話役を引き受ける。
ハートの秘書ドラリーは、関係を迫る彼と既に親密だと噂され、女性社員から嫌われていた。
ある日、ヴァイオレットは自分の昇進が見送られたことに腹を立てて、ハートがドラリーと親密だという噂を、言いふらしていると暴露してしまう。
ドラリーは、自分が嫌われている理由を理解して憤慨する。
ジュディも、同僚をハートが解雇したことに納得いかず、意気投合した3人は彼の殺害計画を想像する。
翌日、ヴァイオレットは、誤ってハートのコーヒーに毒を入れてしまうが、彼はそれを飲まずに、椅子が倒れて意識を失ってしまう。
殺人計画が現実になったと思い込むヴァイオレットだったが、それが誤解と分かる。
そして、その件を利用しドラリーに言い寄ろうとしたハートを、3人は監禁してしまう。
そして3人は、ハートが社内品の横領をしていることを知り、彼を監禁している間に、その証拠を掴もうとするのだが・・・。
__________

ドリー・パートンの軽快なテーマ曲に乗り、前作の「ファール・プレイ」(1978)でも見せた、コミカルでテンポの良いコリン・ヒギンズの演出は冴え、実に楽しい内容に仕上がっている。

アメリカ国内だけでも、1億ドルを超える大ヒットとなった作品。

第53回アカデミー賞では、挿入歌”Nine to Five”が、歌曲賞にノミネートされた。

コールガール」(1971)、「帰郷」(1978)で2度のアカデミー主演賞を獲得したばかりのジェーン・フォンダが、あえて冴えないOLに挑戦した意欲作で、彼女の出演作中で最高の興行収入を記録した。
*北米興行収入 $103,290,500

白雪姫にまでなってしまうリリー・トムリンの姉御肌の古株社員や、ドリー・パートンのお色気たっぷりで可愛気もある秘書役もなかなかいい。

出演作などは多いものの、年齢の割にはそれ程の大役がなかったダブニー・コールマンは、意地の悪い上司として憎まれ役を熱演している。

ジョン・ヒューストンを彷彿させる、クライマックスに登場するスターリング・ヘイドンも大ベテランらしく貫禄十分だ 。

部長(D・コールマン)のスパイで次長のエリザベス・ウィルソン、社長のヘンリー・ジョーンズ、ジュディ(J・フォンダ)の元夫ローレンス・プレスマン、ハート(D・コールマン)の妻マリアン・マーサー、アル中の女性社員のペギー・ポープ、会長の秘書でアール・ボーエンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020