4297 Movies

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

F・スコット・フィッツジェラルド同盟短編小説が原作。
80歳代の体で生まれ時と共に若返っていく男性と彼を愛した女性の運命を描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演ブラッド・ピットケイト・ブランシェットジュリア・オーモンドティルダ・スウィントンタラジ・P・ヘンソン他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作
キャスリーン・ケネディ

フランク・マーシャル
セアン・チャフィン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本:エリック・ロス
撮影:クラウディオ・ミランダ
編集
カーク・バクスター

アンガス・ウォール
美術・装置
ドナルド・グラハム・バート

ヴィクター・J・ゾルフォ
衣裳デザイン:ジャクリーン・ウェスト
音楽:アレクサンドル・デプラ

出演
ブラッド・ピット:ベンジャミン・バトン
ケイト・ブランシェット:デイジー・フラー
ジュリア・オーモンド:キャロライン・フラー
タラジ・P・ヘンソン:クィーニー
ティルダ・スウィントン:エリザベス・アボット
ジャレッド・ハリス:マイク・クラーク船長
ジェイソン・フレミング:トーマス・バトン
フォーン・A・チェンバーズ:ドロシー・ベイカー
マハーシャラルハズバズ・アリ:ティジー・ウェザース
イライアス・コティーズ:ガトー
フィリス・サマーヴィル:フラー夫人
エル・ファニング:デイジー・フラー(6歳)
デヴィッド・ジェンセン:医師
ジョーアンナ・セイラー:キャロライン・バトン
テッド・マンソン:ドウズ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
2008年製作 166分
公開
北米:2008年12月25日
日本:2009年2月7日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $127,509,330
世界 $329,809,330


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・受賞
美術・メイクアップ・視覚効果賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ブラッド・ピット)
助演女優(タラジ・P・ヘンソン)
脚色・編集・撮影・録音
衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2005年8月、ニューオリンズ
ハリケーン・カトリーナ”が接近する中、病院で死の床につく老女デイジー・フラー(ケイト・ブランシェット)は、娘のキャロライン(ジュリア・オーモンド)に語り始める。
__________

第一次大戦中、ガトー(イライアス・コティーズ)という盲目の時計職人が、ニューオリンズ駅の大時計の作製を依頼される。

やがてガトーの息子は出征して戦死してしまうが、悲しみを乗り越えてガトーは時計を完成させ、除幕式の日を迎える。

しかし、動き出した時計の針が反対方向に回り始めたため、人々は驚く。

ガトーは、時が過去に戻れば、息子や戦争で死んだ若者は取り戻せると説明する。

そして、その後、ガトーは消息を絶つ。
__________

謎めいた話を終えたデイジーは、キャロラインに一冊の日記帳を見せる。

デイジーは、それを何度も読もうとしたのだが、その勇気がなく、自らの死を間近に、キャロラインにそれを読んでもらおうとする。

その日記は、ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)という人物が書いたもので、多くの写真と絵葉書などが添えられていた。

キャロラインは、母親の要望に応えてそれを読み始める。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2005年8月、ニューオリンズ
ハリケーン・カトリーナが接近する中、病院で、死の床につく老女デイジーは、娘キャロラインに語り始める・・・。
第一次大戦で、息子を亡くした盲目の時計職人が、時が過去に戻れば、息子や戦死した若者の命が取り戻せると、針が反対方向に動く時計を作ったという話をした後、デイジーは、キャロラインに一冊の日記帳を見せる。
日記を読む勇気がなかったデイジーは、それをキャロラインに読んでもらう。
1918年、第一次大戦、終結の日。
ボタン工場の経営者バトンに男の子が生まれるが、出産で亡くなった妻に託された子供を、醜い姿故に、彼は老人養護施設のポーチに置き去りにする。
施設の責任者クィーニーは子供を見つけ、醜い姿を気にせず、神から授かった子だとして育てる決心をする。
医師の診断では、子供はなんと80代の老人だっが、クィーニーは、ベンジャミンという名前を付けて溺愛する。
その後、年を重ねるにつれてベンジャミンは若返り、彼は、施設の祖母に会いに来た少女デイジーと知り合い親しくなる。
やがて、身体的障害もなくなったベンジャミンは、タグボートのマイク船長に雇われ、働くことと大人の世界を知ることになる。
17歳になったベンジャミンは、船の乗組員になることを決めて、クィーニーやデイジーに別れを告げる。
その後デイジーは、ニューヨークのバレエ学校に入り、ベンジャミンは若返り続けながら世界中を旅する・・・。
__________

物語は、1918年の第一次大戦終結から、2005年のハリケーン・カトリーナの襲来するニューオリンズを舞台に描かれている。

普通の人々とは違う運命を背負った主人公のベンジャミンは、時の流れと共に、生まれながらのハンデを克服していき、様々な人々や世界を見ながら成長する・・・。
主人公が若返っていく姿を、淡々と描いていくストーリーは、時の流れを止めることや、逆らうこともできないという、人間の運命を深く考えさせられる作品となっている。

主人公とそれ以外の人々を含め、登場人物の表情の豊かさや、指先などまでを丹念に描写するところなど、デヴィッド・フィンチャーの、人間の命の尊さや一生の重みを、見事に表現した演出は素晴らしい。

エリック・ロスの脚色は、彼の作品「フォレスト・ガンプ」(1994)を思い起こさせる展開で進行するが、盛り上がりを意識的に抑えているようにも思えるところが、コメディ・タッチの「フォレスト・ガンプ」とは異なり実に興味深い。

1910年代から21世紀までの各時代を見事に映し出したセットや美しい映像、また衣装の素晴らしさも見所だ。

第81回アカデミー賞では、作品賞をはじめ、最多の13部門にノミネートされ、美術、メイクアップ、視覚効果賞を受賞した。

・ノミネート
作品、監督
主演男優(ブラッド・ピット)
助演女優(タラジ・P・ヘンソン)
脚色、編集、撮影、録音
衣装デザイン、作曲賞

特撮や特殊メイクも話題になり、派手さはないが、製作費は1億5000万ドル、北米興行収入は約1億2800万ドル、全世界で約3億3000万ドルの大ヒットとなった。

若返ってしまったブラッド・ピットに、逆にがっかりしてしまうほど、見事な特殊メイクと特撮を駆使し熱演する、年老いたベンジャミンの演技は見応えがある。

少女から80歳過ぎの老女までを演ずるケイト・ブランシェットは、同一人物を演ずるが、実質的には二役と言っていいほど、重厚で存在感のある演技を見せてくれる。

バレエを習い始める10代のデイジーを演ずる、彼女の輝くような美しさが非常に印象に残る。

母の死を前に、自らの出生の秘密を知るジュリア・オーモンド、ベンジャミンの育ての母タラジ・P・ヘンソンロシアで主人公と愛し合うイギリス政府のスパイの妻ティルダ・スウィントン、主人公に人生の楽しみ方を教える、豪快な船長役のジャレッド・ハリス、主人公を捨てた実の父親ジェイソン・フレミング、育ての母の夫マハーシャラルハズバズ・アリなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020