4238 Movies

ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

同時多発テロの首謀者ウサーマ・ビン・ラーディンの所在を知り殺害する計画に加わった、CIA分析官の執念の捜索と戦いの日々を描く、製作、監督キャスリン・ビグロー、主演ジェシカ・チャステインジェイソン・クラークマーク・ストロングジェニファー・イーリー他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジェシカ・チャステイン / Jessica Chastain / Pinterest
マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:キャスリン・ビグロー
製作
マーク・ボール

キャスリン・ビグロー
ミーガン・エリソン
製作総指揮
コリン・ウィルソン

グレッグ・シャピロ
テッド・シッパー
脚本:マーク・ボール
撮影:グレイグ・フレイザー
編集
ウィリアム・ゴールデンバーグ

ディラン・ティチェナー
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
マヤ・ランバート:ジェシカ・チャステイン

ダン:ジェイソン・クラーク
ジョージ:マーク・ストロング
ジョセフ・ブラッドリー:カイル・チャンドラー
ジェシカ:ジェニファー・イーリー
スティーヴ:マーク・デュプラス
レッド中隊指揮官:フランク・グリロ
国家安全保障顧問:スティーヴン・ディレイン
ラリー:エドガー・ラミレス
ジャック:ハロルド・ペリノーJr.
アンマルレダ・カテブ
レオン・パネッタジェームズ・ギャンドルフィーニ
パトリック:ジョエル・エドガートン
ジャスティン:クリス・プラット
ジャレッド:テイラー・キニー
ジョン:スコット・アドキンス
C-130パイロット:マーク・バレー
ウサーマ・ビン・ラーディンリッキー・セコン

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
2012年製作 157分
公開
北米:2012年12月19日
日本:2013年2月15日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $95,720,720
世界 $132,820,720


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・受賞
音響編集賞
・ノミネート
作品
主演女優(ジェシカ・チャステイン)
脚本・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2001年9月11日。
世界中を震撼させる同時多発テロ事件が発生する。

”サウジ・グループ”

2年後、ある秘密施設。
CIA分析官マヤ・ランバート(ジェシカ・チャステイン)は、テロ事件の首謀者ウサーマ・ビン・ラーディンとの関係を知るために捕えたアンマル(レダ・カテブ)を拷問する諜報の専門家ダニエル”ダン”(ジェイソン・クラーク)に付き添う。

容赦なくアンマルを罵倒し痛めつけるダンの行為を直視できないマヤだったが、”911”の実行犯に金を渡し、150キロもの爆発物を自宅に所持していた彼は拷問されれ続ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*参考
ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害

*(簡略ストー リー)
2011年9月11日、同時多発テロが起きる。
パキスタン
CIA分析官のマヤ・ランバートは、テロの首謀者ウサーマ・ビン・ラーディンの所在を突き止めるため、諜報の専門家ダンと行動を共にする。
捕虜を捕え拷問するダンの強引な方法を受け入れられず、時間だけが過ぎ進まない捜査にマヤは苛立つ。
捕虜拷問が人権問題になり、アメリカの強硬な姿勢は非難を受け、ダンは帰国する。
しかしマヤは、ビン・ラーディンを捕え殺害することに執念を燃やす。
その後、自爆テロにより同僚を亡くしたマヤは、人為的ミスで確認することができなかった、ビン・ラーディンの連絡員である重要人物の存在を知るのだが・・・。
__________

テロの脅威、それに対抗する、アメリカによる関係各国への弾圧とも言える行為を問題視する、社会派ドラマとも思える内容であるが、終盤は、ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害に到るまでの作戦計画をサスペンスとして描かれ、キャスリン・ビグローの力強い演出は見応えある。

長期に渡る困難極まる計画遂行と同時に起きる、収まることのないテロの恐ろしさ。
その脅威を一掃しようとする、大国アメリカの武力、技術力を駆使した強引なまでの作戦の実行のリアルな描写、他人事のようにしか捉えていない自分達への警鐘とも言える内容に、責任のようなものを感じてしまう。

第85回アカデミー賞では、音響編集賞を受賞し、作品、主演女優(ジェシカ・チャステイン)、脚本、編集賞にノミネートされた。

北米興行収入は約9600万ドル、全世界では1億3300万ドルのヒットとなった。

前年公開の「ペイド・バック」(2011)でもモサドの工作員を好演したジェシカ・チャステインは、冒頭では捕虜拷問をためらいながら、長期化するターゲット捜索の中で、ビン・ラーディンを捕え殺害することに執念を燃やすCIA分析官を熱演する。
抑えた演技ながら主人公の意志の強さを見事に表現している。
目的を達して見せる、主人公がラストで見せる”空しい”涙は非常に印象的だ。

主人公の同僚であり、序盤の存在感が注目のCIAの諜報の専門家ジェイソン・クラーク、計画責任者マーク・ストロングパキスタン支局長のカイル・チャンドラー、その部下である分析官のジェニファー・イーリー、同僚ハロルド・ペリノーJr.スコット・アドキンスマーク・デュプラス、特殊部隊”SAD”隊員のエドガー・ラミレスCIA長官のレオン・パネッタジェームズ・ギャンドルフィーニパキスタン人捕虜アンマルレダ・カテブNavy SEALs隊員ジョエル・エドガートンクリス・プラットテイラー・キニー、国家安全保障顧問スティーヴン・ディレイン、レッド中隊指揮官フランク・グリロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020