4186 Movies

戦艦バウンティ号の叛乱 Mutiny on the Bounty (1935)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

イギリスの戦艦バウンティで、1789年4月に実際に起きた、”バウンティ号の反乱”を題材に1932年に発表された、チャールズ・ノードホフジェームズ・ノーマン・ホールによる同名小説の映画化。
製作アーヴィング・タルバーグ、監督フランク・ロイドチャールズ・ロートンクラーク・ゲーブルフランチョット・トーンドナルド・クリスプデヴィッド・ニーヴン共演。


アクション/アドベンチャー

クラーク・ゲーブル / Clark Gable / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・ロイド
製作:アーヴィング・タルバーグ
原作
チャールズ・ノードホフ

ジェームズ・ノーマン・ホール
脚本
タルボット・ジェニングス

ジュールス・ファースマン
ケイリー・ウィルソン
撮影:アーサー・エディソン
編集:マーガレット・ブース
音楽:ハーバート・ストサート

出演
チャールズ・ロートンウィリアム・ブライ艦長
クラーク・ゲーブル:フレッチャー・クリスチャン
フランチョット・トーン:ロジャー・バイアム
エディ・ クィラン:エリソン
ドナルド・クリスプ:バーキット
ヘンリー・スティーヴンソン:ジョセフ・バンクス卿
ダドリー・ディッグス:バッカス
ダグラス・ウォルトン:スチュワート
スプリング・バイイントン:バイアム夫人
ハーバート・マンディン:スミス
デヴィッド・ニーヴン:エキストラ

アメリカ 映画
配給 MGM
1935年製作 132分
公開
北米:1935年11月22日
日本:1938年5月19日
製作費 $1,950,000


アカデミー賞 ■
第8回アカデミー賞
・受賞
作品賞
・ノミネート
監督
主演男優
チャールズ・ロートン
クラーク・ゲーブル

フランチョット・トーン
脚本・編集・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1787年。
イギリス戦艦バウンティ号は、タヒチ島への出港を前にポーツマス港に停泊していた。

任務は、奴隷の食料用にパンノキを入手し、西インド諸島に運ぶことだった。

だが、厳格な海洋法の下に反乱が起き、船も積荷も目的地に到着することはなかった。

伝説となったこの反乱は、船乗りに新たな規律を与え、イギリス海軍の力を揺るぎないものにした。
__________

戦艦バウンティの一等航海士フレッチャー・クリスチャン(クラーク・ゲーブル)は、船乗りを集め、若い海軍士官候補生ロジャー・バイアム(フランチョット・トーン)は、意気揚々とバウンティに乗船する。

妻子を陸に残しての、2年もの航海に不安を抱くエリソン(エディ・クィラン)を、クリスチャンは男を上げるチャンスだと言って励ます。

ウィリアム・ブライ艦長(チャールズ・ロートン)も乗艦し、いよいよバウンティは出港準備を始める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1787年。
一等航海士クリスチャンは、イギリス海軍士官候補生バイアム他、船乗りを集めて、その後、ウィリアム・ブライ艦長指揮下、戦艦バウンティは出港する。
バウンティの任務は、奴隷用のパンノキを入手し、西インド諸島に運ぶことだった。
ブライ艦長は、船員に恐怖を与えて統率する考えを変えず、クリスチャンは、それに意見するものの全く聞き入れられない。
船員と諍いを起こしたバイアムも例外ではなく、彼は艦長の命令で厳しい罰を与えられる。
さらに艦長は、船員の働きの悪さを指摘して罵倒するばかりだった。
艦長の仕打ちと、特権を利用して私腹まで肥やそうとする彼の行動に耐えかねたクリスチャンは、ついに暴言を吐いてしまう。
軍法会議にかけられそうになったクリスチャンは、帰国後に、裁判に訴える考えを艦長に述べるのだが・・・。
__________

1962年に、マーロン・ブランド主演でリメイクされ、1954年のハンフリー・ボガート主演の「ケイン号の叛乱」も物語は似ているが、こちらは本作とは関係がない。

海洋もの作品を得意とするフランク・ロイドの、当時としては空前のスケールと迫力で描かれる、大プロデューサー、アーヴィング・タルバーグ製作のスペクタクル超大作。

極悪非道とも言える船員への虐待を繰り返す艦長、人望厚い一等航海士、若い士官候補生が、長い航海の末に行き着くそれぞれの人生や人間模様、抵抗や反逆だけでは結論を出せない、軍隊の規律のあり方などが繊細に描かれた傑作ドラマ。

第8回アカデミー賞では、作品賞を受賞し、主演の3人は共に主演賞に、また監督、脚本、編集、音楽賞にノミネートされた。

名優というには、実はまだ若いチャールズ・ロートンの貫禄の演技は、敵役の艦長として異彩を放つ。(撮影当時35歳)

前年「或る夜の出来事」(1934)でアカデミー主演賞を獲得したクラーク・ゲーブルの、圧倒的な迫力と勇ましさは、正に若くして”ハリウッドのキング”と言われるにに相応しい、力強さと逞しさを見せつけてくれる。

後年は、精悍な顔立ちで冷徹さが漂う雰囲気の印象があるフランチョット・トーンの、生きのいい、正義感溢れる若き士官候補生役も実に新鮮だ。

妻子を残して、強制的に船員にさせられるエディ・ クィラン、その後にハリウッドで活躍し、ジョン・フォード作品などでもお馴染みの、タフな船員ドナルド・クリスプ、バイアム(F・トーン)の後見人ヘンリー・スティーヴンソン、そしてエキストラとして、若き日のデヴィッド・ニーヴンも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020