4293 Movies

恋人たちのパレード Water for Elephants (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に発表された、サラ・グルーエンの小説”サーカス象に水を”を基に製作された作品。
巡業サーカス団に拾われた獣医の道を諦めざるを得なくなった青年の、団長の妻との恋と運命を描く、監督フランシス・ローレンス、主演リース・ウィザースプーンロバート・パティンソンクリストフ・ヴァルツハル・ホルブルック他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:フランシス・ローレンス
製作総指揮:ケビン・ハロラン
製作
アーウィン・ストフ

ギル・ネッター
アンドリュー・R・タネンバウム
原作:サラ・グルーエンサーカス象に水を
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ

撮影:ロドリゴ・プリエト
編集:アラン・エドワード・ベル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
マーリーナ・ローゼンブルース:リース・ウィザースプーン

ジェイコブ・ジャンコウスキー:ロバート・パティンソン
オーガスト・ローゼンブルース:クリストフ・ヴァルツ
ジェイコブ・ジャンコウスキー(老年期):ハル・ホルブルック
チャーリー・オブライエン:ポール・シュナイダー
キャメル:ジム・ノートン
キンコー/ウォルター:マーク・ポヴィネッリ
グレイディ:リチャード・ブレイク
ウェイド:スティーヴン・モンロー・テイラー
アール:ケン・フォリー
ブラッキー:スコット・マクドナルド
ロージーを売ろうとする男:ジェームズ・フレイン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2011年製作 120分
公開
北米:2011年4月22日
日本:2012年2月25日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $58,700,250
世界 $117,094,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
雨の夜、巡業サーカス団で働くチャーリー・オブライエン(ポール・シュナイダー)は、閉演後に現れた老人(ハル・ホルブルック)が気になり、声をかけて保護する。

1931年にサーカス団”ベンジーニ・ブラザーズ”にいたという老人ジェイコブ・ジャンコウスキー(ハル・ホルブルック)は、当時の写真を見せられて懐かしく想う。

その年、事故で閉鎖されたという”ベンジーニ・ブラザーズ”について興味を持ったチャーリーは、ジェイコブにその件を尋ね、彼は話し始める。
__________

大恐慌時代
ポーランド移民の両親の元で育ち、コーネル大学で獣医学を学んでいたジェイコブ・ジャンコウスキー(ロバート・パティンソン)は、卒業試験の最終日を迎えていた。

試験の最中に呼び出されたジェイコブは、交通事故で両親が亡くなったことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大恐慌時代。
コーネル大学で学び獣医師を目指す大学生のジェイコブ・ジャンコウスキーは、卒業試験の最中に両親を亡くし、全財産を没収されて放浪の旅に出る。
ある列車に飛び乗ったジェイコブは、それが、巡業サーカス団の列車だと気づく。
一座の花形マーリーナ・ローゼンブルースに心奪われたジェイコブだったが、彼女は独裁者的な団長オーガストの妻だった。
古株キャメルに気に入られ、雑用をしていたジェイコブは、オーガストに紹介されるものの、侵入者呼ばわりされて追い払われる。
ジェイコブは、自分が大学で獣医学を学んだことを伝えて食い下がり、一座の看板ショーに登場する、マーリーナの馬の怪我が悪化し、2週間で歩けなくなることを指摘する。
納得したオーガストは、ジェイコブを獣医として雇うのだが・・・。
__________

この邦題を見て、本作に興味を持つ人がいるのだろうか?
内容、出演者を知らなければ間違いなく無視してしまうだろう、物語に無関係なタイトルには迷わされないように。

大恐慌の最中に、夢を売るサーカス団を率いて、列車巡業をしていること自体に驚きと逞しさを感じるのだが、一筋縄ではいかない団長の、過激なまでに手荒い運営手法は、破滅の道をたどるしかなかったという、当時どこにでもあった悲劇を象徴している。

幸薄い境遇に育ったヒロインと、夢への道を閉ざされた青年との恋がメイン・テーマでもあり、苦労の末に掴んだ幸せが、末永く続いたことを写真やフィルムで端的に描写する、ミュージック・ビデオ多く手掛けるフランシス・ローレンスらしい演出も注目だ。

北米興行収入は約5900万ドル、全世界では約1億1700万ドルのヒットとなった。

馬や像を扱う姿は本職と見間違うほどであり、特訓を受けたという、役者魂を感じるリース・ウィザースプーン、「トワイライト」シリーズのキャラクター・イメージを意識させない好演を見せるロバート・パティンソンの、深みのある演技は見もので、今後の作品も大いに期待したい。

二人とは全く違う個性で、団長役を熱演するクリストフ・ヴァルツ、青年の老年期を演じて、冒頭とクライマックスだけの登場だが、その自然な演技で画面を圧倒する、撮影当時85歳のハル・ホルブルック、老人の話を熱心に聞くサーカス団員ポール・シュナイダー、青年の理解者で団員のジム・ノートン、同じくマーク・ポヴィネッリリチャード・ブレイク、スティーヴン・モンロー・テイラー、団長の部下ケン・フォリースコット・マクドナルド、像を売ろうとする男ジェームズ・フレインなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020