4217 Movies

トロピック・サンダー Tropic Thunder (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

製作が難航する戦争映画の撮影班が、スターを含めて新たなロケ現場に送り込まれるが、そこが麻薬組織の支配する土地とは知らずに巻き起こる騒動を描く、製作、監督、原案、脚本、主演ベン・スティラージャック・ブラックロバート・ダウニーJr.ダニー・マクブライドトム・クルーズマシュー・マコノヒー他共演のドタバタ・コメディ・アクション大作。


コメディ

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest
ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ベン・スティラー
製作総指揮:ジャスティン・セロー
製作
ベン・スティラー

スチュアート・コーンフェルド
エリック・マクレオド
原案
ベン・スティラー

ジャスティン・セロー
脚本
ベン・スティラー

ジャスティン・セロー
イータン・コーエン
撮影:ジョン・トール
編集:グレッグ・ヘイデン
音楽:セオドア・シャピロ

出演
ベン・スティラー:タグ・スピードマン
ジャック・ブラック:ジェフ・ポートノイ
ロバート・ダウニーJr.:カーク・ラザラス
ブランドン・T・ジャクソン:アルパ・チーノ
ジェイ・バルチェル:ケヴィン・サンダスキー
ダニー・マクブライド:コディ
スティーヴ・クーガン:デミアン・コックバーン
トム・クルーズ:レス・グロスマン
マシュー・マコノヒー:リック・ペック
ニック・ノルティ:ジョン“フォー・リーフ”テイバック
ビル・ヘイダー:ロブ・スロロム
ブランドン・スー・フー:トラン
レジー・リー:ビョング
タイラ・バンクス:本人
ジェイソン・ベイトマン:本人
ランス・バス:本人
ジェニファー・ラブ・ヒューイット:本人
マーティン・ローレンス:本人
トビー・マグワイア:本人
アリシア・シルヴァーストーン:本人
クリスティン・テイラー:本人
ジョン・ヴォイト:本人

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2008年製作 107分(DC:120分)
公開
北米:2008年8月13日
日本:2008年11月22日
製作費 $92,000,000
北米興行収入 $110,416,700
世界 $188,072,650


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ロバート・ダウニーJr.)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ベトナム戦争の英雄、“フォーリーフ”テイバック(ニック・ノルティ)の体験記の映画化”トロピック・サンダー”の撮影が進む中、400万ドルかけたシーンでカメラが回らない大失態が起きてしまう。

プロデューサーのレス・グロスマン(トム・クルーズ)は憤慨し、撮影は1ヶ月延期されてしまう。

イギリス人監督デミアン・コックバーン(スティーヴ・クーガン)は、”豪華スター”を使いこなせずに苦悩していた。

太っているだけの、不人気俳優ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)、オスカー俳優で、役作りのために最近、皮膚を黒くする手術を受けた演技派のカーク・ラザラス(ロバート・ダウニーJr.)、そして落ち目のスター、タグ・スピードマン(ベン・スティラー)らが主演だった。

そんなスピードマンをエージェントのリック・ペック(マシュー・マコノヒー)は大いに励ます。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ベトナム戦争の英雄テイバックの体験記の映画化”トロピック・サンダー”の撮影が始まる。
太っているだけのポートノイ、オスカー俳優で、役作りのために、皮膚を黒くする手術を受けたラザラス、そして、最近は落ち目のスピードマンら、少々外れたスターが揃った戦争超大作の製作は難航する。
そんな時、原作者でアドバイザーでもあるテイバックの発案で、俳優達と撮影班は、本物のジャングルのロケに向かわされる。
しかし、そこは麻薬組織支配下の危険地帯だった。
そうとも知らず、仕組まれた撮影だと思ったスピードマンらは、組織に捕らえられてしまう・・・。
__________

ベン・スティラー製作、監督、脚本、主演の意欲作でもあり、最近やや大人しい感じがしていた彼の、”度が過ぎる”過激な演技が楽しめる、ファンにとっては見逃せない作品となっている。

興行収入は北米で約1億1000万ドル、全世界では約1億8800万ドルと健闘はしたものの、公開直後の勢いを維持することが出来ず期待ほど伸びなかった。
万人受けする内容でないために仕方ないかもしれない。

第81回アカデミー賞では、ドラマの中で、オスカーを5度も受賞したことになっている、ロバート・ダウニーJr.が、この手の作品には珍しく助演男優賞にノミネートされた。

下品なジョークと残虐シーンは賛否両論だが、派手なアクションや、主演陣の特異なキャラクターなど見所満載で、コメディだとは言え、全てにおいて手抜きのないところはさすがだ。

本人役などで、カメオ出演する豪華スター競演も見もので、異彩を放つメイクのトム・クルーズの怪演は際立っている。

超下品で不潔な太っちょスターのジャック・ブラック、主演を食うほどの熱演を見せる、役にのめり込む演技派スター役ロバート・ダウニーJr.、自分の主張を通すラッパーのブランドン・T・ジャクソン、俳優としては三流だが、知識豊富なジェイ・バルチェル、豪腕プロデューサーのトム・クルーズ、主人公のエージェント、マシュー・マコノヒー、映画の原作者兼アドバイザーなのだが、実はそれが全くの嘘だったと分かるニック・ノルティ、撮影班の爆破係ダニー・マクブライド、監督スティーヴ・クーガン、プロデューサー補佐ビル・ヘイダーなどが共演している。

本人役他でタイラ・バンクスジェイソン・ベイトマンランス・バスジェニファー・ラブ・ヒューイットマーティン・ローレンストビー・マグワイアアリシア・シルヴァーストーンクリスティン・テイラージョン・ヴォイトなどが登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020