4234 Movies

仔鹿物語 The Yearling (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1938年に発表され、翌年ピューリッツァー賞を受賞した、マージョリー・キーナン・ローリングス同名児童文学を基に製作された作品。
フロリダに住む開拓民一家の過酷な生活環境、その息子の辛い体験を通した大人への成長を描く、監督クラレンス・ブラウングレゴリー・ペックジェーン・ワイマン、息子役クロード・ジャーマンJr.がアカデミー子役賞を受賞した名作ドラマ。


ドラマ(家族愛)

グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クラレンス・ブラウン
製作:シドニー・フランクリン
原作:マージョリー・キーナン・ローリングス
脚本:ポール・オズボーン
撮影
アーサー・E・アーリング
チャールズ・ロシャー
レナード・スミス
編集:ハロルド・F・クレス
美術・装置
セドリック・ギボンズ
ポール・グロッセ
エドウィン・B・ウィリス
音楽:ハーバート・ストサート

出演
グレゴリー・ペック:エズラ”ペニー”バクスター
ジェーン・ワイマン:オリー・バクスター
クロード・ジャーマンJr.:ジョディ・バクスター
チル・ウィルス:バック・フォレスター
フォレスト・タッカー:レム・フォレスター
クレム・ビヴァンス:フォレスター
ヘンリー・トラヴァース:ボイルス
ドン・ギフト:ファダウィン・フォレスター

アメリカ 映画
配給 MGM
1946 年製作 128分
公開
北米:1946年12月18日
日本:1949年6月28日
製作費 $4,000,000


アカデミー賞 ■
第19回アカデミー賞
・受賞
美術(カラー)・撮影賞(カラー)
子役賞(クロード・ジャーマンJr.)
・ノミネート
作品・監督
主演男優(グレゴリー・ペック)
主演女優(ジェーン・ワイマン)
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1878年4月、フロリダ
数年前に、この湿地帯に移り住んだバクスター一家は、厳しい自然と戦いながら、農業で自給自足の生活をしていた。

働き者のエズラ”ペニー”バクスター(グレゴリー・ペック)は一日中仕事に精を出し、妻オリー(ジェーン・ワイマン)も、ペニーの頑張りを助けてはいるが、何人もの子供を亡くしていた。

そのため、遊び盛りの11歳の一人息子ジョディ(クロード・ジャーマンJr.)に優しい言葉をかけてやれない、辛さを秘めた母親だった。
ある日、ペニーとジョディは、家畜を殺した熊の退治に出かけ、肝心な時に役にたたない銃のおかげで熊を逃がしてしまう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フロリダ
湿地帯に暮らすバクスター一家は、貧しくも力を合わせ暮らしていた。
ある日、家畜を殺した熊を退治するため、ペニー・バクスターは、隣人であるフォレスター家に、飼い犬と猟銃を交換してもらう。
その犬が役立たずだと知ったフォレスター兄弟にブタを盗まれてしまい、ペニーは銃を持って彼らのに向かうが、途中、毒蛇に噛まれてしまう。
ペニーは咄嗟に目の前にいた鹿を撃ち、内臓で解毒して命は助かる。
ペニーの息子ジョディは、父を救った鹿の子供である仔鹿を飼うことを許される。
だが、鹿は一家の生活を支える作物を食い尽くしてしまう。
生きるために、仔鹿を殺すことをペニーに命ぜられたジョディは、已む無く自ら止めを刺す。
しかし、ペニーや自分に優しい言葉をかけてくれない、辛さを秘めた母オリーを理解できない失意のジョディは、家出してしまう・・・。
__________

家族の絆や、大人になるために避けては通れない辛い現実、貧しくも逞しく必死に生きる開拓民の生活を描く、クラレンス・ブラウンの、流れるような繊細な演出は見事だ。

第19回アカデミー賞では、作品賞をはじめ8部門でノミネートされ、美術(カラー)、撮影賞(カラー)、子役賞(クロード・ジャーマンJr.)を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(グレゴリー・ペック)
主演女優(ジェーン・ワイマン)
編集賞

フロリダの美しい大自然を映し出した、アーサー・E・アーリングチャールズ・ロシャーレナード・スミスらの撮影も素晴らしい。

ハーバート・ストサートの、心洗われるような美しい音楽も印象に残る。

また、ペットになる仔鹿が、ジョディに懐いてる様子なども実に微笑ましい。

オズの魔法使」(1939)などと同様、家族や故郷の大切さを教えてくれる作品でもある。

撮影当時まだ20代の若々しいグレゴリー・ペックは、息子に対して、説得力ある言葉で人生の厳しさを教える、理想の父親を見事に演じている。

ジェーン・ワイマンは、子供を亡くした辛さから、人に優しく接することができない妻を、グレゴリー・ペック以上の熱演で支える。

なんといっても、アカデミー賞の特別賞(子役賞)を受賞した、クロード・ジャーマンJr.の、輝くような可愛らしさは強烈に印象に残る。

個人的には、当時11歳のあんなに小さかった彼が、わずか4年後に「リオ・グランデの砦」(1950)では、なんと、ジョン・ウェインとあまり変わらない身長になっていたのに驚いたものだ。
説:
リオ・グランデの砦」で、息子役である彼の伸びた身長をウェインも驚き、テントの中で比べる場面もある。
この時のクロード・ジャーマンJr.フォード一家の面々に可愛がられて好演している。

同作には、本作のチル・ウィルスも出演している。

隣人フォレスター家の息子チル・ウィルスフォレスト・タッカー、主人のクレム・ビヴァンス、末息子ドン・ギフト、雑貨店店主役ヘンリー・トラヴァースも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020